ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


西住小次郎


ヨミ: ニシズミコジロウ
掲示板をミル!
13カキコ!

西住小次郎


(にしずみ こじろう 1914.1.13~1938.5.17)とは、八九式中戦車戦車長として活躍した大日本帝国陸軍公式「軍」第一号である。

出身地:熊本県上益甲佐町
最終階級:大日本帝国陸軍歩兵大尉


概要


1914年1月13日に、古くは武士系である西住の次男として生まれる。

※祖の深九郎は西南戦争薩摩軍として参加し、の三作は日露戦争に従軍して曹長から中尉にまで昇進した人物である。

学生時代は吉田松陰を尊敬する寡黙なビブリオマニアだったぐらいの立たない生徒だったが、軍人としては

といった明正大で控えな性格もあり、

「西住には敵がいない」「西住を見ると気持ちが朗らかになった」

同期からは評価されている。

1934年(昭和九年)に陸軍士官学校卒業して大日本帝国陸軍の陸軍歩兵少尉として満州事変に従軍し、この際に戦車の重要性を認識した事から戦車兵へ転科して陸軍歩兵中尉となった。

二次上海事変に戦車小隊長として参加すると、歩兵支援的とした八九式中戦車を駆って34回の戦闘に参加し、大場鎮の戦いでは、味方の猛攻にもかかわらずに陥落しない敵に対して、正面150メートル程の地点まで八九式中戦車で進出し、9時間を撃ち続けて戦況を切り開く戦功をあげた。

大場鎮の戦いに続き南戦においても、着状態を打破する為に敵軍の正面に進出し、八九式中戦車に直撃をうけて大きながあいた状態で戦闘を2時間継続した。なおこの戦いでは、苛な軍人としての行動の他に、戦闘中に見失った部下の小隊を、直撃弾をくらった状況の八九式中戦車から飛びおりて捜索し、部下が事合流した際はその事を喜んで男泣きし、自身は捜索中に左足に被弾していたにもかかわらず重傷の部下の看病をつきっきりで行うといった部下思いの西住小次郎らしい面を見せている。

戦を戦いぬいた相棒八九式中戦車は、1300発もの弾丸を浴びて体はだらけという状態になっており、巡察の際にその姿を見た香宮王から「まだ使えるのか」と尋ねられる程だった。

そして、左足の傷が癒えない中で南戦に参加した西住小次郎は、運命の地である徐州会戦へと向かう。

相棒八九式中戦車を駆って敵まで数十メートルのところまで来た時に、小川に進軍を阻まれて戦車から飛び降りた西住小次郎は、小川の深さを測って戦車が通れる事を確認して帰還しようとした際に中国軍から狙撃されて右太もも懐中時計そして左大腿部の動脈に致命傷をおってしまう。部下の手により戦車内へと戻った西住小次郎は、出血多量で意識朦朧とする中で部下に小川の渡河地点を報告させ、立な軍人になれとの言葉を伝え、

お母さん小次郎満足してお先に参ります。これからお一人でおしい事と思います。永い間、可がっていただきました。」「姉さん、いろいろお世話になりました。」「よ立に」

との家族への遺言を残した後に天皇陛下万歳をあげて24年の生涯を閉じた。

西住小次郎の戦死後、マスコミが賞賛した事で軍部も公式に軍と認め、子供向けの伝記や小説軍歌がつくられ、軍部からの依頼をうけた菊池寛による小説「西住戦車長伝」は、1940年(昭和十五年)に上原演で映画化され、主題歌作詞北原が手がけた。


関連動画



■sm19189143[ニコ動]

■nm22316661[ニコ動]
■sm19666812[ニコ動]


関連商品


■azB00005ILPX
■az4499228905

■az4896101243
■azB0096Z5YBA


関連項目



最終更新日: 13/11/24 08:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ