ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


認知バイアス


ヨミ: ニンチバイアス
掲示板をミル!
31カキコ!

認知バイアス(cognitive bias)は心理学の一種。人が物事を判断する場合において、個人の常識や周囲の環境などの種々の要因によって非合理的な判断を行ってしまうことをす。


概要


物事を判断したり決定したりする時は、できるだけかつ合理的に行うのが理想であることは言うまでもない。しかし人は得てして生活習慣、固定観念、局所的な危険、将来の懸念などの様々な外的あるいは内的要因により、非合理な判断を下してしまうことがよくあるものである。

判断を下す者が個人であり、されるもその範疇に治まるものであれば、起きる問題はさほど深刻なものにはならない。しかしそれを行う者が一つの集団、一つの組織、果てには一つの国家という大きな組みを動かす者だったとすれば、引き起こされる被害は計り知れないものになる。

重要な決断を下す際に誤った情報や固定観念に踊らされないためにも、常日頃からバイアス(先入観)の存在をきちんと理解することが必要である。


様々な認知バイアスの例



後知恵バイアス(Hindsight bias)


Aさん:この前起きたあの部署の離婚の話、旦那さんが1年間別の女性浮気していたそうだよ。

Bさん:だろうと思ったよ。そんな浮気性の男じゃ離婚するに決まってる。前々からそんな噂が 立ってたし、顔つきも浮気しそうな雰囲気だったしね。さんがかわいそうだ。

物事が起きてしまった後に、それが予測可であったと判断する傾向。「そんなことだろうと思った」と、まるで予め知っていたかのように振舞う心理的傾向をす。事後の後にされる結果論は、後知恵バイアスの典的な例である。

上記の例で説明するならば、”離婚の原因が旦那浮気である”という部分に後知恵バイアスがかかっている。Aさん情報がなければ、Bさんは浮気離婚の原因だと予測することができないからだ。普通であれば"さんが浮気した可性"も十分あり得るはずなのである。しかし「旦那浮気していた」ということを知った途端に疑念が確信に変わり、「Aさんに教えて貰う前から旦那浮気していると知っていた」かのように振る舞ってしまう。そして”原因を予測できていた”と錯覚し、満足感や優越感に浸ってしまうのである。

もし仮に本当に離婚の原因が浮気だったとして、そればかりにを向けて旦那批判するのは、やはり後知恵バイアスがかかっていると言える。旦那浮気した理由が、旦那が一生懸命働いているのに給料が上がらず、さんが旦那に日頃から罵倒を浴びせていたからかもしれない。そのストレスから逃れるために旦那浮気に走ったのかもしれない。そういった可性を考慮せずに旦那の方ばかりを批判するのは、偏に「旦那浮気した」という後知恵(バイアス)がしているからなのである。


確証バイアス(Confirmation bias)


Aさん:キャリアを選択する時は、大手企業に入ればまず安心だよね。

Bさん:中小企業倒産しまくってるのに、わざわざ選ぶ人の気が知れないよ。

ある仮説や信念があった場合、それを検証する際に肯定的な意見ばかりを集め、否定的な意見は視してしまう傾向。一言で言えば「人は自分が信じたいものしか信じない」ということである。

将来の事を考えた時に、「大手企業に入れば安心」と考えてる人はそのことを肯定する情報ばかりを集め始める。更には同じ意見を持つ人同士が集まり、長い時間を一緒に過ごすようになる。そして中小企業ベンチャー企業の低迷を見るたびに「やっぱり大手が一番だ」という思いが強くなり、果てにはそれらの企業で働いている人々を批判するまでになってしまうのだ。企業だけでなく学歴批判にも同じことが言える。

確かに中小企業は大手企業べて気に流されやすい。しかしそういった中で安定した運営を続けている企業も当然ながら存在するわけであり、それらを視して一緒くたに「中小企業は不安定」と決めつけるのは計だろう。加えて「大手企業に入れば大丈夫」という先入観も危険だ。グローバル化が進んでいる現在海外の売上高が低い企業は例え大手であっても安心はできない。昨今の大手企業の不振を見ればよく分かることである。


根本的な帰属の誤り、対応バイアス(Correspondence bias)


自分が就職できないのは社会が不だからだ。
あの人が就職できないのは本人の努が足りないからだ。

自分の身に起こったことは状況のせいにする一方、それが他人の身に起こった場合にはその人の問題だとしてしまう傾向。自分のミスを棚に上げて、他人のミスを糾弾する際に起こりやすい。また個人を重要視する西洋文化圏で起きやすく、集団を重要視するアジア文化圏では起きにくいバイアスであるとされる。

メカニズムは全には解明されていないが、理由としては他人を評価・判断する時は、周囲の状況よりも行動を起こした本人の方が立つため、そちらに注意が集中してしまうからだと考えられている。防止するには、同じ状況に陥った場合に自分や他人がどう行動するのかを自問する必要がある。


正常性バイアス(Normalcy bias)


結構大きな地震だったけど、ここまで津波は来ないだろうし自分は大丈夫だろう。

災害や緊急時に自分にとって都合の悪い情報視したり、過小評価したりしてしまう傾向。「自分は大丈夫」という根拠のない自信を持ってしまうことである。火災の際に野次が集まるのも例の一つ。

人の心は予期せぬ出来事に見舞われた際、パニックを防止ためにある程度までは正常な出来事と判断するメカニズムが備わっているとされている。かつては有事の際に人々が避難しないのはパニックのせいであると考えられてきたが、実際はパニックが起こることは少なく、現在では正常性バイアスが避難行動を取らない原因の一つであると考えられている。

災害が起きた際は被害を増やさないためにも、そして何より自身の身を守るためにも、正常性バイアスに踊らされないように注意しなくてはならない。


アンカリング(Anchoring)


今すぐ電話でご注文頂くと、
通常価格30,000円のところ先着5名様に特別価格10,000円でご提供

最初に印に残った数字や物が後の判断にを与える傾向。にマーケティングで利用されているバイアスであり、通販番組で「限定〇〇個」や「通常価格〇〇円→特別価格〇〇円」といった表記がされている時は、大抵このアンカリングによる購買意欲の刺を狙ったものである。

日本人は限定物に弱いことが解っており、「限定〇〇個」と表記されていると「限定なら価値があるだろう」という心理が働きやすい。また通常価格と特別価格の差を明記することでお得感を煽り、さらなる購買意欲の刺を狙っている。

しかし実際は「限定〇〇個」という呼びかけは番組の度に行っているので限定の意味は薄く、価格の明記についても通常価格の適正値がわからないので、特別価格が本当にお得なのかもわからない。通販番組の言葉をそのまま受け取ることは、必要のないものを買わされることにもなりかねないので注意が必要である。

ちなみにアンカリング効果は日常生活でも活用するとができ、例えば先生に提出するレポートを

の2通りをべると、前者よりも後者のほうが先生からの心が良くなる。
また、待ち合わせに5分遅れそうな時に

の2通りでは、やはり前者よりも後者のほうが心が良くなる。コミュニケーション次第では同じ労でも良い評価を得られやすいので、日頃から意識しておくと良いだろう。ただし「最初に印を与える数字」を間違えると、アンカリング効果を狙う前に相手の心を悪くしてしまうので注意が必要である。


バンドワゴン効果(Bandwagon effect)


あそこラーメン屋、いつも行列ができているから美味しいんだろう。

別名「勝ち効果」。ある選択肢を大勢の人が選んでいる時、その選択肢を選ぶ人を更に増大させる現。言い換えるならば「流行り物には人が寄り付きやすい」ということ。流行自体がそのものの価値を高めてしまうことをす。

特に選挙でよく見られるバイアスであり、マスメディア選挙予測情報などで特定補者が有であると報道されると、その補者対して更に票が集まりやすい。これは自身が投票した補者が落選すること=死票になることを嫌うからであり、特定補者を支持していない人ほど「どうせなら勝ちに乗りたい」という心理が働くため、バンドゴン効果のを受けやすいとされる。

逆に流行っていない、もしくは不利な状況にあるものに手を差し伸べたくなる心理を「アンダードッグ(負け犬)効果」と呼ぶ。補者の身内に不幸があったり、亡くなった補者の身代わりに親族が立補すると、同情票が集まって当選しやすくなる。有補者がどんなに安全圏にあっても強気の発言をしないのは「アンダードック効果」を回避するためであり、「自分一人くらいなら別に投票しても大丈夫だろう」という事態になるのを防ぐためなのである。


内集団バイアス(Ingroup bias)


私たち日本人は、他のアジア人よりも優れている。

自分が所属している集団(内集団)を他の集団よりも高く評価する傾向、もしくは高い評価の集団に属する人を高く評価してしまう傾向。これは「自分を高く評価してほしい」という欲求があるために、自分と同一視している集団の評価を高めることで、自分の評価も高くなったと思い込むためにおこる。また自分が所属する集団には好意的な態度をとり、それ以外の集団には差別的な態度をとることがある。

実際に活用されている例として、スポーツの日本代表戦の合間に流れるCMは内集団バイアスを狙ったものだを言われている。視聴者日本応援している時は「自分が日本人という集団の一員である」と強く感じており、その時に流れるCMも自分と同じグループの一員であると錯覚してしまう。そして日本代表戦のCMで見た商品やサービス意識的に優遇してしまい、結果CMの効果が飛躍的に高くなるのである。


ハロー効果(Halo effect)


この新入社員は関大学の合格者だからきっと優秀に違いない。

別名「後光効果」。名前元ネタは絵画などで見られる人の頭上に現れる輪のことであり、ある物事を評価する時に、顕著に立つ特徴に引きずられて他の特徴の評価がめられる傾向をす。ことわざの「あばたもえくぼ」、「坊主が憎けりゃまで憎い」はこのハロー効果を表わしている。

ハロー効果が起こる原因は物事の一面のみで判断するからであるが、実は原始時代においては生存に有利な考え方であり、遺伝的に受け継がれている思考のようだ。


ダニング・クルーガー効果(Dunning–Kruger effect)


動画製作始める前は簡単にできると思っていた。しかし実際に始めると難しいと知った。

人間ほど自分のを過大評価し、自分を客観的に見られなくなる(自分にいことが見えなくなる)現。自身を評価しようにも客観視するための知識が皆無であるため、根拠のない自信に囚われてまうのである。逆にが高い人間は、自分のを過小評価してしまう傾向にある。言い換えると「無知の知」。

実際の作業に携わらず、批判しかしない人間視すべきなのはこのためである。何故なら相応の知識もい者が、的確な批評をできるはずもないからだ。しかもこのバイアスは多くの人が意識の内に陥っている厄介な代物であることが知られている。もしあなたがこの言葉を初めて知ったとき、初めに他人の例を探し始めたのならば注意が必要だ。自分がそれに当てはまると想像できない、それこそが「無知人間は自分が無知であることに気づかない」というダニング・クルーガー効果の最たるものだからである。

ダニング・クルーガー効果は1999年に提唱されたが、効果自体は古くから2500年前の孔子の『論語』などで既に述べられており、上記の「無知の知」で有名なソクラテス、劇作家シェイクスピア生物学者のダーウィンなど多くの有名人が、経験則から本バイアスの存在を認知していたようである。


公正世界仮説(just-world hypothesis)


いじめは当然悪いことだが、いじめられている方にも問題があるかもしれない。

人間の行いに対しては必ず正な結果が返ってくると信じ込むというバイアス。私達の住む世界全に正にできている、言い換えれば因果応報は確実に起こる思い込むことである。

因果応報」や同種の言葉である「自業自得」は今日ネットではよくにする言葉であり、自己責任論の盛も相まって、他人の迷惑を顧みない行動をする人に災難が降りかかった際、嘲笑とともに炎上に発展するのはもはや風物詩となっている。「善人には正しい利益を、悪人には厳しい懲罰を」という勧善懲悪の思想は、社会規範を構成する重要な要素であり、それ自体は咎められるようなことではない。正であるその理念は、々の心に安寧をしてくれる存在だからである。

ところが中には因果応報の思想を重要視しすぎるあまり、それを絶対的な真理と信じ込んでしまう人達が少なからず存在する。彼らはあくまで「原因には相応の結果が付随する」という意味でしか因果応報を「結果があるなら相応の原因があるはず」と逆転して解釈しているのである。上の例文はその最たるものであり、不幸が起きたならば本人に原因があるかもしれないと思い込み、加者を差し置いて被害者の周辺を粗捜しし、最悪は被害叩きに結びつけるのである。

この行動の裏には「理不尽な不幸はありえない、認めたくない」という心理があるのだが、この世の全てが正ではなく、理不尽で溢れかえっているのは当然のことである。世の中の理不尽をなくし、正なものへと近づけるのは良いことであるが、それに傾倒しすぎるあまり、理不尽に有りもしない原因をめるような事にならないよう気をつけたい。


関連動画


認知バイアスに関するニコニコ動画動画紹介してください。


関連商品


認知バイアスに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


認知バイアスに関するニコニコミュニティ紹介してください。


関連項目



最終更新日: 20/05/09 15:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ