ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


虫姫さま


ヨミ: ムシヒメサマ
掲示板をミル!
101カキコ!

虫姫さまとは、株式会社CAVE制作したアーケードシューティングゲーム(以下、STG)。およびそのシリーズである。


概要


巨大な昆虫(作品中では“甲”と呼ばれる)を始めとした生物たちが跋扈する、現在とは異なる地球舞台としたファンタジーSTG主人公爛漫な少女“レコ”で、カブトムシモチーフとした色の甲(その名も“キンイロ”)の背に乗って、行く手を阻む甲たちと戦っていく。

CAVEと言えば弾幕STG」というイメージを固めた同社であったが、本ゲームには旧来のSTGと同様のスタイルをしたものを含む、複数のモードが用意されている。これによって、初心者や「弾幕STG」を忌避するシューターにもプレイしやすいものとなっている。しかしその一方、「上級者向け」を免罪符とした超ド級弾幕量を誇るモードも搭載されており、この点でも話題を呼んだ。
モードの説明は後述する。ニコニコプレイ動画を視聴する際は、それがどのモードプレイであるかも注意されたい。

また、主人公のレコは様々な点から人気を博し、非STGスピンオフ作品『パズルたま』の稼動や、CAVE作品として初めてキャラクターフィギュア公式発売されるなど、「CAVEキャラクター路線の起点」として挙げられるタイトルでもある。


シリーズ作品



『虫姫さま』


2004年稼動開始。2005年にはタイトーよりPS2移植された。

疫病に倒れる人々を救うべく、であるレコ(15歳)がにいるという“甲”へ会いに行く、というストーリー

プレイヤーキャラ(自機)はレコ一人であるが、ショットタイプは3種類から選択可。さらにプレイヤーは以下のモードの中から一つ選択できる。

オリジナルモード
敵弾の量は少ないが速度が速い、いわゆる「非弾幕・本来のSTGモード
STG初心者はまずこちらから。もちろん「これしかやらない」というのもOKなので、「CAVE=弾幕」という固定観念に囚われずプレイしてみよう。
マニアックモード
CAVEらしい「弾幕STGモード
名前の通りマニアCAVEファン及び弾幕STGファン)向けのモードであるが、これから弾幕STGを始めたいという人ならこちらからプレイしよう。
ウルトラモード
弾幕モード
まずこのモードカーソルを合わせると、難易度モードです。自己責任でお願いします。」という説明文が表示され、選択すると更に警告 絶望に挑戦してみますか?  (やめる/上等)」という選択肢が登場する。
プレイ中の難易度については最言うまでもいが、ゲームの最後には当時「史上最」と呼ばれたボスが登場する。→CAVE真ボスリンク
とにかく一般人プレイしてよいモードではないし、またその必要もない。
アレンジモード
PS2版のみに搭載されているモード
弾量・難易度は「マニアック」と「ウルトラ」の間ぐらいで、他にショットタイプの任意切り替えなどの様々なアレンジが施されている。

『虫姫さま ふたり』


2006年稼動開始。

前作で甲邂逅を果たしたレコ。しかし彼女に対し、異女王ラーサ”の魔の手が迫る。ラーサはアキ母親で、「息子の命を奪った」レコを恨んでいたのだ。

プレイヤーキャラとして、ラーサの息子パルム”(9歳)が追加。タイトルの「ふたり」は、2作であることと自機が2人であることのダブルミーニングである。
さらに、2人の自機には「ノーマル」と、ややテクニカルな「アブノーマル」という2種類のショットタイプが用意されている。

本作品は稼動開始から2ヵ後、バージョンアップが施された。このバージョンアップは基償交換という形で行われたため、現在ゲームセンタープレイできるものは大抵が新バージョンである。
バージョンタイトルに「Ver.1.5」と書かれたアイコンがあるので見分けがつく。このため新バージョンは「Ver.1.5」と呼ばれ、それに対して旧バージョン無印)は慣習的に「Ver.1.0」と呼ばれる。

モードは前作と同じく、「オリジナル」・「マニアック」・「ウルトラ」の3つが搭載されている。
ちなみにウルトラモード説明文は、絶望すら駄になる、空気の読めない難易度にご注意下さい。」
同じく警告文は、秒殺の覚悟はできていますか? (いいえ/玉砕上等)」

ウルトラモード難易度は、前作のそれをかに上回り、クリアした人数も非常に少ない。特に、2009年3月時点で「ノーマルパルム」「アブノーマルレコ」の2機体については、クリアした人間が存在していない8000万エブリ設定では存在する)。


『虫姫さま ふたり ブラックレーベル』


2007年稼動開始。

台数限定で生産された。『虫姫さま ふたり』の別バージョンであるため、厳密には続編ではない。略称は「ふたBL」。

ショットタイプの「ノーマル」・「アブノーマル」が止され、両者の利点を併せ持った1つのタイプに集約された。
また、「ウルトラモード」の代わりに「極ゴッドモード」が搭載されている。

ゴッドモード
ウルトラモードと同じく大量の弾幕が押し寄せてくるモード
敵配置や細かなシステムが変更されている他、ラスボスが追加されている。
カーソルを合わせると出る説明文は、「極めてしく!かつ手に!級のハッタリにご期待下さい。」

Xbox 360版 虫姫さま ふたり


2009年11月26日(木)発売予定、価格は未定

開発スタッフ一問一答
Q、アーケード版の『虫姫さま ふたり』には“1.0ver”と”1.5ver”というふたつのバージョンがありましたが、Xbox 360版はどちらがベースになっていますか?
A、“1.5Ver”を収録しています。

Q、Xbox 360版用にゲームバランスの調整は行われているのでしょうか?
A、はい。調整を入れることを現在検討しております。

Q、庭用で強化された点はありますか?
A、『デススマイルズ』と同様に高画質グラフィックを強化します。

Q、オンラインには対応するのでしょうか?
A、はい。オンラインランキングに対応したスコアアタックを搭載する予定です。

ダウンロードコンテンツの予定はありますか?
A、予定しておりますが、どのような形の配信になるのかは、現在検討中です。

Q、現在の開発状況は何パーセントですか?
A、まだ開発が始まったばかりですので、2030パーセントといったところです。

Q、プレイヤーに注してほしいポイントはどこですか?
A、美麗に生まれ変わったグラフィックでの弾幕に注してほしいです。

ファンへのメッセージをお願いします。
A、『デススマイルズ』に続くケイブXbox 360ソフト第2弾として、『虫姫さま ふたりVer1.5』の発売を発表させていただきました。これが開発着手できたのも、シューティングというジャンルへのXbox 360ユーザーの方々のご援のがあったからこそだと思います。その期待を裏切らないように開発を進めていきますので、今後ともよろしくお願いします。

ソースhttp://www.famitsu.com/game/news/1223648_1124.html[外部]


関連動画


『虫姫さま』


■sm120102[ニコ動]

■sm725693[ニコ動]
■sm58236[ニコ動]
■sm726762[ニコ動]
■sm23598348[ニコ動]
■sm29146903[ニコ動]

『虫姫さま ふたり』&ゴッドモード(BL)

■sm152310[ニコ動]
■sm2352482[ニコ動]
■sm1303640[ニコ動]
■sm2027553[ニコ動]
■sm5637565[ニコ動]
■sm15896719[ニコ動]

その他、関連動画

■sm2551277[ニコ動]
■sm2229081[ニコ動]
■sm3610673[ニコ動]
■sm532042[ニコ動]
■sm12057546[ニコ動]
■sm12508562[ニコ動]
■sm12765338[ニコ動]


関連商品


■azB0009NUOQS
■azB0009NUOQI
■azB000G15WLA


関連項目



最終更新日: 17/10/22 03:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ