ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


菊タロー


ヨミ: キクタロー
掲示板をミル!
9カキコ!

菊タローとは、元大阪プロレス、現フリーアキバプロレス催)のプロレスラーである。中の人は菊澤信。


概要


1976年11月17日生まれ。栗栖正伸が催していたトレーニングジムプロレスの基礎を学んだ後、WINGプロモーション練習生として入団するが(実は当時発売されていた、WINGプロモーションビデオ開オーデションを受けている様子が収録されていて、この団体を「将来性があるから」という理由で選んだと、今見ると「おいおい」と突っ込みたくなる発言をしている)、デビュー前に退団。その後、ユニバーサルプロレスに入団し、ユニバーサルから団体名を変更したFULLデビュー。当初はFULL所属としてであったが、FULLが活動を停止した後はフリーランスとして、DDTなどインディーを渡り歩き、東京愚連隊の旗揚げなどにも参加。この頃、素顔だけでなく、さまざまなの覆面レスラーに扮してインディー団体に上がっていたりする。

その後1999年から大阪プロレスで『えべっさん(初代)』として活躍。盟友のくいしんぼう仮面らと独自のお笑いプロレスというスタイル確立するが、2005年4月大阪プロレスを退団しフリーに。『えべっさん』を大阪プロレスが商標登録していたため一時的にえべ太郎を名乗ったが、こちらも大阪プロレスからクレームがついたため、暫定的に太郎を名乗った後、菊タローに名。確かな技術に基づく(所謂コピーレスラーの引き出しも多い)明るいコミックプロレス女子選手相手のセクハラファイトは評価が高く、全日本プロレスを始めとするさまざまな団体のリングで披露している。

また、オタク趣味なところや新人時代のバイト経験などから秋葉原への思いは強く、2008年から「秋葉原を元気に」「プロレスアキバ系文化の融合」を謳った『アキバプロレス』を宰している。また古巣の大阪プロレス現在運営方針が変わり、先代のえべっさんが退団したため、大阪プロレスのみ再び『えべっさん』のリングネームで試合を行っている。

また声優としてアニメ天体戦士サンレッド』にて気戦隊ウェザースリーの、ウェザーイエロー役などのを当てている。

ちなみに、彼が演じるジャンボ鶴田選手の模倣は本人とほとんど変わらないレベルらしい。


関連動画



■sm7311852[ニコ動]

初代えべっさんとしての久しぶりの試合、かなり笑えます。

■sm6290624[ニコ動]
アメリカの団体なんかにも参戦してたりする。

■sm1489653[ニコ動]
本人撮影編集の菊タローTV


関連項目



最終更新日: 18/06/14 18:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ