ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


藤井秀悟


ヨミ: フジイシュウゴ
掲示板をミル!
73カキコ!

藤井秀悟ふじい しゅうご、1977年5月12日-)とは、愛媛県出身の元プロ野球選手投手)である。現在読売ジャイアンツの打撃投手を務める。

概要

OB
藤井秀悟
基本情報
出身地 愛媛県伊予市
生年 1977年5月12日
身長
体重
175cm
86kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 1999年ドラフト2位
引退 2014年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

早稲田大学から1999年ドラフト2位(逆名)でヤクルトスワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)に入団。

2000年中継ぎとして31試合に登板

2001年先発に転向、14勝を挙げ最多勝投手を獲得。ヤクルト優勝日本一に貢献した。

その後2008年川島慶三押本健彦橋本義隆とのトレードで坂元弥太郎三木肇と共に、北海道日本ハムファイターズに移籍。日本ハムでは好投しても援護に恵まれないことが多く、また6回前後で降ろされることが大半だったため防御率のわりに勝ちが伸び悩んだ。

2009年オフFA宣言。実績のある先発左腕、獲得時の補償が必要いCランク、直前の日本シリーズでの好投もあって争奪戦になるかと思われたが、故障持ちと素行問題のためかどこからもオファーがい状態に陥る。日本ハムには残留の意志がないことを伝えており、FA宣言のため海外移籍も不可能オファーがければ所属球団しということになってしまうため去就が注されていたが、読売ジャイアンツが獲得に乗り出し、入団が決定した。

2010年はローテーションの一として7勝3敗、防御率3.76とまずまずの数字を残す。またヤクルト勝利したことで12球団勝利を達成した。しかし2011年中継ぎとして1試合に登板しただけに留まり、オフ村田修一人的補償横浜DeNAベイスターズに移籍することになった(FA入団選手が人的補償で移籍するのは江藤智工藤公康に次いで3人)。

2012年オープン戦での登板く開幕2軍スタート5月14日に一軍昇格し、2試合5月28日オリックス戦で初勝利をあげると6月20日楽天戦からは援護に恵まれる試合も多く毎回5回または6回を0〜2失点でまとめるピッチングで6連勝、またチームの連敗ストップした試合が5つある。文句なしでローテーション入りしたが、8月15日での勝利を最後に突如調子を落とし5連敗。最終的には7勝7敗、防御率3.75シーズンを終える。10月1日中日戦では史上133となる通算1000奪三振を達成するが、同時に先発投の日本記録を更新してしまった。

2013年は1軍からスタートし、オープン戦にも登板。11年ぶりの開幕投手となり、本人に勝ちはつかなかったものの、チームは開幕勝利を果たす。また4月27日阪神戦で7年ぶりとなる投、11年ぶりとなる勝利を挙げ、先発投記録を止めた。さらにその後現役14年にして通算3回完封を記録するなど、2013年だけで投3回2012年までの投は13年間でわずか8回)を記録し、驚異のペースで快投を続けたが、8月24日の対巨人戦でわずか0回1アウトで左肘を故障し降ファンの心配が的中した形で、そのまま二軍シーズンを終えた。

2014は怪と成績不振により一軍登板し。オフ戦力外通告され、トライアルに参加したが振るわず、獲得球団はし。現役を引退した。その後巨人の打撃投手テスト受験合格した。

ブログ更新が頻繁な事でも有名で、多いときは1日に2〜3回更新する。休止宣言をした翌日に再開したりもしている。引退の際の更新は、手書き画像を掲載したものであった。

afo伝説

昔からトラブルメーカー的な部分があり、怪をしていた2003年以外ほぼ毎年のように伝説を作っている。
代表的なものとして。 

通算成績

通算:14年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 284 240 11 3 83 81 0 2 .506 1463.1 536 1064 645 613 3.77

関連動画


■sm17949145[ニコ動]

■sm4317279[ニコ動]

■sm12301974[ニコ動]

関連項目

関連リンク


最終更新日: 19/04/07 12:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ