ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


蒼き狼と白き牝鹿


ヨミ: アオキオオカミトシロキメジカ
掲示板をミル!
61カキコ!

蒼き狼と白き牝鹿(あおきおおかみとしろきめじか)とは、コーエーシミュレーションゲームシリーズである。またその第1作のタイトル


概要


1985年の第1作「蒼き狼と白き牝鹿」から「チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿IV」まで4作品発売されている。タイトルの蒼き狼と白き牝鹿は、ゲーム主人公とも言うべきチンギス・カンとその妻ボルテのこと。

三國志』『信長の野望』と同様の盗り戦略シミュレーションゲーム。大きな特徴は、チンギス・カンモンゴル帝国テーマにしており舞台がユーラシア大陸全土にること、13世紀から14世紀という時代設定、オルドシステムなどである。そのチンギス・カンの活躍した時代の英雄を登場させるために、プレイ開始年代に実際には死んでいる人物が結構登場する。

舞台の規模が大きいことから登場武将も非常に多いが、勢によって初期所属武将に大きく差が出ている所が多い。これを補うためにか、人材発掘コマンド歴史上に登場しない架の武将を探してくることができ、どんな勢でもある程度人材を確保できるようになっている。ゲームが進むに従って病死・処刑で退場していく武将は多くなるため、その結果ゲームの後半になると実在武将がほとんど残っていないことも。

三國志』『信長の野望』とならぶ歴史三部作の一つという位置づけであったが、他の2シリーズべると作品数は少なく、最近タイトルが発売されていない。


登場人物・勢力



主な勢力


このゲームには複数のシナリオが用意されており、シナリオの年代により登場する勢も変わってくる。3作「元秘史」まではモンゴル統一編と世界編に分かれており、モンゴル高原でしか登場しない勢もある。また、一部のバージョンでは源平合戦編もある。3作までは選択できるは限られていたが、4作では全勢が選択可になった。

モンゴル族(モンゴル帝国)

主人公テムジンチンギス・ハーン)の勢。開幕の資産こそ多くないものの、当が非常に高く、人材も優れており、また優秀な兵種・騎兵を最初から徴兵可と非常に優遇されている。モンゴル統一編のあるシリーズでは、一定期間内に高原統一を達成すると、資産と将軍をある程度引き継いで世界編に移行できる。初心者が始めるのに最適で、4の説明書には「どうせならチンギス一代クリアしてみたら?」などとも書かれているほど(実行しても特に特典はない)の、全シリーズを通して最強クラスの勢である。

な登場人物に、チンギス・ハーンテムジン)、ジュチ、オゴタイ、ムカリ、ボルテ、イェスイ、イェスゲン、耶律楚材など。イベント絡みの人材も多い。

ジャダラン族

テムジンと袂を分かち、後に敗れて滅ぼされたジャムカの率いる勢モンゴルには若干劣るが、こちらも騎兵を徴兵できる。3作より操作可になり、テムジンを倒して期間内に統一を果たせば、世界編にジャダラン帝国を登場させられる。4作では世界マップ普通に存在し、一応テムジンを倒さなくても世界進出ができる。

な登場人物に、ジャムカ、ジェベ、ラッチなど。ジェベは放っておくと出奔する場合があるので、忠は上げておいてやろう。

元朝

分割されたモンゴル帝国で、フビライ華北した王。後期シナリオ主人公である。歴史通りに華北広大な勢を持ち、人材・資産・文化ともにトップクラスで、騎兵に加えて火砲兵も徴兵できる。華南に残った南を滅ぼすのが当初の課題であるが、普通にやれば簡単に勝てるので問題ない。4作では、日本に侵攻すると台風に見舞われるイベントもあったりする(元以外でも発生するが)。一方、PC版4PKの追加シナリオでは明朝に追われ滅亡寸前の状態になった元でもプレイできる。

な登場人物に、フビライバヤン守敬など。

南宋

華北を追われ、華南に本拠を構えた宋王朝の後継勢。意外にも使用可となったのは4作が初めて。前期シナリオではと、後期シナリオでは元と対峙することになる。人材も文化も優秀だが、元には一歩劣るため、工夫を凝らさないと滅ぼされてしまう。後期シナリオでは皇帝がとことん無能なのも痛い。

な登場人物に、文祥、呂文換、朱熹など。

鎌倉幕府

ご存知いい作った鎌倉幕府。1作から操作可で、一部バージョンでは源平合戦シナリオもある。前期シナリオでは源頼朝または源実朝、後期シナリオでは北条時宗が君となる。文化レベルこそいまいちだが、人材は十分で、また徴兵できる武士も強い。そして何よりマップの端であるため、防衛拠点が少なく済むという点が強みである。

な登場人物に、源頼朝源義経北条時政北条時宗那須与一安達泰盛北条政子など。シナリオによっては、義経一行は平泉に身を寄せて敵対している。ちなみに日本では時間経過次第で、足利幕府の人材も登場する。

イギリス

日本とは反対方向のユーラシアの端っこブリテン。正しくはイングランド。1作から使用可で、前期シナリオではリチャード1世またはジョン、後期シナリオではヘンリー3世またはエドワード1世国王になる。この作品における劉禅今川氏真ポジションジョン欠地王は当然ながら、他の王も政治が低いものが多く、国王政治が重要な3作以前では苦戦を強いられる。

な登場人物に、リチャード1世、ジョンエドワード1世エドワード黒太子ウォルターロビン・フッドなど。

フランス

全盛期カペー朝フランス。3作より使用可になった。前期シナリオフィリップ2世璧なまでのステータスを誇り、豊かなもあってヨーロッパ開始の勢では最もやりやすい。4作ではイギリスを征するとイベントがあったりもするなど、かなり優遇された勢

な登場人物に、フィリップ2世フィリップ4世など。え、ジャンヌ・ダルク?残念ながらこのゲーム姫将軍いないもんで・・・

神聖ローマ帝国

ドイツ諸侯の連合国家。3作から使用可になった。基本的に本ドイツで、4作では最初からドイツケルンと北イタリアのジェノヴァの2都市を所有している(ただし途中にフランス領があって不便)。どのシナリオでも初期状態では皇帝以外はあまり有用な人材がおらず、その点で英には若干劣る。

な登場人物に、フリードリヒ1世、フリードリヒ2世ルドルフ1世など。

ビザンツ帝国

ローマ帝国の末裔としてバルカン半島に栄えた帝国。1作から使用可。文化レベルこそ非常に高いが、すぐ隣にアイユーブマムルークオスマントルコといった敵対強があり、割とくから戦争状態に突入するので忙しく、割と難しめのである。シナリオによっては、すでにベネチアに滅ぼされてラテン帝国になっていることも・・・

な登場人物に、イサキオス2世テオドルス、ミカエル8世など。

アイユーブ朝

エジプトからシリアにかけてを支配したスンニ派イスラムの王。3作から使用可に。イスラム圏の役格の勢で、も高く、また初代君サラディンが非常に高い。周囲もを隔てたビザンツ以外は強くないので、十字軍退治も国家運営もかなり好きにできる。ただしサラディン没後は武将の質が思い切り落ちる。

な登場人物はサラディンアル=アフダルアル=アーディル、イブン=アラビーなど。

マムルーク朝

アイユーブを滅ぼして成立した、奴隷軍人の王。こちらも3作から使用可。実質的にアイユーブの後継ポジションで、それと同等のを保持し、隣イルハンと抗争を繰り広げている。国王バイバルスが高い点もアイユーブと同じで、当が没するとやはり武将の質に困りがち。

な登場人物に、バイバルスカラーウーン、イブン=バットゥータなど。

ゴール朝

インド北部からアフガニスタンにかけてに栄えたイスラム。3作より使用可インド文化圏では兵が徴兵可で、機動こそに劣るが近接戦闘は高い。君格のゴーリーのが高く、南インドインド諸王以外には周囲に敵が少ないなど有利な環境ではあるが、君寿命があまり長くない難点がある。とにかくの好きな人におすすめ。

な登場人物に、ギヤース・ゴーリー兄弟アイバク、キルジーなど。アイバクより始まる、後のデリー=スルタンインド奴隷王)のスルタン格の人物も周囲に在野で潜んでいたりする。


主じゃない勢力


妙な存在感のある小さなたち。4作では全勢使用可なので、たまにはこいつらも使ってやってください。

大越(李朝・陳朝)

現在ベトナム北部に栄えた小さな。3作では現在雲南にあった大理となぜかセットになって大理大越連合というになっていた。4作普通に使用可になったが、残念ながら大理は登場しなかった。

吐蕃

いわゆるチベットの勢。君僧侶軍事ゼロ、人材はへぼい、文化レベルも低い、全面山だらけで移動も開墾も困難と、何をするにも苦労する最弱補のマゾ向け勢。ド田舎すぎて、あまり攻めてくる相手がいないのが救い。前期シナリオなら周囲に敵が少ないので、なんとか南方下山すれば明が見えるが、後期シナリオだと塞がれていてそれも厳しい。

ノルウェー

4作にして初登場という、ある意味しい。北の果てすぎてどこも攻めてこないが、一方でこっちも攻めにくい。将軍もぱっとせず、土地も狭いなど吐蕃に近い窮屈なプレイを強いられる。バイキングという戦に強い兵種を使えるが、そもそもこのゲームはあまり戦やらないという・・・

パガン朝

現在ミャンマービルマ)に栄えた王。4作では後期シナリオでのみ登場する。東南アジアの特徴として兵を使えるものの、部隊を運用するにもが乏しく、また君含む将軍もしょぼく、さらに一番近い他都市が同シナリオ最強の元のものなので、開幕に攻め込むスタートダッシュも難しいなど、結構なハードモードを体験できる。腕に自信のある人にオススメ。


オルド


シリーズといえばオルド、オルドといえばである。

オルドとは当時のモンゴル遊牧民部族の後宮のようなもので、言うなればハーレムである。ゲーム中では各地を攻め取った時に獲得したを並べ、政略コマンドの一環として彼女らとキャッキャウフフすることができる。君死亡した時に血縁者がいないと継げなくなるので、子作りは現実でもゲームでもとても重要な仕事である。シリーズ通して史実・架含めて多数の妃を抱えることが可で、どれだけ集めて回れるかもゲームの楽しみ方の一つである。

流石はかつてはエロゲメーカーでもあったコーエー、事が成ればそれぞれの妃のちょっとエロイラストを拝むことができる。しかしそこに至るまでにはまず妃を口説かねばならず、自分のを誇示したり、贈り物でご機嫌をとったりと、シリーズによってその駆け引きの仕方は多分に異なる。妃ごとに興味のある話題・ない話題などもあり、相手のことをよく把握していないと成功させるのは難しい。特に3作選択肢がやたらと豊富で、コマンドによって体の消費量や親密度の上昇・下降量も変わるので、色々試してみると面い。4作のオルドはクイズゲー。

瀬が成立した妃は確率で懐妊し、約1年後に君子供出産する。これが男子であれば将軍に、女子であれば他の将軍への婚姻相手として利用できる。特に血縁の武将は裏切りにくく(4作では裏切ることもある)、また君が高ければそれをある程度引き継ぐので、優れた将軍の量産にも繋がる。特に王族の持てる兵が大きい4作では、いかに優秀な息子将軍を用意できるかが攻略の鍵となる。なお、オルドで生まれる子供は基本的にすべて架人物で、史実の後継者などは別の形で登場することがある。

シリーズのオルドの名物として、モンゴルで獲得できるラッチという、もういろんな意味ですごい妃がいる。とっても献身的な女性なので、なかなかオルドが成功しないという諸彼女の助けを借りるのも一だろう。


関連動画



■sm15642103[ニコ動]

■sm934511[ニコ動]

■sm416454[ニコ動]


次へ»
最終更新日: 13/09/20 06:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ