ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


豊登


ヨミ: トヨノボリ

豊登とは、力道山時代とジャイアント馬場時代の合間に日本プロレス界を支えた元大相撲力士、元プロレスラーである。
1931年3月21日生まれ。福岡県出身。故人。

本名は定野大相撲時代は身長173cm、体重105㎏。レスラー時代は身長174、体重114㎏だった。


概要


大相撲時代は立浪部屋に所属し、豊登の四股名で1953年9月場所で十両優勝する。1954年3月場所で幕内昇進し、最高位前頭15枚まで昇進するが、3場所勤めたあとで親方ともめて業する。幕内時代の成績は21勝19敗5休。

1954年10月日本プロレスに入団。11月茂原市宮島富雄を相手にデビュー。その後、力道山タッグパートナーとして第3代アジアタッグ王座に就く。
1963年力道山が亡くなると、ポスト力道山として日本プロレスエースとして1964年1965年ワールドリーグを制する。1964年12月にはザ・デストロイヤーを破ってWWA世界王座き、1965年には日本プロレス社長に就任。短い間だが、「豊登」時代を築いた。しかし、ギャンブル狂で会社の100万単位で横領しては競輪競馬競艇などですりまくり、吉村明らに非難を受けて日本プロレス社長の座を退任。そのまま日本プロレスそのものも退社した。


東京プロレス設立 アントニオ猪木略奪 


1966年3月アメリカ遠征から帰しようとするアントニオ猪木ホノルルで密会し、「日本に帰ってもジャイアント馬場の2番手だ。の団体に来たら社長エースにしてやる」と口説き落とし、猪木を伴って帰。同年10月12日に蔵前技館で東京プロレスを旗揚げした。

だが、会社を私物化してギャンブルに走るのは日本プロレス時代から変わらず。さらにテレビ局が付かないなどの経営の悪化から、口説き落とした猪木と決裂。東京プロレスは3ヶで崩壊し、猪木日本プロレスに復帰。豊登はプロレスに移籍する。


国際プロレス移籍、そして… 


プロレスに入団してからは、1969年パリでIWA世界タッグを獲得(パートナーストロング小林)。実績のあるベテランとして、小林とともにプロレスエース格として活躍していたが1970年1月9日に「小林、(グレート)草津、(サンダー)杉山、(ラッシャー)木村が育ってきたので、このあたりが潮時」とコメントし、38歳で現役引退を表明。2月11日板橋区体育館で10カウントを鳴らす引退セレモニーを行なった。
ちなみに、これが日本で最初のプロレスラー引退式だと言われている。

その2年後、アントニオ猪木新日本プロレスを旗揚げすると、3月6日大田区体育館の旗揚げ戦で現役復帰。翌年2月まで、容の乏しい新日本プロレスヘルプしたが、坂口征二日本プロレスから新日本プロレスに移籍すると42歳で今度こそ全に引退した。

引退後は1974年10月大木金太郎戦で特別レフェリーを務めたり、1989年2月22日の新日武道館大会でのユセフ・トルコ引退セレモニーに来賓として姿を見せたが、それ以降はプロレス界の表舞台からは姿を消した。

1998年7月1日に急性心不全で死去。享年67歳だった。


得意技


体格は称で174と当時のプロレスラーとしては小さい部類(例えるなら、関本大介がもう少しあんこになったような感じ)だったが、パワー日本人プロレスラーの中では屈の実を誇っていた。典的なパワーファイターで、エルボースマッシュベアハッグで攻め立て、逆エビ固めや各種バックブリカーでフィニッシュというのが勝ちパターンであった。
ザ・デストロイヤーとのWWA世界王座戦でもデストロイヤーテクニック力技で封じ込み「まるでと闘っているようだ」と言わしめた(ちなみにデストロイヤーレスリングベアと呼ばれるレスリング用に調教した本物のと試合したことがある)。

技ではないが、両腕を前で交差させ「パコン、パコン」といい音を鳴らすムーブが有名だった。映画キングコング対ゴジラ」でも、ゴジラが「パコン、パコン」と腕を振って音を鳴らすシーンがあるくらいで、極端な話を言えば豊登=パコン、パコンと言い切ってもいいくらいである。なお、外国人選手はこの音を嫌がっていたという。


エピソード



関連動画



■sm10003563[ニコ動]

■sm10240031[ニコ動]


関連商品


■azB00005IM9K
■azB00005IMA3


関連項目



最終更新日: 14/05/17 14:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ