ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


豊肥本線


ヨミ: ホウヒホンセン
掲示板をミル!
7カキコ!

豊肥本線とは、JR九州の路線である。


概要


豊肥本線
概要
終点 起点:熊本駅
終点大分駅
37
基本情報
開業日 1914年4月1日
所有者 九州旅客鉄道
使用車両 使用車両を参照
路線諸元
路線総延長 148.0km
軌間 1,067mm
電化方式 交流20,000V・60Hz
電車方式
熊本-肥後大津、下信号場-大分

鹿児島本線熊本駅日豊本線大分駅を結ぶ地方交通線。このうち熊本駅~肥後大津駅間は交流電化されており、鹿児島本線からの列車乗り入れに対応している(電化以前から有明前寺乗り入れは行われていた)。 残りの肥後大津駅大分駅間は非電化である。称は「阿蘇高原線」。起点は熊本駅であり、営業上も熊本方面行きを上りとして案内している。

久大本線同様に九州を横断する形で建設されており、ルート的には九州横断新幹線と同じルートである。但し、九州横断新幹線の建設の処は立っていない(後述)。
また、電化区間である熊本駅~肥後大津駅間では鹿児島本線から「有明」が多数乗り入れていたが、九州新幹線博多延伸に伴い「有明」の運転区間・本数が縮小され、乗り入れは止された。

な経由都市熊本県大分県竹田など。沿線には観光地としての「」がある事もあり観光特急が運行されている。「九州横断特急」が別府駅から運行されている他、「ゆふDX」運用から外れたキハ183系1000番台が初めて豊肥本線に入り「あそぼーい!」として運行されている。

カルデラ九州山地を貫くこの路線は、などの災害が発生しやすく長期間不通となることが多い。2012年7月九州北部では橋梁流出や路盤流出が発生。から1年後の2013年8月に全線で運転を再開した。また、平成28年熊本地震では、2度の震度7の地震により肥後大津間で大規模な土砂崩れが発生。長期間に渡る復旧工事を経て2020年8月8日に全線復旧した。


豊肥本線に関する計画



九州横断新幹線


大分市熊本市を結ぶ新幹線路線で、起点は四国新幹線東九州新幹線大分駅終点九州新幹線熊本駅
四国新幹線との乗り入れが行われる可性もありえる路線である。

基本計画のみがあるだけで経由地は特に明示されておらず、建設の処も立っていないのは前述の通り。
現在の豊肥本線では全線を走破する特急が2往復運行されているものの、その他の多くの列車は区間運転になっている事もあり九州横断新幹線が実現する可性は極めて低い。


熊本空港アクセス鉄道計画


熊本空港へのアクセス善を的に計画されている路線である。

熊本空港熊本市中心部から約20km離れており、バスを利用しても1時間以上かかることが問題となっていた。この状況を善するために鉄道路線の整備が検討されている。2004年から検討を開始し、採算性を理由に2007年に一旦凍結したが、熊本空港の利用者数が増加したことから2018年より検討が再開された。

具体案として、①豊肥本線三里木から分岐・延伸し、熊本空港に乗り入れる案、②肥後大津駅からモノレール熊本空港に乗り入れる案、③熊本市電を延伸して熊本空港に乗り入れる案の3案が検討され、現在、①三里木分岐延伸案を軸に検討が進んでいる。三里木から熊本県民総合運動公園経由で熊本空港を結ぶ計画で、線路・車両第三セクターが所有し、JR九州に運行を委託するとしている。しかし、豊肥本線の線路容量はすでに逼迫しており、列車本数を増やすのは困難であることや、肥後大津方面への輸送の低下が懸念されている。


駅一覧


太字は有人:停 :一部停・通過。


次へ»
最終更新日: 20/08/08 10:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ