ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


藤浪晋太郎


ヨミ: フジナミシンタロウ
掲示板をミル!
601カキコ!
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

藤浪晋太郎(ふじなみ しんたろう1994年4月12日-)とは、大阪府出身のプロ野球選手投手)である。現在阪神タイガースに所属。

概要

阪神タイガース #19
藤浪晋太郎
基本情報
日本
出身地 大阪府堺市
生年 1994年4月12日
身長
体重
197cm
87kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2012年ドラフト1位
経歴
際大会
代表チーム 日本
日米野球 2014年
WBC 2017年
プロ野球選手テンプレート

小学校1年生から野球を始め、中学3年生でAA世界野球選手権大会に出場した。

中学卒業後は大阪桐蔭高等学校へ進学。入学当初から周囲からは高い期待と評価を受け、選手層の厚い高校にもかかわらず1年生からベンチ入りを果たし、2年生のからはエースとなった。

2012年センバツ夏の甲子園は大会の投手として大会を沸かせ、史上7校となる連覇に大きく貢献した。特にセンバツ3回戦浦和学院戦8回のピッチングでの三者連続三振は圧巻であった。その後行われた国体でも優勝を果たし、松坂大輔率いた横浜高校以来の3冠も達成している。ちなみに前年の地方大会こそ近畿大会で高校に敗れているもののセンバツから国体優勝までの間、大阪桐蔭公式戦では一度も負けていない(センバツ後の練習試合で明徳義塾に一度敗れている)。

際大会の18Uでは大谷翔平森友哉田村龍弘らと共に日本代表所属。当時の背番号は6であったが、先発投手として防御率1点台の好成績を残し、大会後ベストナイン海外ではオールスターチーム)に表された。翌年、2012年度のU-18最優秀選手に選ばれている。

同年のドラフト会議阪神タイガースオリックス・バファローズ東京ヤクルトスワローズ千葉ロッテマリーンズの4球団から1位名を受け、競合の末、阪神タイガースが交渉権を獲得。阪神タイガース清原和博以来12回連続でクジを外しており悲願のドラ1獲得であった。クジを引いた和田豊監督も「当たるとは思ってなかった。」とコメントしている。ナント戦での失態が全て許される勢いである。名を受けた浪は「これだけの球団から1位という評価をいただいて感謝しています。阪神タイガースにはこれからお世話になって頑りたいと思います。阪神さんというのはファンが熱狂的で熱く応援してくれるイメージがあります。甲子園のマウンドはにとって投げやすいというイメージがあるので、入団することができてよかったと思います。」と喜びのコメントをしている。

プロ入り後、エースとしての活躍が期待される。

プロ入り後

2013年

開幕3戦で初登板、6回2失点7奪三振の好投を見せるが打線は援護できず敗戦投手4月7日には中継ぎを初経験。その後4月14日の2回先発登板で初勝利。その後怪で登録抹消され、復帰したセ・パ交流戦では大谷翔平と投げ合い7回1失点の好投で勝利した。途中勝ちに恵まれないこともあったが、オールスター前には6勝するなど、高卒としては十分すぎる程の成績で折り返しに入る。
オールスターにも選ばれ2戦登板大阪桐蔭先輩である中田翔に山なりのスローボールを2連発投げ、2回は頭部近くに来て中田浪に詰め寄ったが、これはベンチの西岡剛大阪桐蔭先輩)と捕手谷繁元信示したことであり、一種のコントであった。
後半戦も好調で8月防御率1.09、4勝という好成績でリーグ投手MVPに選ばれる。しかし9月は1勝も出来ず、チーム方針により投球数制限が敷かれた
最終的に規定投球回数には達しなかったが、1年シーズンは10勝6敗防御率2.75と、セ・リーグとしてはあの江夏豊以来の「高卒ルーキーで2桁勝利を達成した。
クライマックスシリーズ(以下CS)ではまさかの1戦先発登板シーズン広島東洋カープ戦での成績が2戦2勝防御率0.75という好成績からの抜と言われている。だが結果は3回までは失点だったが突如打ちこまれ5回4失点で降、敗戦投手となってしまった。チームもその後敗退し、浪の1年も終わった。

新人王は小川泰弘に取られたが、新人特別賞を菅野智之と共に受賞している。上記の高卒ルーキー2桁勝利が評価されてのことである。しかしシーズン最多となった8暴投など、制球面で課題を残した。

2014年

4月14日広島東洋カープ戦でプロ本塁打を記録。その日にシーズン勝利をあげた。投手でありながらライトスタンドを越えるホームランだったが、10日間はボールを受け取ることはできなかった。
9月19日中日ドラゴンズ戦で10勝に到達。高卒投手ルーキーイヤーから2年連続で2桁勝利するのは、松坂大輔以来14年振りの出来事である。その後読売ジャイアンツとのクライマックスシリーズ第1戦でCS登板セ・リーグ最年少記録を更新した(20歳6ヶ)。7回1失点で勝利を挙げ、日本シリーズ進出に貢献した。

2015年

5月20日読売ジャイアンツ戦でプロ完封を記録。オールスターゲームに3年連続で選出され、第1戦のMVPを獲得。レギュラーシーズンでは14勝7敗と活躍し、221奪三振で最多奪三振タイトルを獲得した。
沢村賞では前田健太大谷翔平クリス・ジョンソンと共に補となるも、最終的に前田健太に譲ることになった。四球が多いのは相変わらずだったが、この年3年連続2桁勝利をあげ、坂以来平成2人の快挙となる。
しかし、デビュー以来フル稼働に加えて、199イニング+ヨーロッパ選抜など投げ続けていたこともあり、オフに右肩関節炎を発症。結果既に選考されていたプレミア12は辞退することになり、代役に同期入団のヤクルト小川泰弘が入った。
の影もあり、翌年2月頃までノースローが続いた。

2016年

7月8日広島戦では3回までに5失点とお世辞にもいいとは言えない内容だったにも関わらず交代せず投げ続け、結局8回1618失点という高校野球と見紛う球数を投げた。
これに関しては監督金本知憲の懲罰采配とも疑われている。1回の3失点の原因全てが浪にあるわけではないがきっかけは彼自身が与えた四球にあるとも言われる。なお2日後の先発だった岩貞祐太普通に1回1/3で6失点したところでKOしている。
9月14日広島戦で最速160km/hを記録。日本人投手160km/hは佐藤由規大谷翔平以来3人
なお試合は阪神が敗れた。一応、9月はこの後も調子がよく、1失点、0失点と好投が続いた。

オールスターには4年連続出場となったが、前年の怪の影もあり、シーズン成績は7勝11敗、防御率3.25で、デビュー以来4年連続の2桁勝利とはならなかった。なお前述の松坂大輔もこの4年で怪によって記録が途絶えている。オフにはWBC強化試合の日本代表に選出され、オランダ戦で3回2失点自責1だった。

2017年

若手寮の「虎荘」を出て一人暮らしを始める。通常は5年以上だが、1年から4年以上先発ローテーションを守ったことが評価されてのことだった。

ワールド・ベースボール・クラシックWBC2017に日本代表選手として選抜された。本戦では一次ラウンドで登板し、2回0失点だった。二次ラウンドでは、オランダイスラエル戦で継投準備をしていたが、以降出場機会はなく、本戦登板機会はこの2イニングのみとなった。

4月4日今季初登板ヤクルト戦では5回を9四死球と荒れ、さらに畠山和洋の頭部付近に当て乱闘になり負け投手になる。その後3勝を上げるも四死球癖は治らず、5月26日リーグワーストの36四死球を出したところで自身初の二軍落ち。7月2日には二軍戦で7四死球7失点した上、頭部へ死球をし自身プロ初の危険球退場となる。8月に一軍復帰するもさっそく広島戦では7四死球を出し敗戦。さらにこの試合では投手死球を与えるというタブーをやらかし、翌日二軍落ち。次の巨人戦でも6回までは良かったが7回に死球を出したところから崩れそのまま負けた。またこの試合では右打者に敬遠気味に左側にボール球を投げようとしたところすっぽ抜けてストライクになって暴投になりランナーを進めるという珍プレーも見せた。

2018年

開幕を一軍で迎えるが結果を残せず、6月15日東北楽天ゴールデンイーグルス戦でシーズン勝利を挙げる。7月26日広島戦では満塁ホームランを記録した。この年も制球難で13試合の登板に留まり、5勝3敗に終わった。

プレースタイル・人物

成績

年度別投手成績


次へ»
最終更新日: 19/08/11 19:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ