ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


警察小説


ヨミ: ケイサツショウセツ

警察小説とは、警察官や警察組織を題材にした、ミステリーハードボイルドに属する小説のこと。

この項では日本の警察小説について触れる。


概要


ミステリー明期において、警察官はシャーロック・ホームズのような民間人の名探偵の引き立て役という役回りが多かった。日本においてもそれは同じで、警察官の名探偵が登場するのは戦後になってからである。その代表格は哲也貫警部&丹那刑事コンビだろう。

1958年松本清張が『点と線』で社会ミステリーの大ブームを巻き起こす。これにより、天才的な素人探偵ではなく、普通刑事が地に事件を捜するタイプの、リアリティを重視した推理小説が中心になっていく。この時代における現代の警察小説に近い作例としては、藤原審爾『新宿警察シリーズが代表格。

70年代から80年代には西村京太郎十津川警部シリーズの大ヒットトラルミテリーブームが起こる。またテレビでは刑事ドラマお茶の間で高い人気を呼んでいた。しかし刑事ドラマ盛に対し、推理小説としての警察ものはあくまで「推理小説」という大きなくくりの中に取り込まれ、「警察小説」というジャンルとして認識されることはほとんどかった。

トラルミテリー人気と並行して起こった、80年代からの冒険小説ハードボイルドブームでは、刑事部と公安部の対立を描いた逢坂剛の《百舌シリーズや、一匹のキャリア刑事鮫島が活躍する大沢在昌の『新宿シリーズヒットし、警察組織をよりリアルに描いた作品が増える。高村薫合田雄一郎シリーズや、アサの音貴子シリーズなども登場し、現代の警察小説での定番ネタ(キャリアとノンキャリアの関係とか、警視庁神奈川県警の不仲とか)はこのあたりで確立された。しかしこの頃も、警察小説はミステリーハードボイルドという大きなくくりの中のサブジャンルという位置づけに近かった。

そんな日本の警察小説が「警察小説」というひとつのジャンルとなったのは、1998年横山秀夫デビューがきっかけだったと言えるだろう。それまで警察小説のほぼ全てが刑事の捜活動を描いたものであったのに対し、横山秀夫は管理部門の職員を扱って、警察小説に企業小説スタイルを導入し、警察組織の特殊性と人間ドラマのぶつかり合いを描いた。これが大ヒットしたことで、「警察小説」がひとつのジャンルとして脚を浴びる。

00年代半ばには佐々木譲シリーズ今野敏の『隠蔽捜査シリーズなどが登場し、ジャンルを牽引。また堂場一などが文庫書き下ろし警察小説というジャンルを開拓する。安定して視聴率のとれる刑事ドラマの増加と合わせて、現在は若者から中高年まで幅広い層に読まれる一大ジャンルとなった。海外を見回しても警察組織ものがこれほど多様化し広範に読まれる傾向は類例がなく、「ガラパゴス進化を遂げた」とか評されることも。

ともかく、普通刑事ミステリーから、公安もの、悪徳警官もの、女性刑事もの、管理部門もの、果ては月村了衛機龍警察シリーズのような近未来SFまで、様々な警察小説が日々書かれ続けている。


大百科に記事のある警察小説の作家・作品



関連商品


■az4334766986
■az4087451666
■az4167659018
■az4101223211
■az4101321531
■az4150309930


関連項目



最終更新日: 18/04/16 03:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ