ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


調教


ヨミ: チョウキョウ
掲示板をミル!
235カキコ!

調教(ちょうきょう)とは、調えること。調節と育など。特に以下の意味などで使われる。

  1. などの動物らしたり、演技の訓練をさせること。
  2. サディストマゾヒストを言いなりになるようにすること。
  3. VOCALOIDの音を編集すること。

概要


一般的に調教と言えば猛など動物の訓練をすことが多い。中国語由来の日本語で有り、中国語でも調教は「調教」または「调教」と書く。

転じて、日本ではSMプレイにおいて、S側がM側を従わせる、あるいは従うようにさせることも調教と呼ぶ。これは動物の「調教」の意味をそのまま人間に当てはめたもの。

また、インターネットではVOCALOIDあるいはそれに類する音声合成システムにより生成された機械的な音を、流暢な状態に編集・加工するための操作をすことがある。


調教(VOCALOID)


ニコニコ動画においては、「調教」とはVOCALOIDあるいはそれに類する歌合成システムによって生成された音に、了解性(歌詞が聞き取りできること)自然性(できるだけ人間に近いこと)のどちらか一方、いは両方が備わることを的とした編集・加工の操作をすことが多い。了解性や自然性を備えていると評価を得たVOCALOIDの音は「神調教」と呼称されることがある。また、これらの作業をするユーザーのことを「調教師」と呼称することもあるが、普及しているとは言い難い。

これらの呼称が生じた背景には、VOCALOIDからは実際にユーザー達の期待するような歌が出されないというジレンマがあったものと推測される。

一方で、一般的に調教という言葉は動物に対して用いる言葉であり、人間に対して用いる場合は侮蔑の意味を伴う。そのため、この呼称を人間性の付与されたキャラクターに対して用いることに嫌悪感を持つ者も少なからずいる。よって使用には状況への配慮が必要である。

「調教」(VOCALOID)を言い換え可な呼称としては、DTMにならった打ち込み初音ミク等の発売元であるクリプトン・フューチャー・メディア株式会社公式サイトに記載が見られる)や作業内容の実態に即して「編集」、音学の用である「調音」などが考えられるが、実際には「調声」という造(同字の仏教調声」(チョウショウ)の存在はあまり知られていない)が較的よく用いられた。海外では「Tuningがよく用いられる。ゲーム初音ミク -Project DIVA-』では、シンセサイザープログラマー・オペレーターのことをす用として、かつて日本国内で使われていた役職名「マニピュレーター」が採用された。この他、斜め上Pが「督唱」という造を提唱していた。


関連項目



最終更新日: 20/11/09 19:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ