ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


西部警察


ヨミ: セイブケイサツ
掲示板をミル!
115カキコ!

西部警察とは、石原プロモーション制作し、テレビ朝日系列1979年1984年に放送されていたテレビドラマシリーズである。1980年代を代表する刑事ドラマの1つである。


概要


警視庁西部警察署捜課の大門部長刑事渡哲也)と刑事舘ひろし)をはじめとするその部下たち(大門軍団と呼ばれている)と上木暮課長石原裕次郎)が悪犯と戦う姿を描く。

シリーズ後半からは石原良純も登場。 

日本テレビドラマ常識はるかえた手な爆破シーンカースタント、特殊マシン、男達の熱い人間ドラマが評判を呼び、シリーズ化された。
シリーズ後半の「Part2」以降になると地方ロケも敢行するようになり、札幌では豊平川カーチェイス静岡では静岡駅前にヘリを着陸&浜名湖で船を爆破、名古屋では工場の巨大煙突を横倒し、広島では路面電車広島電鉄予定の本物)を爆破させ、福島山中に総工費3000万円を掛けて建設した要塞を一にするなど、そのド手な演出はさらに過になっていった。

この「西部警察」のルーツとなったのが、1970年代後半に日本テレビ系で放送されていた刑事ドラマ大都会シリーズすでにこの頃にド手な演出や熱血刑事達の熱い人間ドラマという構造は出来上がっていた。
人気ドラマだったが、テレビ朝日石原プロに破格の条件を提示したのが決め手となりに一度シリーズを終了。実質的にそのまま移籍させる形で、1979年テレビ朝日で始めたのが「西部警察」である。
この際に提示された破格の条件というのは、広告代理店を介さずに直接放送石原プロが買い付けて放送するという現在日本の放送界ではしい形式を容認するというもの。この番組の成功によってそれまで多額の借を抱えていた石原プロは借済した上に大な利益を獲得したという。

1984年最終回3時スペシャル大門が殉職し幕を閉じた。
2004年に一話限りで復活2時スペシャルで放映された。その中では大門は生きていて捜課長になっておりPart2以降とは別の時間軸上にある物語として設定された。

この作品のを越えてドイツにまで広がり、1996年からRTLテレビにて「アラームフォーコブラ11」の名で放送を開始。特殊車両がない事以外は基本的に日本と同様の爆破・カースタントシーンが繰り広げられ、本家える長寿番組にまで成長している。


パートごとの西部警察の特色


西部警察は「西部警察」・「西部警察PART2」・「西部警察PART3」の3部構成となっている。いずれにも作ごとの特性があるのだが、ここでは各々の説明をする。


西部警察


1979年10月14日から1982年4月18日まで放映されたもので、後続がPART2・3とあるので、サントラなどでは便宜上、西部警察PART1と言われることがあるが、ここでは表記なしで統一をする。

大都会シリーズの直接的な後継として局を変更したうえでスケールアップしたのがこの西部警察である。とは言え、基本的な雰囲気は大都会PART3を踏襲しているが、ドラマ性の付けや設定の復活など大都会PART2のエッセンスを混ぜたものとなっている。

ただし、放送時間がまったことや日曜日ということでファミリー層への対応として大都会PART3で見られるバイオレンスさは抑えられている。

1~30話

のっけから装甲車を使い、都内を走り回るなど、視聴者へのインパクトは十二分であった。また、舘ひろしの加入により、バイクアクションも恒常的に見られるなど、大都会時代とべても差別化が図られている。OPでは出演者の名前のみである。

31話~44話

刑事殉職によりい舘ひろしが一旦、降し、新たに加納竜演ずる桐生一馬が加入。バイクアクションはお預けとなったが、桐生刑事カーマニアという設定上、カーアクションに重点を置くようになった。OPが変更となり、役名と出演者の名前が併記されるようになった。冒頭のジャンプカーアクションは26話の「友情の捜線」での1シーンスローモーション再生したもので、これはPART1最終回まで流されることになった。また、一部SEの変更も行われている。

45話~54話

それまでの大都会シリーズの延長線上だった西部警察の方向性を変更し、決定づけたマシンXの加入により、その当時の科学技術では解決は出来ないであろう事件の解決に一役マシンXが買った描写が多く存在する。

55話~74話

兼子刑事殉職五代高之が降し、変わって北条卓刑事役で御木裕が加入。白バイ隊からの転入ということでバイクアクション生きると思われたが、実際は着任時のエピソードのみであり、むしろ当人の格闘によるところの描写のほうが多かった。

後の全縦断ロケに通じる大規模な九州ロケをはさみ、どんどん上昇しつつあった高い人気を示すかのようにアクション手となっていった。

75話~88話

桐生刑事ICPOへの出向・加納竜が降し、平尾一兵刑事役の峰竜太が加入大都会上条刑事をやってから約2年のブランクを挟んでの再デビューとなったが、だった上条刑事逆の軟刑事として、殺伐としがちな西部署捜課の癒しとなっていった。

89話~108話

番組では明言されていなかったが、88話収録中に木暮課長を演ずる石原裕次郎が解離性大動脈瘤を患い、一時降。世間一般として石原の病欠の理由は周知されていたが、番組内ではあえて匂わせないように制作をされていた。

とはいえ、非常に存在感の大きい石原がいない事を少しでも払拭するため、これまでは全く見られなかった二宮係長が本庁に対して一したりする描写といった具合にキャラ性を強くしたり、今なお伝説である運河の大ジャンプのようにアクションへのてこ入れも行われた。

109話~123話

舘ひろし村英次刑事として再加入、特別機動車両隊とともにバイクアクションを展開、同時に加入した特別機動車両サファリと共に石原のいない状態を補うがごとくのド手なアクションと展開した。

石原のいない時期より盛り上がっていた番組内のテンション松田刑事殉職話で最高潮を迎えていた。

124話~126話

123話で寺尾聰演ずる松田刑事殉職により降124話でに木暮課長役の石原裕次郎が再登板

とはいえ、この頃はおそらくは次回作であるPART2の構想も固まっており、言わば繋ぎみたいなものであり、いささかさみしいものであった。


西部警察PART2


西部警察126話終了から1カ程度のブランクを挟んだ1982年5月30日から1983年3月20日の全40話、約10カ放映されたシリーズである。西部警察の続編とは銘打ってるものの、出演者の変更や「自分でまいた種は自分で刈り取る」という大門軍団哲学の成り立ちなど、前作を踏襲しているとは言い難い個所も多く、前作とはパラレルワールドの関係であるというもあるほどである(実際、2004年リメイクにおいては大門が存命している)

三浦友和演じる沖田刑事クローズアップされることが多く、西部警察PART2自体が沖田刑事のためのシリーズともいわれる。またその当時勃し始めたバディもののエッセンスを取り入れ、沖田刑事相棒として、舘ひろし演ずる刑事がその後のあぶない刑事に通じるウィットとジョークを交えて時に2人で役をったりした。

ドラマ性もあった前作からべると、アクション面を前面に押し出しているため、ドラマ性は薄まっている傾向にある。

アクション面も都内でカーアクションがやりづらいという状況から、この頃より爆破などの方向性にを取り始めた。

何より大きいのは全縦断ロケであろう。

1話~14話

沖田刑事を交えて始まった西部警察PART2であるが、全縦断ロケを組み込んだことでPART2の方向性が決定づけられた。OPは前作の九州ロケにおける1シーントップに置いた。

平尾刑事衣装がブルゾンからスーツに変更

15話~35話

作より登板していた庄司永健演ずる二宮係長が降、新たな係長役には大都会PART3で加課長を演じた高城淳一佐川係長役として登板した。

またマシンXも退役となり、新たにスーパーZマシンRSが加入した。

一方で23話で特別機動車両隊に解散勧告がなされ、事件自体は解決をみたものの、これ以降に特別機動車両隊が出てくる場面がなくなったため、バイクアクション舘ひろし演じる刑事に特に注がいくようになった。また、この頃より沖田刑事刑事コンビを組んで捜に当たる場面が多くなってきた。

36話~40話

井上昭文演ずる刑事殉職により降、これは体上の理由によるものである。殉職は太陽にほえろ!以来のその当時における刑事ドラマお約束とは言え、ベテラン刑事の殉職はほとんど例のないものであった。代わって加入したのが八丈島より赴任した小林昭二演ずる南刑事である。

多くのドラマで善悪合わせて多く出演してきた大ベテランだけに、割合に待遇は優遇されており要所要所で重要な役割を果たすことになる。


西部警察PART3


1983年4月3日から1984年10月22日まで放映された。全68話+最終話の69回放送。

三浦友和演ずる沖田刑事人気により、当初よりも出演が長くなり、PART3序盤までは実質PART2の延長とも言えるような感じであった。

アクションシーンカーアクション地方ロケが多くなり、火量も多く手に爆破するスタイルが多くなった一方、都内でのロケは関係個所の許認可が難しくなり、初期の西部警察からすると明らか見劣りするものが多くなってきた。そのため、シナリオアクションの絡まないような、人情物などが見られるようになったものの、やはり番組の作からすればあまり合ってないと言えるようなものであった。

この他、回が進むとともに出演者に降が発生してきた。

1話~6話

いよいよ沖田刑事の余命がわずかとなる中で大門の明子との仲を絡めたストーリーが多くなっていく。なお、この間におけるOPはPART2のものを踏襲しており、PART3と銘打ってるものの、実質はPART2の延長ともいえるものであった。

7話~15話

三浦友和演ずる沖田刑事が退職・山へ消えたことをもって降。代わって、7話より柴俊夫演ずる山県刑事が赴任、シティボーイでスマートな沖田刑事とは逆にどこか泥臭い雰囲気で差別化が図られている。

また平尾一兵刑事装がスーツからジャケット+ネクタイに変更となっている

8話では石原良純演ずる五代刑事が赴任。それまでの一番若い北条刑事からさらに若い刑事として、初期の北条刑事暴走直向きさを見せつけてくれた。

また7話からOPが変更となり、北海道ロケにおける1シーンを置いた。また出演者が増えたことによる尺の都合からか、若干音楽が速くなっている。なお放送の順番が事情により入れ替わったことで11話「狙撃」のみ旧OPが使用されている。そしてこの回を持って課の山野事務員が降している。

16話~47話

マシン軍団にRS1・2が加入し、従来のマシンRSはRS-3に加入、カーアクションも最高潮を迎えるが、これが大いに生きるのは地方ロケが多く、このころより都内におけるカーアクションの頻度が減り始め、アクションをするにしても上ではなく、私有地が見受けられる。22話を持ってセブンママ役の吉行和子が降、47話をもって歌姫八木美代子が降する具合にやや出演者のさみしさが立つようになってきた。

48話~59話

マシン軍団の礎を築いたマシンXが破壊され、縦断ロケも滋賀京都大阪兵庫3部作をもって終了。前述したとおり、都内でのカーアクションを伴うロケが難しくなってきたので、全体的に作が人情ものであったりと西部警察の作とはやや合わない作品が見受けられた。

60話~最終回

刑事専用マシンとなるカタナRが加入したが、最終回まで9回までしか登場していない。そして68話になって、突然五代刑事大門刑事・明子の交際が描かれ最終回へとつながっていく。


大門軍団


西部署捜課の刑事の面々は「大門軍団」と言われており、犯罪者から恐れられている。その実績は検挙率が警視庁警察署の中で1番である事に示されている。

通常、大門軍団と言う場合は課長係長を含む事はく、現場に出る面々をす事がどである(詳細は「大門軍団」を参照)

太陽にほえろ!」程でいにしろ、殉職も発生したがリューのように栄転した者やオキの様に退職した者もいる。


次へ»
最終更新日: 20/10/05 01:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ