ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


藤沢秀行


ヨミ: フジサワヒデユキ
掲示板をミル!
25カキコ!

藤沢秀行は、日本棋士書道家
ニコニコニュースの題字を書いたことがある。

2009年5月8日逝去。
名誉棋聖 藤沢秀行さんご逝去-ニコニコニュース[外部]


棋士としての藤沢秀行 


本名は保(たもつ)だが、のちに秀行(ひでゆき)と名し、周囲からは「しゅうこう」先生と呼ばれている。
てか、むしろ呼ばせていた。
本因坊からクレームが入ったが、その時だけ「ひでゆきです」と答えていたらしい。


1977年棋聖戦から6連覇を成し遂げ、名誉棋聖称号を得る。
その他、第一回首相杯や旧名人戦など、
1960年代から引退1998年まで、
常にトップ棋士として囲碁界に君臨し続けた。
王座タイトル3連覇をした時、66歳。これはタイトル獲得者の最年長記録である。 

は厚み。厚みの働きを最も知る人物の一人。
「序盤50手までなら日本一」といわれる布石感覚、異常感覚と呼ばれる鋭い着眼点が武器。
それはメディアに「放磊落」「丸太んぼうを振り回す」と表現され、囲碁界を大いに盛り上げた。
だが一流のトップ棋士からは「囲碁に関しては常識的な手を打つ」とも。
中央を重視する棋が評価されにくい世だったからだろうか・・・
ちなみに筆者のご近所の会所で聞いたのだが、オリオン布石は秀行先生が打ち出したらしい。
また、ポカも多いらしく、「一年を4勝で暮らす男」「棋聖戦男」とも。

体調がすぐれない晩年も休まず対局。
 「私が本当に強くなったのは、五十を過ぎてからと思う。
の衰えた現在でも、昭和三十八、九年当時の私には勝つはずである」

盤上の最善をめて、ここにいる
けれど、はまだまだ弱い。小さい。

王座タイトル獲得の際の一言
勝利の極北より~

の話は後述するとして、大変な酒乱であった。
40代の頃からが抜けなくなったのを感じ、禁をするようになるが、
棋戦が終わるやいなや、これまた手に飲む。
当然体が壊れてしまい、食べ物を受け付けなくなる。
その為、晩年は点滴治療でを休め、ゆっくりを抜いていったようだ。
まさに決死の覚悟で対局に臨む。

1998年引退引退を行う。引退を行うのは本因坊秀哉以来の出来事である。
対局は3局行われ、日本高尾九段、
を越えて韓国からは韓国初の9段でありタイトル王・曽鉉、
中国からは七小と呼び名の高い常が氏の為に駆けつけた。

晩年の介護状況については、市場の本に詳しく載っている。
幸運だったのは、ガンの手術を行ったのがこれまた名医で、
本来は全摘出だったを少しだけ残してくれた点。
これにより食事が可となった。
また、もともとの生命が強かったらしく、宣告された余命の倍も生きながらえる事ができた。

ちなみに、書道趣味であり、よく個展を開いた。
返済の足しにしたというのがもっぱらの評判。
病院で書いた最後の書「強な努」や、彼の造「屈屈伸」が有名。
よく扇子などのサインには、同じく造の「悟」の字を書いたという。
子にもよく書道をしろと言っていたようで、高尾先生も展示会に一筆出したりしている。

「屈屈伸(くつくつしん)」ぐっとガマンしておもいっきり伸びろ。という意味。
悟(むご)」 悟の字とを掛け、芸は永遠に悟る事ができない、という意味

 

09年、永眠。
最後の言葉は高尾9段に対してで、「このバカ」であった。

その日、大きなが落ちたかと思えば、直後に見事なが掛かった。
NHKインタビューでは、大竹英雄先生は「最後まで彼らしい」
妻のモトさんも、「彼らしく手だ」と著書で述べている。

 


藤沢門下 


先生の手が、人差しと小の長さが一緒な事に初めて気がつきました。
(人差しがかなり短かった)
やはり、”強な努”をされていたのですね。

たかお日記より

特筆すべきは後輩育成である。
門下には、のちに本因坊タイトルを獲得した高尾紳路9段を初め、
実子の藤澤一就八段、元NHK杯三村智保9段など
現在トップ棋士の名前が並ぶ。
藤沢里奈初段は女流棋士にて最年少プロ2010年に11歳6カで入段)として活躍。

囲碁に関しては厳しいようで、藤澤一就先生囲碁を覚えるときは怒られながら覚えたとる。
 同様に高尾先生も常に叱られていたようで、
本因坊タイトルを獲得した際に「今日くらいは褒めてくれるかな」と報告に向かうと
「勝ちでなにモタモタやってんだ」と、やっぱり叱られたとか。
ただ、
”””十段戦で負けた直後、ばつの悪い顔でお見舞いへ。
先生は、ただただにっこり笑っていました。 ”””高尾ブログより
など、やはり子達に対しては彼なりのがあった。 

 


秀行塾


「秀行は馬鹿だ。教えた相手にタイトルを奪われる。」

子が強くなるなら、自分がそれ以上強くなればいい。
 己を磨くためにライバルを育てているんだ。」

秀行塾(藤沢学校)と呼ばれる研究会には、多数の棋士が顔を出している。
藤沢門下というえた集まりで、メインメンバーとしては
NHK杯でおなじみ結城聡9段、高尾紳路九段、依田紀基九段など。
昭和30年代には、呉清源門下で、後の名誉天元リンちゃん林海峰が顔を出していたりしている。

この塾の事は著書・野垂れ死ににいくつかのエピソードが載っている。
要約すると、来る者拒まず、去るもの追わず、無料導、ただし激辛ボロクソに言います、
という具合のようだ。
また導後の飲み会もそれまた手にやっていたようである。


■sm16786746[ニコ動]

中国北京には「中国囲碁界の恩人」として
中国囲碁出版社内に藤沢秀行記念室が設けられた。
80年代日本の若手棋士を連れて中国に遠征を行い、日中間の囲碁発展に影を与えた為である。
遠征メンバー依田先生、入段直後の高尾先生院生の一就先生など、27名。
これになどの中国棋士が影を受けた。 

さらに韓国の曽先生も秀行塾メンバーの一人。
「瀬越作を精の師、藤沢秀行を盤上の師」とる。
88年に秀行がソウルを訪れた際には、彼の体を気遣い、毎日をとどけたという。

結城先生は一時クビになったが、のちのち結城が教えをめる形で復帰。

中国軍団の、蹄のきが聞こえないのか。

手を拱いていたら、日本囲碁界は席巻されるだろう。 

 

 


人物像・伝説


瀬越作九段
トップ級の打ちを大別すると、天才と努がある。
~中略~
 秀行はどれにも属さず、勝負師である」
天才と呼ばれる事もある)

かっこよく言うと、放磊落(ごうほうらいらく)。
俗っぽく言うと、ファンキー
将棋界の加藤一二三さんが天然ネタ要因だとしたら
こっちはシャレじゃすまないギリギリアウト勝負だコノヤロー。

有名なのだと

囲碁/訃報囲碁棋士・名誉棋聖の藤沢秀行さん死去

94 : 名無しさん恐縮です 2009/05/08() 11:08:15 ID:giu865HW0  [1/1回発言]
以後も将棋もわからないドラゴンボールでたとえて教えてくれ  

111 : 名無しさん恐縮です2009/05/08() 11:29:38 ID:vg8pbPA/O  [1/1回発言]
>>94 まんま亀仙人  

131 : 名無しさん恐縮です2009/05/08() 12:07:13 ID:oxuGbZWN0  [1/1回発言]
囲碁棋士名誉毀損の藤沢秀行さん
にみえた    

 


次へ»
最終更新日: 15/12/15 16:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ