ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


菊花賞


ヨミ: キクカショウ
掲示板をミル!
38カキコ!

菊花賞(きっかしょう)とは、日本中央競馬会催で開催されるGI競走である。


概要


以下、齢は2000年以前も含め新表記で記述します。

京都競馬場の芝3000m外回りで行われるGⅠ競走。3歳のみが出走できるも、せんは出走できない。
現在までに京都以外で施行されたのは第40回のみである。(修工事のため)

3歳が出走できるレースのうち、菊花賞よりい時期に3000m以上の距離を走るレースJRAには存在しない。
つまり、すべての出走にとって3000mという距離は未知の領域である。
以前までは菊花賞と同じ京都3000mの嵐山ステークスがあったが1999年止された。 

コーススタート直後に”の坂”と呼ばれる坂が存在し、レース中にその坂を2回も通過しなければならない。

この過酷さに耐え抜く身体の強さと、最後まで根性や闘争心を持ち続ける精面の強さが必要になる。
そのため菊花賞は『最も強いが勝つ』と言われている。

近年は2000m前後の中距離と呼ばれるレースで勝てる世界で評価されるようになるにつれて、
菊花賞ではなく天皇賞(秋)ジャパンカップ、賞や斤量面での魅から凱旋門賞に挑戦する3歳も多くなっている。

3000mという長距離故にには過酷で出走するケースは稀。
…→1967年1968年1977年1995年2009年、と1970年頃から少なくなる。
推測ではあるが、1970年75年にはビクトリアカップ京都・芝2400m・3歳)が施行され、1976年からはエリザベス女王杯(同上)が代わって新設された。これによって3歳路線にも3冠ができたため、菊花賞へ出走する必要がくなったと見られる。

菊花賞は二冠(要するに三冠挑戦)以外のダービーとの相性が悪く、東京優駿と菊花賞を制した二冠はたった2頭である。しかもそのうちの1頭のクリフジ優駿牝馬を制しているため変則三冠馬と呼ばれている。それを除けばタケホープ1973年)ただ1頭となる。それ以前も以降も、数多の強ダービーが菊花賞で敗れ去るか、出走を断念するかしているのである。
皐月賞と菊花賞を制した二冠が8頭いる事を考えると「天皇賞(秋)の1番人気は勝てない」をはるかに上回る不気味ジンクスである。なにしろ距離的には皐月賞2000m)より東京優駿2400m)の方が菊花賞に近いのに、である。
(ちなみにの二冠は15頭、三冠馬は7頭)

セントライト記念神戸新聞杯が菊花賞のトライアルレースとして設定されているが、競争成績には如実な差があり、1986年から2017年の成績で見ると神戸新聞杯組からは15頭京都新聞杯(2000年に移設)組からは8頭が菊花賞を制しているのに対し、セントライト記念組からの菊花賞3頭しか出ていない。2015年セントライト記念1着のキタサンブラックが菊花賞となったが、セントライト記念組の菊花賞制覇自体2001年マンハッタンカフェ以来14年ぶりであり、セントライト記念優勝の菊花賞制覇は1984年シンボリルドルフ以来31年ぶりのことであった。


主な前走・前哨戦


競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔 優先出走権
セントライト記念 GII 中山競馬場 2200m 5週 3着内
神戸新聞 GII 阪神競馬場 2400m 4週 3着内

歴代優勝馬



次へ»
最終更新日: 19/04/27 20:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ