ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


西岡剛


ヨミ: ニシオカツヨシ
掲示板をミル!
312カキコ!

西岡剛大物1984年7月27日-)とは、大阪府出身のプロ野球選手内野手)である。現在栃木ゴールデンブレーブスに所属。

概要

ロッテ時代

栃木ゴールデンブレーブス #1
西岡剛
基本情報
日本
出身地 大阪府
生年 1984年7月27日
身長
体重
185cm
79kg
選手情報
投球・打撃 右投両打
守備位置 内野手
プロ入り 2002年ドラフト1位
経歴
際大会
代表チーム 日本日本
五輪 2008年
WBC 2006年
プロ野球選手テンプレート

大阪桐蔭高校から2002年ドラフト1位千葉ロッテマリーンズに入団。背番号7。
2年となる2004年から高橋慶彦コーチスイッチヒッターに挑戦し一軍で63試合に出場する。

そしてプロ入り3年にして一軍定着レギュラーへ、セカンドショート併用で122試合に出場する。
ショート小坂誠の時はセカンドへ、セカンド堀幸一の時はショートで出場して大活躍した結果、ベストナインショートで、ゴールデンラブ賞をセカンドで獲得することになる。
また、この年に41盗塁盗塁王も獲得した。

この年、2005年31年ぶり日本一の立役者の一人として不動のレギュラーとなり、以後チーム選手となる。


2006年には第1回WBC日本代表に選ばれ初の国家代表入りを果たす。
大会では8試合で打率.355本塁打2打点8盗塁5と大活躍(※)し、優勝に貢献した。
※世紀の大誤審と言われたタッチアップでは問題の走者だった。グラウンドでは見苦しい抗議はしなかったが、ロッカルームでは(敗戦の怒りもあり)荒れていたようである。


2007年には新庄剛志に登録名について相談。結果、登録名を「TSUYOSHI」に変更するが、最終的には「TSUTAYA」などと呼ばれネタにされるなどあまり意味はかった(それでも成績は自身初の打率3割をマークした)。


2008年は登録名を元に戻し、北京五輪や怪116試合ながら連続3割と初の2桁ホームラン
またチームとしては不調だった北京オリンピックでも打率.455本塁打1打点4盗塁2と気を吐いた。
しかし北京で怪を悪化させ帰後もクライマックスシリーズし怪をおして出場した結果、2009年WBCでは原辰徳監督からコンディションを不安視され、まさかの代表落選となった。
WBC日本代表に並々ならぬ決意を持っている選手の一人なので落選通知が来た時は部屋で荒れたようだ。
その後「この悔しさは絶対に忘れません、自分を選ばなかったことを後悔するくらいの活躍をしたい」とコメント


2009年は気持ちが結果につながらず苦しいシーズンとなった。そんな中、監督の去就やフロントお家騒動が起こる。

シーズン終盤、過サポーター団体「MVP」が球団幹部をしで死ね」等の誹謗中傷の横断幕・ゲートフラッグを掲げた為、ヒーローインタビュー

自身もそうなんですけど、選手全員も一生懸命プレーしようとしてるし、自身ロッテに入ってファン応援を見てこのチームすごい好きになりました。ライトスタンドで本当に批判があったり色々んな横断幕が出たり、非常にら選手もそういう状況にさせてしまったという責任があります。今日野球少年がいっぱい来てると思います。選手1人1人のプレーを見て夢を描く子供達もいると思うし、スタンドの歓を聞いて大人になったらこういう所でプレーをしたいと思って頑っている子供達もいます。その子達の夢を崩さないでください。自身も今年こういう成績でこういうことを言える立場ではないんですけど、1人の人間として間違ってるものはあると思うので、もう一度選手1人1人も考え直して、このチームをもっともっと強くしたいと思うし、そのためにはファンの皆さんの応援すごい必要となるので、本当にロッテ愛してるのであれば明日から横断幕を下げてほしいと思います。明日からまた応援よろしくお願いします。」
と涙ぐみながら訴えた。
しかし、翌日の試合ではMVPから応援どころかブーイングを受け、西岡ターゲットにした誹謗中傷の横断幕・ゲートフラッグが掲げられた。そのような状況でも気持ちを乱すことなく試合で活躍し、試合後のブログで「自分への批判は覚悟しているので怒っていませんから協してください」と呼びかけた。
この件については他球団のファンも関心を持ったようで、西岡の行動を賞賛する者も少なくなかった(なお、当のMVPはその後他のロッテファンから干され、最終的にシーズン終了後消滅した)。


2010年キャプテンとなった。9月にはシーズン21猛打賞を達成し、球団記録を更新。その後9月25日オリックス・バファローズ戦でパ・リーグではイチロー以来、スイッチヒッターとして初のシーズン200本安打と、27回猛打賞(新記録)を達成。最終的にはスイッチヒッターとして4人首位打者、最多安打タイトルを受賞した。

ツインズ時代

2010年シーズンオフポスティングシステムによるメジャー移籍を申請し、ミネソタ・ツインズが交渉権を獲得。12月17日契約を結んだ。背番号1。


2011年はスプリング・トレーニングで結果を残し、開幕スタメンの座を勝ち取ったが、二度の故障離脱により68試合の出場に終わった。しかも米国メディアからLeast Valuable Player(最低の選手)[外部]One Hitter from Each MLB Team Who Drives Fans Crazy(ファンを怒らせた選手)[外部]に選ばれるオマケ付き。
メジャーにおける日本人内野手の評価を更に下げた(も、福留孝介の不調などなどで元々低かったが)原因なのは言うまでもない(なお、このとばっちりを受けたのが、2012年ヤクルトからミルウォーキー・ブルワーズメジャー移籍した青木宣親で、入団前に首からプレーチェック(入団テスト)をさせられるハメになった)。
ちなみにツインズ2010年は地区優勝しているが、2011年は最下位に終わっている。 

更には3月ツインズキャンプ中に元グラビアアイドルを呼び、お楽しみ行為をしていたことが発覚。
 (妻の徳澤直子がこの時期に妊娠中であったのに。)
また徳澤直子自身は安定期に入ってから渡する予定であった、英会話料理を勉強するなど西岡を献身的に支えるつもりであったにも拘わらず、この西岡の背信行為が決め手となり離婚することが決定。


2012年は開幕をマイナーで迎え、3Aでも大した成績を残せず、8月一週間だけ昇格したが3試合で12打数安打。降格するとその後はマイナーシーズンを終え、オフ契約解除を申し出てツインズを退団した。
2011年オープン戦で活躍した頃、zakzakが「ツインズ塊を探し当てたかも」と報じたが、その後の結果はこの通りだったため、ネット上では揶揄をもって「塊」(俗にミネソタの塊。ミネソタのアレとも)と呼ばれることになった。

阪神時代

ツインズを退団すると、まだ28歳と若いこともあって阪神タイガース千葉ロッテマリーンズオリックス・バファローズが獲得に名乗りを上げ争奪戦となり、最終的に阪神に入団が決まった。背番号は7。


2013年は一番セカンドレギュラーを獲得し、122試合に出場。ベストナイン二塁手)を獲得した。


2014年3月30日読売ジャイアンツ戦で、大竹寛の放った打球を追いかけ、福留孝介と衝突。後頭部から人工芝に落下してしまう。阪神ファンのみならず巨人ファンからも援を送られ、救急車球場を後にした。診断の結果幸い事だったが、左肩の脱臼、左右の折、鼻折が判明。全治不明の中でリハビリを続け、6月27日中日ドラゴンズ戦で復帰したが、その後痛みが再発し抹消。だがクライマックスシリーズには1番サードで出場。そしてそのまま日本シリーズにも出場するが・・・→サヨナラ守備妨害


2015年三塁手として開幕を迎える。5月14日東京ヤクルトスワローズ戦で通算1000試合出場を達成。しかし右肘の挫傷の発症で長期離脱し、50試合に終わった。


2016年二塁手レギュラーに定着していたが、7月20日巨人戦で左アキレス腱断裂の重傷を負い、この年も55試合に終わる。オフ糸井嘉男FA移籍することになり、背番号7を譲り、2017年からは5に変更することになった。


2017年7月17日中日ドラゴンズ戦で戦線復帰。1番一塁手先発出場し、第3打席で復帰後初安打を放った。守備においてはランディ・メッセンジャーを落ち着かせ、勝利に貢献した。


2018年25試合に留まり、戦力外通告を受けた。しかし球団の発表よりも先にinstagramアカウントで報告していた。その後12球団合同トラアウトを受けた。

BCL・栃木時代

2019年3月12日ベースボール・チャレンジ・リーグ栃木ゴールデンブレーブスに入団した。背番号1

人物・その他

応援歌

球団 レス No プレイヤー
ロッテ 応援歌のピコカキコ一覧#135 8728
阪神 応援歌のピコカキコ一覧#274 9148

成績

通算打撃成績


次へ»
最終更新日: 19/03/15 18:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ