ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


西武新宿線


ヨミ: セイブシンジュクセン
掲示板をミル!
37カキコ!

西武新宿線とは、西武鉄道運営する鉄道路線である。
駅ナンバリングにおける路線記号は「SS


概要


西武新宿線は、東京都新宿区西武新宿駅埼玉県川越市本川越駅とを結ぶ西武鉄道鉄道路線である。

西武新宿線の運転系統は、本川越に向かう系統と、小平から拝島線に乗り入れる系統に大別される。
拝島線に乗り入れる電車は、拝行きの他、萩山経由で多摩湖線西武遊園地に乗り入れる電車もある。
西武ドームプロ野球が行われる日は、所沢駅から池袋線を経由して狭山線との直通運転が実施される。
また、上りは東村山から国分寺線に乗り入れ、国分寺行きの電車もある。

新宿線車両基地は上石井と南入曽(新所沢~入曽間)にある他、拝島線玉川に設置されている。そのため、上石井・新所沢玉川折り返し電車も多い。

池袋線べ、所沢までの急行の停が多い上、田からは各に停する。
そのため、所沢から急行電車で都内に向かう場合、池袋線の方が終点池袋駅に到着する。

また、新宿線ターミナル駅である西武新宿駅乗り換えに不便なことが多いため、JR乗り換える際は手前の高田馬場駅乗り換える人が多い。1日均の乗降人員も高田馬場駅西武新宿駅を上回っている。

開かずの踏切が大量に残されている路線としても有名で、現在舎の通路を「自由通路」として開放し反対側に渡れるようにする実験などが自治体と共同で行われている。
東京地下鉄東西線との直通計画もあったが、現在のところ、計画は立ち消え。
西武有楽町線建設時に「地下線は多額の予算が必要になる」ことが分かったこと、高田馬場駅には乗り入れのための場所が確保できないこと、予想より拝島線の需要の伸びが悪いことが原因と思われる。

なお、現在新宿線という路線名になったのは西武新宿高田馬場間の運行が開始された1952年3月25日からで、それ以前は西武鉄道新宿線といえば新宿~荻間を結んでいた軌線(後の都電杉並線、1963年止)のことだった。かつては東村山駅に路線が分かれており、本川越方面が川越線現在国分寺線も含む)、高田馬場方面が村山線(現在西武園線を含む)という路線だった。


列車種別


2012年6月30日時点の種別

各駅停車
略称は「各停」、放送では「各駅停車」とされる。2008年前半まで車両側の表示は「普通」であった。全線で運転され、途中から各に停する下り優等列車もその区間では車両の表示はそのままに「各停」とされる。
準急
 新宿線池袋線と同様、この準急急行各停を中心として他の種別を組み込む形である。
平日のみ一部列車拝島線へ直通。
2012年6月30日正からは深夜のみの運転となった。 
急行
 終日運転され、新宿線拝島線直通運転が行われている。
休日には西武遊園地行きが、野球開催時には西武球場前行きが運転される。
通勤急行
略称は「通急」。平日に上り方面のみ運行。田より川越方は2011年3月以前の快速急行新宿方は急行と停が同じ。
過去には急行千鳥停車を行う種別であった。(元々複数種類あった急行の明確化のため登場)
特急
西武新宿~本川越間を結ぶ。「小江戸」の称がある。別途特急券が必要。
天皇皇后陛下スウェーデン国王夫妻が川越市を御視察される際にも使用された。
2011年からは拝島線直通の臨時特急が運行されることがある(拝行のみ)。

過去にあった種別

快速
2008年6月14日ダイヤ正よりそれまで終日運転されていた急行に代わり日中に登場。
拝島線内にも通過が設けられ、小金井も通過するのが特徴で、拝島線内の利便性向上と乗客獲得を的としている。
しかし、思ったより乗客獲得には繋がらなかったようで、2012年6月30日ダイヤ正で止された。
快速急行
略称は「快急」。2008年6月14日正まで「川越号」の称が使用されていた。(快速急行川越号として案内)
拝島線への直通列車は設定されていない。停高田馬場・田東村山所沢・新所沢から先の各特急とさほど所要時間は変わらないが、特別料は不要である。ただ、平日間しか運転されないという、本数の少なさが玉に瑕。
2012年6月30日ダイヤ正で止された。これにより、平日および特急を除き、田より川越方は各駅停車しか存在しなくなった。
1996年までは西武球場前、西武遊園地(土休日のみ)、西武園(競輪開催時のみ)発着の列車も存在していた。前述の快速急行と停が異なり、高田馬場ノ宮、上石井、田小平、(萩山、西武遊園地西武遊園地発着。後に小平以遠は各に停する)、東村山、(西武園)、所沢西武球場前だった。

路線図


例 :停|:通過、◇:拝行の臨時特急のみ停

次へ»
最終更新日: 18/01/10 04:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ