ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


西武池袋線


ヨミ: セイブイケブクロセン
掲示板をミル!
13カキコ!

西武池袋線とは、西武鉄道運営する鉄道路線である。


概要


西武池袋線は、東京都豊島区池袋駅埼玉県飯能市吾野駅を結ぶ西武鉄道鉄道路線である。

スイッチバックになってしまうため、運転系統は飯能駅で分断されており、飯野間は西武秩父線と一体となって運行している。そのため、飯野間も西武秩父線であると勘違いする人が多く、そのように掲載してしまう雑誌等も見られる。
直通先の東京メトロ以外(=自社)の路線名を案内放送で滅多に使用しないのもその原因と思われる。(西武鉄道or西武線に統一)

西武有楽町線経由で東京メトロ有楽町線副都心線と相互直通運転を行っている。また、本数は少ないが西武秩父線経由で秩父鉄道秩父本線にも乗り入れを行っている。
東急東横線渋谷駅が地下化される2013年3月16日からは、副都心線経由で東横線横浜高速鉄道みなとみらい線への相互直通運転が開始された。


列車種別


各駅停車
表記は基本的に「各停」、案内放送は各駅停車となる。
種別によっては途中から各停となる列車もあるため、始発から終点まで各停列車が運行されない時間帯のある区間もある。
なお、飯以遠は特急を除いた全列車各停となる。
池袋~飯を走りきる列車のみだったが、2013年3月16日ダイヤ正で日中に設定されるようになった。
準急
池袋西武発着の列車を中心に設定され、一部に地下鉄直通の列車も設定されている。
池袋線ダイヤはこの準急急行各停を基本に、他の種別が組み込まれる形となっている。
公園以遠は各停となるため、所沢までの利用が多い。
2010年3月6日正で池袋小手指所沢行き列車の多くが西武球場前行きに変更され、狭山線への利便性向上に貢献していたが、2012年6月30日ダイヤ正で再び所沢行きとなった。
快速
ラッシュ時などにおいて他の種別の補的で設定されている。
以前はラッシュ時以外のほとんどの列車地下鉄へ直通していたが、2013年3月16日ダイヤ正により、快速急行に置き換えられた。
野球開催時は快速急行の行先・種別を変更する形で設定される。
急行
所沢以遠は各停となる。祭などの季節臨では一部が西武秩父まで、それ以外は基本的に飯までの列車となる。ただし、2013年3月16日からは西武秩父発着も設定されたほか、土休日のは秩父鉄道からの直通列車も設定されている(2ドアセミクロスシート4000系使用)。
夕には小手指発着の列車が設定されている。過去には野行きが設定されたことも。
2014年の入間基地航空祭では初めて西武有楽町線経由で元町・中華街まで直通する臨時急行が設定された。
快速急行
略称は「快急」。各停と異なり、表示関係にも「快速急行」が見られる。
特急に最も近い種別であり、池袋西武秩父間の列車は2ドアセミクロスシート4000系を使用している。一部は秩父鉄道にも直通する。
2013年3月16日から、平日日中・土休日日中副都心線東急東横線みなとみらい線に直通し、元町・中華街発着となる快速急行が新設された(一部は有楽町線新木場発)。基本的には2本/時で運行され、小手指発着と飯発着が1本ずつである。
これにより、西武秩父発着の快速急行の大半が急行に置き換えられた。
2016年3月26日から、西武線内快速急行東京メトロ副都心線急行東急東横線みなとみらい線特急となる電車には「Fライナー」の称がつけられている。
なお、池袋発着は練馬を通過するが、地下鉄と直通する列車練馬に停するので注意。
通勤準急
略称は「通準」。池袋を出ると大泉学園まで停しない「千鳥式」の看であったが、練馬駅の需要が高まり、2008年6月ダイヤ正で停練馬が加えられた。大泉学園以遠は各停となる。
種別名に「通勤」が付く電車の停は、間しか利用していない人の頭を混乱させる。
通勤急行
略称は「通急」。平日、上りのみで運転される非急行利用者向けの救済列車
途中の利用者も多い西武鉄道ならではの種別と言える。
特急
池袋線系では西武秩父発着の「ちちぶ」と飯発着の「むさし」、野球開催日に西武球場前発着で運転される「ドーム(旧スタジアムエクスプレスローズエクスプレス)」の三種が運行されている。
には特急券が別途必要になるが、較的安い。
通勤や買い物での需要も多くあり、平日はそちらの面が立つ。
現在は「レッドアロー車両での運行となっているが、2018年度からは新車両の運行が開始される。
S-TRAIN
2017年3月25日から運行している有料座席列車。使用車両西武40000系
平日所沢駅豊洲駅有楽町線)間、土休日西武秩父駅飯能駅所沢駅元町・中華街駅みなとみらい線)間を運行する。
には座席定券が別途必要になる。西武鉄道のほか、東京メトロ東急横浜高速鉄道とまたがって運行するため、乗区間によっては割りと高く思えることも。
なお、使用車両の都合により、一部はロングシートとなる。

廃止された種別


通勤快速
1988年に上り1本のみ設定された種別。所沢始発で設定され、後に小手指始発(一時期は飯始発)となる。所沢池袋間は大泉学園しか止まらないと言う変わった種別であった(後に東久留米にも停)。
2001年12月止された。
区間準急
1998年3月有楽町線直通列車が増加し、池袋発着列車が減少したため、中村富士見台・練馬高野台の救済的で設定された列車池袋練馬間のみノンストップであった。先ほどの3のためだけに設定された種別であり、その他のにとってはあまり意味がい種別であった。2003年3月止。
なお、ダイヤ乱れ時に練馬以西は各駅停車となる準急が運行されることがあり、案内表示で「区準」と表示される場合がある。

路線図


西武池袋線と一体となって運行している西武秩父線の路線(野~西武秩父)も掲載する。

:停平日のみ停:通過、西武有楽町線直通のみ停
:臨時停

次へ»
最終更新日: 17/05/15 13:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ