ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


貴志祐介


ヨミ: キシユウスケ
掲示板をミル!
54カキコ!

貴志祐介(きし ゆうすけ)とは、日本小説家2ちゃんねるでは頭髪が薄いことをネタにされることが多い。


概要


1959年大阪市生まれ。保険会社に勤めながら投稿生活を続け、1986年にハヤカワ・SFコンテストに投じた短編「凍った嘴」で佳作を受賞(祐介名義)。受賞作は『S-Fマガジン』には掲載されず、翌年短編「の記憶」が掲載され商業デビューを果たす。しかしSFでは食っていけないと判断したのか、その後保険会社を辞めて再び投稿生活に入り、1996年に第3回日本ホラー小説大賞で佳作を受賞した『十三の人格 -ISOLA-』で「貴志祐介」としてデビュー。翌年、同賞の第4回で『黒い家』で大賞を受賞、ベストセラーになる。

現在は専業作家だが、1999年に出した『の炎』のあと、2004年に『硝子ハンマー』を出すまで5年、2008年に『新世界より』を出すまでまた4年と、基本的に寡作。本が売れた資を始めてけていたが、リーマンショックで大きく損失を出し、それを取り戻すために最近は執筆ペースが上がっているとの噂。

初期は登場人物が狂気に陥っていくホラーが多く、保険会社での経験を生かした『黒い家』、奇病がホラーへ直結する『天使の囀り』、デスゲーム小説としても質の高い『クリムゾン迷宮』ではその傾向を顕著に見ることができる。

青春倒叙ミステリの炎』からはミステリも書き始め、密室殺人を扱ったガチガチの本格ミステリ硝子ハンマー』で日本推理作家協会賞を受賞。「このミステリーがすごい!」では6位にランクインし、防犯探偵シリーズとしてしくシリーズ化。2012年には『鍵のかかった部屋』のタイトルドラマ化された。

2008年には幻のデビュー作「凍った嘴」を原とする大長編SF新世界より』を刊行し、第29回日本SF大賞を受賞、「SF読みたい!」第1位となり、2012年アニメ化2010年には久々B級サイコホラーした『悪の教典』で第1回山田風太郎賞を受賞、「このミステリーがすごい!」第1位く。直木賞にも今更のようにノミネートされたが受賞は逃した。

将棋で、二、三段の棋があるといわれる小説家としては有数の実者。将棋ベースにした特殊間のゲーム小説ダークゾーン』では第23将棋ペンクラブ大賞特別賞を受賞した。

前述の『鍵のかかった部屋』『新世界より』のほか、『十三の人格 -ISOLA-』『黒い家』『の炎』『悪の教典』が映画化されている。映画化作品には本人がカメオ出演するのが恒例。


作品一覧


◆は防犯探偵シリーズ

  1. 十三の人格 -ISOLA-1996年角川ホラー文庫→1999年角川書店
  2. 黒い家1997年角川書店1998年角川ホラー文庫)
  3. 天使の囀り1998年角川書店2000年角川ホラー文庫)
  4. クリムゾン迷宮1999年角川ホラー文庫→2003年角川書店
  5. の炎1999年角川書店2002年角川文庫
  6. 硝子ハンマー2004年角川書店2007年角川文庫) ◆
  7. 新世界より2008年講談社[上下巻]→2009年講談社ノベルス2011年講談社文庫[上中下巻])
  8. 狐火2008年角川書店2011年角川文庫) ◆
  9. 悪の教典2010年文藝春秋[上下巻]→2011年文藝春秋[新書判]→2012年、文文庫[上下巻])
  10. ダークゾーン2011年祥伝社2012年、ノン・ノベル2013年祥伝社文庫[上下巻]→2017年角川文庫[上下巻])
  11. 鍵のかかった部屋2011年角川書店2012年角川文庫) ◆
  12. 2013年角川ホラー文庫)
  13. ミステリークロック2017年KADOKAWA) ◆

関連商品


■az4041979013
■az4041979021
■az4041979056
■az404197903X
■az4041979064
■az4062768534
■az4062768542
■az4062768550
■az4167839016
■az4167839024
■az4396338678
■az4396338686
■az4041005361

防犯探偵シリーズ

■az4041979072
■az4041979080
■az4041002869


関連項目



最終更新日: 17/12/13 04:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ