ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


講談


ヨミ: コウダン

講談(こうだん)とは、人がる演芸の一つである。それを演じる職業を講談師という。また、江戸時代は講釈と呼ばれ、その名残で、講談師を講釈師と呼ぶことがある。


概要


音吐朗々とり上げて調子をとりながら、読み物を読み上げ、聴衆に聴かせる話芸。テーマとなる題は軍記物、政談、武勇伝、人物伝、伝承などで、史実や伝承に基づいたものが多く、江戸時代から教養の側面を持っているのが特徴である。

また、演が1時間以上に及ぶものもあり、それを何回かに分けて話す演もある。これは、江戸時代講釈小屋にて客を引き込むために、これから更に盛り上がるところでお開きにして、聴衆をまた小屋に呼び込む商売術の名残である。

有名な屋号に一龍斎、神田堂、宝井などがある。また、後述する落語を演じる噺と違い、女性講談師が多いのが特徴である。また、立川談志のように講談、落語の双方演じる噺もいる。また、一龍斎貞友のように声優と講釈師の二足鞋もいたりする。

余談だが、講談は大手出版社「講談社」の由来にもなっている。


落語との違い


落語との違いは以下のようなものがある。

また、講談に似た演芸で、浪曲(浪節)というものがある。浪曲は、三味線バックに拍子木などで調子をとり、節をつけながらるものである。一方、人物の台詞などは講談のように朗々とる。

これが浄瑠璃、義太夫節となると人物のりなども含め、全てに節がつき、ほとんど歌のようなものである。

つまり、こういう並べ方ができるだろう

りが浄瑠璃 > 浪曲 > 講談 > 落語 (台詞


関連動画



■sm12052050[ニコ動]

■sm12769006[ニコ動]


関連商品


■azB005GYC06W


関連項目



最終更新日: 18/11/13 00:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ