ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


西勇輝


ヨミ: ニシユウキ
掲示板をミル!
39カキコ!

西勇輝(にし ゆうき1990年11月10日-)とは、三重県出身のプロ野球選手投手)である。現在阪神タイガースに所属。

概要

阪神タイガース #16
西勇輝
基本情報
日本
出身地 三重県菰野町
生年 1990年11月10日
身長
体重
180cm
80kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2008年ドラフト3位
経歴
際大会
代表チーム 日本
日米野球 2014年
プレミア12 2015年
プロ野球選手テンプレート

地元の県立菰野高校エースとして3年夏の甲子園に出場したが、1回戦で仙台育英に敗れた。2008年ドラフト会議にてオリックス・バファローズに3位で名されて入団。背番号63

オリックス時代

2009年から二軍でまずまずの成績を残し、シーズン終盤に一軍初登板を果たす。オリックス・バファローズになってから高卒ルーキーが一軍登板を果たしたのは西が初。登板は3試合のみだったが4回を安打1四球と好結果を残した。


2010年にビハインド中継ぎとして登板し、8月12日福岡ソフトバンクホークス戦でプロ入り初先発。4回まで0点に抑えていたが、5回をツーアウトまでこぎつけたところから残り1アウトが取れずに5失点し、初勝利を逃した。その後顔面神経麻痺を発症して戦線離脱するが、先輩伊藤光の支えもあって9月には一軍に復帰し、ロングリリーフを努めて最終的には18試合で防御率3.41とまずまずの数字を残した。


2011年くから開幕ローテーション入りを確約され、開幕6試合となる4月17日東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発。前述の伊藤バッテリーを組み、7回を3安打1失点に抑える好投を見せてプロ勝利を挙げた。どんな状況でもニコニコ笑顔を浮かべながら投げる姿がこの時から一部で注される。さらにその後も好投を続け、5月8日千葉ロッテマリーンズ戦まで開幕から4戦4勝を記録し注を集めた。ところが6月に体調不良登板を回避したのが岡田監督の怒りにふれ二軍落ち。7月に復帰した後は、先発リリーフを行ったり来たりする状況が続いたが、10月13日ロッテ戦に勝利して二桁勝利に到達。最終的に規定投球回数には届かず、リーグワーストの16死球を喫した。25試合に登板先発18試合)で10勝7敗1セーブ先発では9勝5敗)、防御率3.03の数字を残し、飛躍のシーズンとなった。


2012年からは背番号21に変更。開幕から先発ローテーションを守って投げ続けていたが、8月9日に右肩痛で戦線離脱。9月に復帰すると、シーズン終戦となる10月8日ソフトバンク戦で1四球のみの準完全試合となるノーヒットノーランを達成した(ちなみにプロ完封でもあった)。球団としては1995年佐藤義則以来、パ・リーグでも2000年のナルシソ・エルビラ以来で21世紀最初のノーヒッターとなった。シーズン成績は19試合に登板し、チーム最多の8勝(3敗)を挙げ、防御率2.79だった。


2013年シーズンを通して先発ローテーションを守る。場に調子を崩して負けが込んだりもしたが、初めて規定投球回数に到達。28試合に先発して9勝8敗、防御率3.63の成績を挙げた。しかしリーグ最多の14死球を喫した。


2014年は開幕から8連勝したが後半戦から調子を崩し、12勝を挙げた後は5連敗を喫した。オフ日米野球に出場した。


2015年は前半戦から勝ちに恵まれずに苦戦したが、最終的に10勝を挙げ、防御率リーグ2位の2.38をマークした。オフWBSCプレミア12日本代表に選出された。


2016年は開幕3連敗と悪いスタートを切ったが、5月31日読売ジャイアンツ戦で最速の7敗を喫した。最終的に3年連続で10勝を挙げたが、12敗を喫して初めて負け越した。10月に一般女性結婚した。


2017年は不振に陥り、5月に3連敗を喫した後に二軍に降格し、6月に一軍復帰した。8月22日日本ハム戦で負傷して戦線離脱したため、この年は17試合に留まった。


2018年は初めて開幕投手を務めたが、0-2で敗戦。チーム一1年間先発ローテーションを守ったが、10勝13敗と負け越した。オフFA宣言

阪神時代

残留をめるオリックスのほか、阪神ソフトバンクDeNAが獲得に乗り出したが、2018年12月7日阪神タイガースへの移籍を表明した。背番号16糸井嘉男と再びチームメイトになった。


2019年は前半戦は援護に恵まれず、7回自責0で負け投手になったりして約2ヶ勝ちから遠ざかるなど、防御率2点台にも関わらず3勝7敗と大きく負けが先行。しかし後半戦はそれが一転、9月は4戦4勝を挙げるなどして7勝1敗と大きく勝ち越した。終わってみれば2年連続の2桁勝利で4年ぶりに貯も作り、チームCS進出に大きく貢献した。

プレースタイル・その他

最速149km/hの直球スライダーカーブチェンジアップシュートを投げる。

前述の通り2018年オフオリックスからFA宣言した際には、オリックス阪神ソフトバンクDeNAの争奪戦となった。その中で11月28日サンケイスポーツが他に先駆けてFA西、阪神入り決断!」という記事を掲載。これに対して西は数時間後に公式ブログ「まだ何も決めていない」と即否定した。
これだけなら単なるサンスポの飛ばし記事だったのだが、翌日からサンスポは連日阪神入りを決断している西勇輝投手28)」という詞をつけて西の動向を報道、数日間にわたって阪神入りを決断している西、阪神からの連絡なし」という意味不明な記事が連発されるに至り、野球ファンの多くが困惑した。
結局西はサンスポの初報から9日後に正式に阪神入りを表明し誤報ではなくなったのだが、本人に即否定されても訂正するでもないサンスポの執拗な阪神入り報道は絶対の確があってのものだったのか、それとも単なる願望だったのかは結局のままである。

成績

年度別打撃成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2009年 オリックス 3 0 0 0 0 0 0 0 .--- 4.0 1 2 0 0 0.00
2010年 18 1 0 0 0 0 0 1 .--- 31.2 14 31 12 12 3.41
2011年 25 18 1 0 10 7 1 0 .588 130.2 26 106 49 44 3.03
2012年 19 19 2 1 8 3 0 0 .727 123.0 33 87 41 38 2.78
2013年 28 28 3 0 9 8 0 0 .529 166.0 42 137 74 67 3.63
2014年 24 24 3 1 12 10 0 0 .545 156.0 35 119 65 57 3.29
2015年 24 24 3 2 10 6 0 0 .625 162.2 43 143 46 43 2.38
2016年 26 26 2 1 10 12 0 0 .455 165.1 48 108 80 76 4.14
2017年 17 17 3 1 5 6 0 0 .455 117.2 29 88 46 45 3.44
2018年 25 25 0 0 10 13 0 0 .435 162.1 36 119 66 65 3.60
2019年 阪神 26 26 1 1 10 8 0 0 .556 172.1 36 112 60 56 2.92
NPB:11年 235 208 18 7 84 73 1 1 .535 1391.2 343 1052 539 503 3.25

表彰・その他

MVP 2回 2014年3・4月2019年9月
ゴールデングラブ賞 1回 2019年
その他
オールスターゲーム出場 3回 2012年2014年2015年
ノーヒットノーラン 1回 2012年10月8日

関連動画


■sm5941310[ニコ動]

オリックス時代

■sm8344180[ニコ動]
■sm14238639[ニコ動]
■sm19072385[ニコ動]

関連商品

■azB004TWRFDU

関連コミュニティ

■co237
■co6773

関連項目


最終更新日: 19/12/15 06:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ