ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


藤原義孝


ヨミ: フジワラノヨシタカ

藤原義孝(ふじわらの よしたか、954~974)とは、平安時代中期の貴族歌人である。


概要


百人一首50番の作者で、中古三十六歌仙の一人。藤原伊尹の子で、藤原行成

容姿端麗、品行方正と非の打ち所がい、美貌の子だったと伝えられている。仏教を厚く信仰しており、手好きな尹とは対照的に、慎み深い性格だったらしい。彼にはに関わる逸話が数多く残されており、その中でもなどの類を一切食べなかった話が有名である。ある時、義孝が宴が出席すると、食事にフナ)のを和えたなますが出された。これを見た義孝は「の身にその子供を和えた料理なんて食べられない」と言って涙を流し、食事に手を付けずに帰ってしまったと言う。

しかし、当時流行した天然痘に感染して、数え21歳の若さで病死した。百人一首歌人の中では、最も短命である(ワースト2位は藤原道信23歳、3位は小式部内25歳前後)。法華経を読むことを日課にしていた義孝は、死の直前まで唱え続けていたと言う。義孝が亡くなった同じ日のには、藤原挙賢も亡くなったばかりであった。天然痘で顔が醜くなってしまったことを苦に自殺したという話もあるが、仏教に帰依していた義孝からこの話は考えられにくく、後世の創作と考えられる。あまりにも死だったため、官位は正五位下・右近衛少将に止まった。

百人一首に採用された「君がため 惜しからざりし 命さえ 長くもがなと 思ひけるかな」は、する人といつまでも長く生きていたいという思いが込められており、願いわず折した彼の念さがえる。なお、漫画うた恋い。」では赤子の行成に般若心経を唱えて子守しているが、法華経では般若心経を読むことはい。


関連動画



■1345773163[ニコ動]


関連静画


■im2171493(静画)


関連商品


■az4840134782
■az4840146535


関連項目



最終更新日: 12/08/29 21:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ