ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


落語家


ヨミ: ラクゴカ
掲示板をミル!
4カキコ!

落語家とは、落語を演じる職業の人である。


概要


厳密にはオチのある噺(落とし噺 いわゆる落語というのはこれ)だけをする人を落語家と呼び、怪談話などの人情噺もする人は噺と区別される。しかし現在は全てひっくるめて落語家と呼ぶ事が多い。

話術が巧みな人が多い(というかそうじゃないと務まらない)ので、現在では会やパーソナリティなどをする落語家も多い。ためしてガッテンの会をしている立川志の輔もその1人。

入門すると見習いから始まり、前座、二つ真打とステップアップ真打になると自分の子を取れる。


落語家の身分



見習い


師匠子入りを志願し、入門許可されると見習い子となる。一番下っ端で、師匠宅に住み込むか自宅から通い、師匠家族のために事・雑用などをする。

見習いと前座は落語家社会では一人前ではない。


前座


見習い子から一つステップアップしたもの。師匠から前座名をもらい、寄席での修行許可される。「開口一番」という最初の一席を演じられる場合もあるが、基本は雑用をする。まだ一人前ではないので出演料(割)は貰えない。その代わりか定額の小遣いが貰える。


二つ目


真打の一歩手前。ここからようやく一人前となる。労・時間を全て自分のためにだけ使うことが許され、雑用から解放される。(これについては師匠毎にケースバイケース

二つになると以下のことができるようになる。

寄席で落語を演じて割を貰えるようになり、雑用から解放されるが、小遣いはもらえなくなるし、自分で仕事を取ってこないといけなくなるので、営業が下手だとそれこそ「スケジュール帳が真っ白」なんてことになりかねない。


真打


ここまで上がってくると寄席でトリを演じられるようになり、敬称で「師匠」と呼ばれるようになる。更に自分の子を取れる。

真打に昇進すると特別行が開かれ、新真打本人が芝居の演を務め、真打披露口上を行う。披露口上がないと昇進したとは認められない。

なお真打になったからと言って必ずしも持ちになれるというわけではない。の例もあるし。


香盤


上記の身分とは別に「香盤」という序列の制度も存在する。例として前座同士の落語家の場合、先に入門した方が序列が上ということになる。ほか、落語協会や落語芸術協会の役員などは通常の真打よりもさらに上の序列になる。真打や二つに昇進する時にはこの香盤の序列も考慮した上で決定され、香盤が下の者が上の者を追い抜いて昇進するには相当の実と評価がなければ実現しない。

香盤にまつわる有名なエピソードとして、8代林家正蔵子の九蔵(のちの三遊亭好楽)を結婚祝いとして二つに昇進させようとしたところ、香盤の関係で他に10人ほどまとめて昇進させなければならなかった…、というものがある。


上方落語の身分


関西地方上方落語の場合、身分制度が江戸落語とは異なり、真打昇進制度がない。戦前は存在していたが、戦中から戦後漫才が好まれたこともあって消滅。1977年2月に一旦復活するも現在は制度としては事実上再び消滅している。
この理由について、6代笑福亭松鶴は「その噺真打かどうかはお客様が決めることだから」とっている。

このこともあってか、上方落語の場合はくから寄席やテレビなどに出て知名度を上げ、中には入門から7年ぐらいで子を取るようになるのもいるとか。


アマチュアの落語家


野球にもプロ野球アマチュア野球があるように、プロの落語家とアマチュアの落語家が居る。大学落語研究会の会員などがその好例で、アマチュア落語家は「天狗連」と呼ばれる。
アマチュアながら貸席を借り切って自行を開く者もおり、中にはアマチュアからプロに転向する者もいる。


落語家一覧


ニコニコ大百科に記事のある落語家を記載。斜字は故人か、名乗っている落語家がいない名跡。五十音
左は上方落語、右は江戸東京落語


かつて落語家だった人


五十音順。ニコニコ大百科に記事のある人物を掲載。カッコ内は師匠の名前


関連動画



■sm31310578[ニコ動]

■sm29255446[ニコ動]


関連静画


■im1274745(静画)
■im2360033(静画)


関連コミュニティ


■co1591611
■co1485444


関連項目



最終更新日: 20/04/11 09:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ