ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


藤田一也


ヨミ: フジタカズヤ
掲示板をミル!
62カキコ!

藤田一也(ふじた かずや、1982年7月3日-)とは、徳島県出身のプロ野球選手内野手)である。現在東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。

概要

東北楽天ゴールデンイーグルス #6
藤田一也
基本情報
日本日本
出身地 徳島県鳴門市
生年 1982年7月3日
身長
体重
175cm
75kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 内野手
プロ入り 2004年ドラフト4位
経歴
プロ野球選手テンプレート

アマチュアでは世界大学野球大会に出場しメダル獲得に貢献し、2004年ドラフト4位で横浜ベイスターズに入団。

横浜・DeNA時代

2005年二軍遊撃手レギュラーを獲得し、イースタン2位打率.329盗塁16の成績を残した。


2007年仁志敏久が加入したため、ポスト石井琢朗として遊撃手定位置石川雄洋と争う。守備には定評があったが、打撃が不足でなかなか定位置確保とはならなかった。


2009年仁志の不振もあり、二塁手レギュラーとして起用された。自己最多の120試合に出場、課題とされていた打撃も石川える打率を記録、守備でも失策はわずか6だった。


2010年ホセ・カスティーヨの加入によりスタメンの機会が大幅に減る。106試合に出場し打率は3割をえたが、打席数は大幅に減った。


2011年カスティーヨが解雇されたためレギュラー獲得かと思われたが、渡辺直人が入団し二塁手にコンバート。やはり控えに留まるが、2年連続で規定打席未満ながら打率3割をマーク


2012年は三塁・遊撃の準レギュラーとして起用されていた。

楽天時代

2012年6月24日内村賢介とのトレードで東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍することになった。Kスタに不慣れだったためか当初はらしからぬエラー立った。


2013年は副キャプテンに任命され、ケガで出遅れるものの復帰後は二塁手レギュラー全に定着。
打順は最終的に2番に固定され、高いバント成功率とチャンスでの勝負強さを発揮、初の規定打席到達で打率.275打点48と成績を残し、優勝と日本一に貢献した。
守備では松井稼頭央鉄壁の二遊間を結成し日々ファインプレーを連発。ゴールデンラブ賞&ベストナインを獲得するまでに至る飛躍の年となった。


2014年は選手会長に任命された。プロ入り10年にして初めて全試合に出場した。オフに2年連続でゴールデンラブ賞&ベストナインに選出された。


2015年は他の打者達が打撃不振に陥る中で好調を維持し、2番、3番、5番といったなどクリーンアップを任されることもあった。6月20日ロッテ戦で離れを起こし、翌日に登録を抹消され、7月31日に復帰した後は三塁で起用されることも増えたが、9月29日ソフトバンク戦にて第一打席に死球を受け途中交代。この試合がシーズン最後の出場試合となった。シーズンでは満塁本塁打を2本放つなど、低調な打線の中で勝負強い打撃で一人奮闘した。


2016年も引き続き二塁手レギュラーとして出場し、6月12日広島東洋カープ戦ではプロ初となるサヨナラ打を放っている。この年は5月9月に打撃不振に陥るなど調子に波があり、打順は2番か8番を打つことが多かった。
シーズン終了後には2年振り3度ゴールデンラブ賞にいている(ただし守備標のURZでは数値は前年の+2.1から-7.5に悪化している)。


2017年102試合に留まった。


2018年キャンプの前に左ふくらはぎを負傷し、オープン戦から合流。8月3日ロッテ戦で左挫傷と故障に悩まされ、90試合の出場に留まった。

プレースタイル

俊足と好守が武器で、弱点は非力さという典的な小兵・守備の人系の内野手

2010年以降は打率3割をえるなど打撃開眼の気配を見せているが、横浜時代は何故か石川雄洋からレギュラーを奪えないでいるため石川が何かと言われる理由のひとつになっていた。

人物・その他

応援歌

球団 レス No プレイヤー
横浜
DeNA
応援歌のピコカキコ一覧#814 11258
楽天 応援歌のピコカキコ一覧#354 9516

成績

年度別打撃成績









































2005年 横浜
DeNA
12 9 9 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 4 0 .111 .111
2006年 65 147 133 13 27 2 0 0 5 3 9 1 3 1 13 2 .203 .225
2007年 42 89 76 11 19 5 0 0 2 1 8 0 4 1 8 0 .250 .296
2008年 46 120 108 11 26 5 0 1 6 1 7 1 2 2 13 1 .241 .265
2009年 120 381 346 44 93 7 5 4 20 6 24 3 7 1 34 4 .269 .283
2010年 106 220 201 21 62 8 0 1 15 2 11 0 6 2 33 2 .308 .335
2011年 96 208 188 17 57 8 1 1 15 0 3 0 10 7 20 3 .303 .361
2012年 46 126 111 6 27 3 1 0 7 1 5 1 8 1 9 2 .243 .298
楽天 63 188 172 17 53 8 2 0 15 5 11 1 4 0 10 4 .308 .322
12計 109 314 283 24 80 11 3 0 22 6 16 2 12 1 19 6 .283 .312
2013年 128 536 466 48 128 17 2 1 48 3 33 4 21 12 43 7 .275 .320
2014年 144 579 517 46 139 15 2 2 36 3 41 2 16 3 55 12 .269 .294
2015年 111 451 392 38 106 14 1 5 43 8 16 7 28 8 30 3 .270 .326
2016年 120 449 408 7 108 13 5 0 46 1 18 3 19 1 44 7 .265 .297
2017年 102 315 270 28 68 9 2 3 33 2 25 3 16 1 21 8 .252 .293
2018年 90 289 248 19 66 10 1 4 16 0 17 2 18 4 15 4 .266 .324
NPB:13年 1291 4107 3645 347 980 124 22 22 308 36 228 30 162 44 352 59 .269 .306

通算守備成績

機構 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
NPB 二塁手 970 1902 2422 33 453 .992
三塁手 73 32 79 3 6 .974
遊撃手 166 152 369 10 60 .981

関連動画


次へ»
最終更新日: 18/11/13 06:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ