ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


菊次郎の夏


ヨミ: キクジロウノナツ
掲示板をミル!
21カキコ!

菊次郎の夏とは、北野武映画作品である。


概要


中年男と小学生の一を描くロードムービー
菊次郎とは、北野の名前である。

北野にとって8作監督作品で、初のカンヌ国際映画祭コペティション部門正式出品作品。 

あの夏、いちばん静かな。」と同様、それまでの表立ったしく冷たい暴力性が鳴りを潜めている。
北野映画の中では最も、というよりは一、温かみのあるヒューマンドラマとなっており、北野フィルモグラフィの中でも異色の作品とも言える。
この一転した作を「露な賞取り狙い」と批判する向きもあり、実際にカンヌでは15分以上のスタンディングオベーションで絶賛された。が、結果的には冠に終わっている(後に北野は、『座頭』で監督賞を受賞する)。

今作においても久石譲音楽を担当しているが、中でも『Summer』は、北野映画音楽のみならず、久石の作品群においても最も知名度のある1曲といってよいほど有名である。

キャッチコピーは、「たくさん遊んで、すこーし泣いて」。


物語 


小学3年生の少年・正男は、学校友達が出来ないまま、一人ぼっちだった。
には祖がいるが、母親は遠くにいるときかされるだけで、写真でしか見たことがなかった。

夏休み、正男は貯を抱えてを飛び出す。に会いに行くためだった。
それを見た近所のおばさんは心配して、毎日ブラブラしている自分の夫を子守りに同行させる。

こうして、無職の中年男と、一人ぼっち少年の、奇妙なが始まった。 


関連動画



■sm742472[ニコ動]

■sm2703344[ニコ動]


関連商品


■azB000UMP1HA
■azB00004TZ4E


関連項目



最終更新日: 11/11/16 00:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ