ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


豊臣秀頼


ヨミ: トヨトミヒデヨリ
掲示板をミル!
139カキコ!

豊臣秀頼(とよとみ ひでより)とは安土桃山時代から江戸時代の人物。1593年生まれ、1615年没。


概要


下人となった太豊臣秀吉の跡取りであり、彼の3人息子であると言われている。は側室であった浅井長政茶々淀殿)で異羽柴秀勝(石丸)、同豊臣(棄丸)がいる。妻は徳川秀忠・千で、他の側室達との間に息子豊臣・奈秀尼)がいる。

秀吉57歳という高齢の頃に生まれており、そのことが様々な憶測やドラマを産むこととなる。


生涯


4年の短い人生を終えたの死の2年後に誕生。それによって親戚で秀吉の養子でもある豊臣秀次小早川秀秋の後継者としての立場は危うくなり、秀は養子に出された。既に関白の地位を秀吉から継承していた秀次は秀頼との兼ね合いに苦心し、秀頼と自分のの縁談を結ぶなどしていたが結果的には切腹を命じられた上に一族郎党も粛清されてしまう。

秀吉は幼い秀頼を補佐させるために、五大老・五奉行を用意するなど環境を整えていった。1598年には秀吉が逝去、5歳の秀頼は豊臣督を継承して大坂城に移った。しかし、政権内での権闘争は深まる一方で、徳川家康が徐々に導権を握っていく。

7歳の頃には関ヶ原の戦い(1600年)が勃発。石田三成毛利輝元ら西軍も徳川家康ら東軍も戦いの大義を秀頼のためとしており、勝利した家康を秀頼は忠義者と労った。しかし、戦後処理で家康に所領を勝手に分配され、秀頼は一大名に転落してしまう。それでも影は保っており、10歳の頃には家康の孫方の従妹・千結婚した。

15歳1608年)の頃には側室との間に息子が誕生、翌年には別の側室との間に・奈秀尼)が生まれている。

18歳の頃には上して家康との会見が実現したものの、豊臣と徳の関係は微妙な状態が続いていた。

その3年後の1614年には大坂冬の陣が勃発。徳幕府との戦いとなり、既に豊臣に協する大名は少なく、大坂城に駆けつけたのは関ヶ原西軍に与して易された元大名や浪人達であった。寄せ集めの軍で統制はよろしくなく、意見が対立することが多かった。大坂城の防御により戦況は優勢だったが幕府軍が絶え間ない撃を行うことで和議まで持ち込まれることとなる。秀頼は反対したとされるが、大坂城内は大筒の撃でしく動揺していた為に和議となった。この和議で大坂城は埋められの一部は破壊されてしまった。

和議が結ばれても関係善には至らず、翌年には大坂夏の陣が勃発。最終的に豊臣軍は敗北。秀頼と淀殿、重臣の大野治長らは自害したと伝えられている。享年23歳(満21歳)。


人物


小柄であったとされる秀吉と違って、身の丈6尺5寸に体重43貫(身長197cm、体重161kg)であったとされる巨方の祖浅井長政も大柄、祖お市の方長身であると言われているので隔世遺伝なのかもしれない。成長した体から醸しだされる威厳に家康が恐怖したとまでする記録もある。

好物は蒲鉾


父親の話題


秀吉と体格が違いすぎること、遅くに生まれた子供であることなどから本当は秀吉子供ではないのではないかと言われることがある。秀吉がなかなか子供に恵まれていなかったこともその噂に拍をかけており、同も含めて秀頼兄弟父親については諸説ある。

よく挙げられる名前には石田三成大野治長などがある。三成は浅井ゆかり深い近江出身、治長の淀殿であったなどの理由で創作物などでは彼等との仲が取り上げられることも多い(ただし秀頼は生年日が記録されている人物なので、淀殿が秀頼を授かった時期をある程度推測することができる。それによると、当時朝鮮半島に渡っていた三成であるとは考えにくい)。

しかし特に決定的な拠があるわけではなく、徳の治世において淀殿悪役とする為の流言や言いがかりでブーストされている側面もある。


死後



生存説


死体が発見されておらず、自害撃談がないことから伝説的な生存説が複数ある。薩摩の方に落ち延びたという逸話が多い。秀頼が生きていたかは、後の原の乱では天草四郎豊臣秀吉と同じ印を使ったことが秀頼生存説の論拠となっており、四郎は秀頼の落胤であるという説もある。


千姫


秀頼とは方の従兄妹同士(秀頼の淀殿茶々)と、千崇源院(江)が姉妹)。夫婦仲はよかったが子供が出来る前に大坂夏の陣で秀頼は自害してしまった。千大坂城から救出され、その件で坂崎直盛と一着あったものの本多忠勝の孫・本多忠刻と再婚して余生を過ごすこととなる。

秀頼と側室の間に生まれた奈を養女として助命嘆願している。


豊臣国松


秀頼と側室との間に生まれた息子で、奈とは異兄妹である。正室の子ではないせいか生後すぐに秀頼の伯母常高院ぎ先であるにあずけられており、砥石屋弥左衛門の養子となっている。大坂夏の陣と今生の別れの後、を脱出したが徳方の捜索で連行されて引き回しの後に斬首された。享年8歳。

同様に生存説などがある。


奈阿姫(天秀尼)


秀頼と側室との間に生まれた大坂夏の陣の後、異は処刑されたが奈は千の養女となり、寺に入ることで助命される。その後、尼僧となって東慶寺20代住職に。寺は縁切り寺として有名になった。37歳で死去。

の養育係は秀吉の側室で女ながらに武勇で知られる甲斐姫であったと言われており、大坂夏の陣では果敢にも奈を守って敵中突破してを脱出、助命された奈と共に東慶寺で尼僧となったという逸話がある。


関連動画



■sm13086743[ニコ動]

戦国大戦

■sm24650496[ニコ動]

Ver3.0でやっと登場。兵種は足軽。時代は関ヶ原なので幼少期らしくショタである。
・統率共に1コストとしても物足りないが、特技は魅・防柵・豊と3つ所持している。

「こ、ここは逃げる!後は任せたよ!」

親を彷彿とさせる台詞と共に放つ計略は「後は任せたよ!」で、自分は自へ移動し、内にいる最も武の高い味方を戦場の中央ラインに出すというもの。更に副次効果で日輪ゲージも増える。

■sm26569568[ニコ動]

大坂の陣舞台を移したVer3.1では々しく成長した姿の秀頼が見受けられる。
コスト2で武6統率7、特技は制圧・防柵・魅の3つの足軽と悪くはい。

「結集せし英傑たちよ!そのきを余に見せてくれ!」

計略は「君臣豊楽」。エフェクト超絶爛と同じというのも感慨深い。ちなみに担当声優も同じだったりする。
計略内容は3.1で追加された結集計略中の味方を分離させ、その分離させたコストが多い程、武と統率と兵が上がる。


関連商品


■az4195986397
■az4757602855
■az4642064591
■az4046012021


関連項目



最終更新日: 20/01/09 22:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ