ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


落合博満


ヨミ: オチアイヒロミツ
掲示板をミル!
378カキコ!

落合博満(おちあいひろみつ)とは、ロッテオリオンズ中日ドラゴンズ読売ジャイアンツ日本ハムファイターズで活躍した元プロ野球選手であり、2004年から2011年まで中日ドラゴンズを率いた元監督、元ゼネラルマネージャーGM)。

日本プロ野球史上三度三冠王を達成した大打者であり、また監督としても中日ドラゴンズ黄金時代を築いた名将である。

2011年野球殿入り。


現役時代


OB
落合博満
基本情報
日本
出身地 秋田県若美町
生年 1953年12月9日
身長
体重
178cm
80kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 一塁手三塁手二塁手
プロ入り 1978年ドラフト3位
引退 1998年
殿堂入り 2011年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

ロッテオリオンズ時代


高校時代はほとんど練習に参加せず、映画ばかり見ながら、試合のときだけ野球部に加わっていた。東洋大学でも体育会系の慣習に染めずすぐに退部、大学中退。その後プロウラーしたが、プロテストに向かう途中でスピード違反で捕まり受験料を罰として取られ、プロテストを受けられなくなり挫折。社会人東芝府中に加わり、ここで頭を現す。

1978年ドラフト会議で、ロッテオリオンズから3位名されて入団。本人く、「江川問題」で巨人ドラフト会議をボイコットしていなければ名されていたらしい。

プロ入り時、既に25歳だった。背番号は6で、巨人時代の1994年日本ハム時代は背番号6を他の選手(それぞれ篠塚和典田中幸雄)が使用していたため、それぞれ60、3を付けていた時期がある以外は現役のほぼ全期間を通して背番号6を付け続けた。

入団当時の監督であった山内一弘の熱血導を煙たがったりもしたが、後年自分の打撃が出来上がった時に思い返してみると、山内導が生きていたという。このこともあり、山内落合が敬する数少ない野球導者のうちの一人でもある。

ルーキー時代に自分を酷評した金田正一を嫌っているというとも言われているが、本人はそれを否定している。ただ、「若い選手にそんな言い方をしたら潰れてしまう。」という趣旨の苦言は呈している。

落合の代名詞でもある「神主打法」は、当時ロッテに在籍していた土肥健二捕手の打撃フォームを参考にしたものであった。

2年1980年の後期シーズン(当時は前期後期制)より、ようやくレギュラーの座を掴む。落合本人は、稲葉光雄投手(前年まで3年連続2ケタ勝利)を打ち崩した7月26日阪急戦(札幌円山球場)を「この試合が私の分岐点であり、現役生活の開幕試合」 と述べている。

1981年は、7番セカンドで開幕を迎えた(3番本、4番リー、5番レオン、6番有のど迫打線)。この年は下位打線を打つことが多かったが、打率.326本塁打33本、90打点という素晴らしい成績を残して初の首位打者いた。セカンドで初のベストナインにも選出された。

監督山本一義に交代した1982年は、4番セカンドで開幕を迎えた。シーズン中は3番を打つことが多かったが、打率.325本塁打32本、99打点の成績を残して史上最年少で初の三冠王き、2年連続のベストナインセカンド)と共に最優秀選手にも選出された。契約では「ミスターロッテ」と呼ばれた有藤通世を上回る額で判を押し、文字通りのチームの顔となった。

1983年は、解雇されたレオンに代わりファーストにコンバートされた。低迷するチーム成績と呼応するように落合の成績も伸びず、打率こそ前年を上回る.332を残し3年連続の首位打者いたものの、本塁打打点は振るわなかった。ベストナインにも3年連続で選出(ファーストでは初)。

1984年シーズンより、恩師となる稲尾和久監督に就任する。有の外野コンバートにより落合ポジションサードとなった。4番打者としてチームを引っったが打率チームメイトの高沢秀昭を下回る5位(.314)に終わり、連続タイトルがついに途切れてしまった。ただ、ベストナインには4年連続で選出された(サードでは初)。

捲土重来を期する落合1985年、とてつもない成績を残す。打率.367本塁打52本、146打点2度となる三冠王いた。打率2008年内川聖一横浜)に破られるまでの右打者歴代最高打率記録であり、本塁打1963年野村克也南海)の残した数字と並ぶ当時のパ・リーグタイ記録である。50本塁打は、1977年王貞治以来の大台到達であった。5年連続のベストナインサード)と共に2度最優秀選手にも選出された。

1986年も打ちまくり、打率.360本塁打50本、116打点という数字を残して2年連続3度三冠王いた。ベストナインサード)にも6年連続で選出。

しかし、シーズン終了後敬する稲尾監督が解任されてしまう。福岡市内で行われた「落合選手を励ます会」で、稲尾から「去年のオフ巨人から落合トレードの話があったが、条件が折り合わずに蹴った」という爆弾発言が飛び出し、落合も翌日開催の日米野球の試合前に「自分を一番高く買ってくれる球団と契約したい」と発言。球団から事情聴取を受ける事態となるが、大台(1億円)を巡る年俸闘争や次期監督の有との不仲などの要因が積み重なり、球団は落合放出に踏み切ることになった。当初は巨人との間で交渉を進めていたが、交換要員が折り合わず牛島和彦放出んだ中日ドラゴンズとの交渉がまとまった。落合上川二・平沼桑田茂という、4対1のトレードとなった。


中日ドラゴンズ時代


移籍1年1987年は、打率こそリーグ3位の.331を残したものの、ナゴヤ球場の広さに苦しみ本塁打は前年からほぼ半減の28本に低迷、ノンタイトルに終わった。6年連続で受賞していたベストナインもついに落選してしまう。

1988年も2年連続のノンタイトル本塁打打点リーグ2位)に終わり、打率は.293に低迷した(リーグ9位)。しかし、チームセ・リーグ優勝を果たし、落合シーズン途中でファーストに回っていたため2年ぶりのベストナインファースト)に選出された。

1989年打率.321本塁打40本、116打点の好成績を残し、3年ぶりの打点いた。両リーグ打点王は史上初であった。2年連続のベストナインサード)にも選出された。

1990年は数字そのものは前年を下回ったが、本塁打王打点二冠王いた。両リーグ本塁打王も史上初であった。3年連続のベストナインファースト)にも選出された。シーズンオフには年俸を不として、日本人選手として初めて調停を申請した。

1991年は2年連続の本塁打王いた。移籍後初の首位打者も射程圏内であったが、最後の最後で古田敦也に敗れて2位に終わった。4年連続のベストナインファースト)にも選出された。

1992年一気に衰えが表出し、全くタイトル争いに絡むことなく終わった。

1993年はさらに衰えが顕著となる。5月7日の対横浜戦で史上初の両リーグ200本塁打を達成。同年オフ、導入されたばかりのフリーエージェント制度を行使してFAを宣言し、巨人に移籍した。


読売ジャイアンツ・日本ハムファイターズ時代


巨人に移籍した時は既に40歳をえていながらも、長嶋茂雄政権初期の巨人軸打者として活躍し、1995年2000本安打を達成(前述の通り名球会入りは拒否)。1996年西武からFAで移籍してきた清原和博の入団に伴い出番をめて自由契約ヤクルトスワローズ日本ハムファイターズからオファーが来たが、額を提示してきた日本ハムに入団する。1997年は前年に死球を受けた左手の怪もあり、打率.262、3本塁打、43打点に終わり、翌1998年は開幕こそ4番で起用されるも、この年の日本ハムは「ビッグバン打線」の元年ともいえる年であり、シーズンが進むにつれスタメンから漏れ代打起用が増えていった。戦意を失った落合は、10月7日ロッテ戦で5回に代打出場したのを最後に、自由契約という形で現役を引退した。

生涯通算打率.311日本人右打者の歴代最高打率。鈍足の右打者でありながら圧倒的な打撃成績を残し続けたことで、「プロ野球史上最高の右打者」に挙げられることも多い。

ポジション一塁手三塁手。二塁を守っていたこともある。歴代全プロ野球選手ベストナインを選出する際には、一塁は王貞治、三塁は長嶋茂雄がいるため、本職ではない二塁手として選出される場合が多い。


中日監督時代


引退後は解説者を務めたのち、2003年オフ中日監督に就任。それまでコーチの経験がかったため本人は断ろうとしたが、妻に押しきられて就任を受諾した。

就任直後「補強を凍結し、現有戦を10底上げして日本一になる」という約を掲げる(この年行った補強は、現役引退のはずがゴタゴタで巨人を退団した川相昌弘と、横浜を退団したドミンゴ・グスマン広島を戦外になった筒井正也の獲得のみ)。また「一芸に秀でた選手を使う」という方針も掲げた。それまで3年間一軍登板かった川崎憲次郎を開幕投手に抜するなど、全ての選手を横一線で競争させることでチームを刺セ・リーグを制覇し、同じく1年伊東勤率いる西武ライオンズとの日本シリーズに挑むが3勝4敗で敗れた。

2005年横浜からタイロン・ウッズを獲得して連覇を狙うが、ウッズが乱闘で出場停止中に始まった交流戦で失速。後半に阪神を猛追するも逃げ切られ2位に終わる。

2006年落合自身「この年が最強」と言い切るチームを作り上げ、阪神の猛追を振り切ってリーグ制覇を果たすも、日本シリーズ日本ハムの勢いの前に屈した。

2007年シーズン2位に終わるも、クライマックスシリーズを全勝で勝ち上がり日本シリーズへ。前年敗れた日本ハムリベンジを果たし、53年ぶりの日本一へ導く。第5戦での山井大介の降については物議を醸した(後述)。中日の選手・監督として初の正太郎賞を受賞。

2008年は波に乗りきれず3位。2009年巨人に大きく引き離され、3位とも離れた2位独走に終わる。


次へ»
最終更新日: 19/07/07 18:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ