ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


蒼の彼方のフォーリズム


ヨミ: アオノカナタノフォーリズム
掲示板をミル!
360カキコ!

曖昧さ回避

この記事ではゲーム作品『蒼の彼方のフォーリズム』について記述しています。

アニメ作品『蒼の彼方のフォーリズム』については蒼の彼方のフォーリズム(TVアニメ)をご覧ください。

蒼の彼方のフォーリズム®
*蒼の彼方のフォーリズムはsprite/fairysの登録商標です。
発売日 2014年11月28日発売(PC
2016年2月25日発売(PS vita
2017年1月26日発売(PS4)
2018年3月29日発売
(NINTENDO SWITCH)
ジャンル 少女たちがで闘い、
を知るADV
対応機種 WindowsXP/Vista/7/8
/PS vita/PS4
/NINTENDO SWITCH
プロデュース カモアキラ
原画 木いつか

丹羽ことりSD原画)
シナリオ 木緒なち
企画&メインシナリオ
渡辺僚一
陸奥
かづや(PS Vita版のみ)
音楽 Elements Garden
ムービー 神月社
システム ブリ
コスパ
ラジオステーション
発売元 sprite
レイティング ソフ倫18歳未満購入禁止(PC)
CERO:C(PS Vita/PS4)
CERO:C(NINTENDO SWITCH)
標準価格
(税別)
9800円PC版
9800円PS Vita/PS4限定版)
6800円(PS Vita通常版)
7800円PS4通常版)
9800円SWITCH特装版)
6800円(SWITCH通常版)

小さかった頃見上げたに、
いちばん近くにいるのが、自分だと思っていた。
これがあれば、どこへも行けると。
よりも先に、彼方へ行けると。
そう、信じていた――――

蒼の彼方のフォーリズム
Beyond the sky, into the firmament.

蒼の彼方のフォーリズム(あおのかなたふぉーりずむ)とは、spriteから
2014年11月28日に発売されたアダルトゲームである。
電撃G'sマガジン2013年8月号で正式発表された。略称は「あおかな」。

2013年10月6日に開催されたDream Partyドリーム&パーティーキャラクターコンテンツ総合展示会)において新ビジュアル開と2014年発売予定とのリリースがなされた(公式サイトでは発売予定と発表)。

発売日について、当初2014年エイプリルフールネタアンチグラビトンシューズ同梱版が9月26日に発売予定と(公式から)リリースがなされた。

アンチグラビトンシューズは同梱されないが)ソフト9月26日*に発売予定とされていたが、11月28日に延期された。
*当初の発売日に関しては、公式ツイッター[外部]及び『緒方恵美妖精
~あおかな広報局~』(2014年4月4日放送分)から。

それだけではかった。なんと、ゲーム発売前にもかかわらず、TVアニメ化(詳細は別の記事で)も決定したまた、2014年の萌えゲーアワードの年間投票にて、発売からわずか2ヶ月なのにもかかわらず、月間1位(2014年11月)・
年間1位及びユーザー支持賞・そして大賞という
3冠達成という快挙を成し遂げた。[外部]
さすがである。

また、2016年2月25日にはPSvitaへの移植版も発売されている(PS vita版もfairysではなく、sprite扱いでの販売)。追加要素としては登場ヒロインの追加イベントなどがあるが、サブキャラクター攻略キャラへの昇格はなかった。また、このPSvita版のシナリオフルHD仕様となったPS4版の発売も決定した(2017年1月26日発売)。フルHD画質に変更された以外PS4版Vita版の内容とCGに準拠しているものの、PS4版にはミニゲームが追加実装されている。また、NINTENDO SWITCHでの発売がコミックマーケット92にて発表されている(2018年3月29日発売予定)。

スマートフォン向けにはゲームアプリ『蒼の彼方のフォーリズム-ETERNAL SKY-』が、延期を重ねた末にGoogle Play及びApp Storeにて2016年10月5日リリースされた(当初Android版は楽天アプリ市場でのリリースを予定していたが、サービス終了によりGoogle Playに変更された)。こちらは原作移植ではなくオリジナルの部分が大半を占めるようである。18禁要素を含むX-editionはDMMからリリースされた。いずれも2018年5月31日サービスを終了した。

また、刊『コンプエース2015年12月号からコミカライズ版が開始された。
漫画唐辛子ひでゆが担当。

2016年3月26日AnimeJapan2016において続編『蒼の彼方のフォーリズム -ZWEI-』の制作が発表された。
その前に、電撃G'sマガジン内でのヒロイン選挙にて1位になった有坂真白2位鳶沢みさきのそれぞれのアフターストーリー製作が決定し、有坂真白とのアフターストーリーを描いた『蒼の彼方のフォーリズムEXTRA1』が2017年6月30日に発売された(企画木緒なちシナリオはかづや)。

この後に鳶沢みさきとのアフターストーリーを描く『EXTRA2』、『-ZWEI-』の発売が予定されていた。『-ZWEI-』では沙希ルートのほかに新ヒロイン、新ルート実装されるとされていた。しかしspriteが2019年3月に解散したため、この2作品の制作中止となった。しかし11月には一転して再結成することを発表し、『EXTRA2』の制作を行う方針が示されている。

2019年9月27日NekoNyanSoftより海外版が発売される。


概要


恋と選挙とチョコレート」以来、sprite名義として4年ぶりの新作で、これで2作

 2013年ACE2013にてspriteの新作が突如告知された。
この時はタイトル名がなく、シナリオ担当者のリストヒロインのひとり、倉科明日香の絵が会場ブースで
設置されたのみであったが、電撃G'sマガジン8月号での独占情報にてタイトル名が正式に発表された。
今回はシナリオ担当に様々な人気作を担当した以下の3名を迎えての大掛かりな作品と言う事が話題
なっている。

また、キャラクターデザインと原画担当は「恋と選挙とチョコレート」や「いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!」を手掛けた春夏冬ゆうは参加せず木いつかと(以上、sprite/fairys)が担当している。
音楽は「恋と選挙とチョコレート」や「いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!」と同様、Elements Garden
担当。テーマ曲の作曲中沢伴行I've)で川田まみが担当(曲名は後述するが、コミックマーケット85にてspriteC85セットに1コーラスver.CDが同梱された)。なお、挿入歌はKOTOKOグランドエンディング主題歌テーマ曲と同様、川田まみである。しかも、サブキャラクターにて緒方恵美の出演も決定。ある意味シナリオ以外は
恋と選挙とチョコレート」で担当したメンバーと盤石の布である。そして、2013年コミックマーケット85にて
制作したショートムービー開された。ただ、2014年4月29日character1で発表予定だった
OP画像はの急病にて開出来なかったものの、2014年6月20日公式サイトからOP映像開された。

テーマ世界観に関してはかなり長くなるので、電撃G'sマガジン8月号に記事を引用して簡単に述べるが、
もがを飛びまわれる現代(パラレルワールド上の)を舞台に、少年マンガ的な気持ち良さを盛り込んだ。
(*脚本を担当した木緒なちインタビューから)との事だが、物語の中では恋と選挙とチョコレート』とほぼ関連している。つまり、恋チョコ』で高学園自治生徒会長選で大島が食品研究部の部を阻止するために奔走している頃、四ではフライングサーカスバトルをしていると言う並行世界が形成されている。因みに、舞台となる四の中にあるのが高学園福留分校、即ち「恋と選挙とチョコレート」に登場する舞台学校が分校として生かされている。

以下の内容は、電撃G's Magazine・電撃Hime、及び公式サイトを元に引用して述べる。


ストーリー及び用語


ストーリー

を飛ぶ事が自転車のように簡単にできるようになった、世界

流行のスポーツである「フライングサーカス」の選手で、将来を有望視された主人公日向晶也は圧倒的な敗北ショックと、ある理由から競技を離れていた。そんなある日、を飛べないと言うひとりのヒロイン倉科明日香クラスに転校してくる。彼女に頼まれての飛び方を教えていくうちに、晶也はかつての情熱を取り戻し、クラスメイト達と共に、そして明日香の手を握り、晶也は再び「フライングサーカス」の舞台へ...。

―「を飛ぶ」事を巡って出ったふたりとその仲間たちが送る青春恋愛ストーリーが今、始まる―

舞台及び用語


次へ»
最終更新日: 19/11/28 23:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ