ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


財産


ヨミ: ザイサン

財産property、fortune、wealth)とは、個人や団体が占有する有体物や体物をす言葉である。
 


概要


個人や団体が占有する有体物や体物を財産という。

有体物の財産の中で、持ち運びできないものを不動産という。土地や、土地に定着するもの(建物)が不動産である(民法第86条[外部])。

有体物の財産の中で、持ち運びできるものを動産という。紙幣や硬貨といった現塊や宝石などの宝飾品、美術品、式などの有価券が動産である。

体物の財産の中で、人の創造的活動によって生み出されるものを知的財産という(知的財産基本法第2条[外部])。特許権著作権などが知的財産である。

体物の財産の中で、特定の人に対して行為を要する権利のことを債権という。銀行は、預者にとって銀行に対する債権であり、債権の典例といえる。
 

表にしてまとめると、以下のようになる。
 

解説
不動産 持ち運べない有体物
動産 持ち運びできる有体物
知的財産 人の創造的活動によって生み出される体物
債権 人に対して行為を要する権利(体物)

 

財産権と所有権と無体財産権

財産を占有する権利を財産権という。

有体物の財産(不動産または動産)を占有する権利を所有権という。

つまり、体物の財産を占有する権利を所有権と呼ぶのは、間違いである。ただし、日常会話では、財産権も所有権も同じような意味を持つ言葉として扱われる。

体物の財産を占有する権利のうち、著作権など知的財産を占有する権利、すなわち知的財産権体財産権ということが、日本法律界における慣例である(国税庁の資料[外部])。


つまり、所有権+体財産権(知的財産権)+債権=財産権 ということになる。

所有権と体財産権(知的財産権)は、排他性・独占性が高く、権利者が全面的に対を占有するという特徴がある。

一方で、債権はそれらと異なっており、排他性・独占性がやや低く、権利者特定の人の行為だけを要するだけで、特定の人を全面的に支配するわけではない。債権というのは財産権の中でも特別な存在だといえる。債権と所有権を較した文章は、債権の記事にあるので、参照されたい。



表にしてまとめると、以下のようになる。

それを占有する権利 権利の性質
不動産 所有権 排他性・独占性が高く、対を全面的に占有する
動産
知的財産 体財産権(知的財産権
人の行為 債権 排他性・独占性が低く、対を全面的に占有しない

 


資産と財産の違い


簿記世界では、資産assets)という言葉を使う。資産と財産は似ている概念だが、ある一点で異なっている。
 

資産は財産の一部

資産は、資本capital)として使われる財産のことである。資本というのは営利追求の事業活動の基のことをいう。

政府地方公共団体は、営利追求の事業活動をする団体ではないと考えられている。そのため、資産という言葉を使わず、財産という言葉を使う。有財産政府所有の財産で、有財産地方公共団体所有の財産である。


資産は、資本(営利追求の事業活動の基)になりうる財産である。つまり、財産の中で、市場価値があって換性があるもののみが資産と扱われる。

Aさんが、趣味の一環として、ペットボトルの蓋を収集しているとする。この場合、ペットボトルの蓋はAさんの財産である。ところがペットボトルの蓋に対して2020年5月1日現在、価値を感じる人が少なく、市場価値が非常に低い。それゆえ、「Aさんが所有するペットボトルの蓋は、資産にならない」と考える人が多いだろう。

財産と資産の違いをまとめた表は、以下の通り。

財産 資産
定義 占有する有体物・体物のすべてをす。 占有する有体物・体物のうち、資本(営利追求の事業活動の基)となるもののみをす。
市場価値や換 市場価値が低く換できないものも含むことができる 市場価値が低く換できないものを含むことができない
所有する団体 営利追求をしない的団体。政府地方公共団体など 営利追求をする企業
評価する人 所有者本人が価値を感じていれば、財産になる 所有者以外の多くの人々が価値を感じ、市場価値を認めることで、やっと資産として扱われる。所有者本人以外の評価が必要になる

 

負債なのに財産と扱う消極財産

Aさん趣味の一環として、河原に転がっている石を大量に集めて、自分のの敷地内に置く癖があった。河原の石はキラキラっているのでAさんにとって宝物であったが、Aさん以外の大多数の人にとってガラクタだった。

Aさんさんが計簿として貸借対照表を作成したとき、河原の石は、「一切の市場価値がなくて資産にならない。それどころか、自宅の敷地の一部を駄に占有するので食いであり、負債である」と考え、負債の部に河原の石のことを書き入れた。

 
以上の例で示されるのが、消極財産である。本人は財産と思っているが、貸借対照表では負債に入るものをいう。

消極財産とは、おもに相続のときに使われる法律である。

親が他界して、子が親の財産に属する権利・義務の一切を引き継ぐことを相続という(民法第896条[外部])。親の資産(土地・建物など)と、親の負債(借の返済義務など)を子が引き継ぐことになる。このとき、負債(借の返済義務など)を消極財産という。民法896条のうえでは財産と扱われ、貸借対照表では負債に入るものをいう。
 


関連リンク


Wikipedia記事


関連項目



最終更新日: 20/05/03 11:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ