ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


赤チン


ヨミ: アカチン
掲示板をミル!
6カキコ!
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

赤チンとは、

  1. として、消毒用に使われていた品「マーキュロクロム液」の通称。
  2. 赤飯歌い手)と歌うキッチン歌い手)のコンビ名。ネットラジオをやる際に、この名前を使うことが多い。

本記事では上記1.について扱う。


概要


日本における正式な商品名は「マーキュロクロム液」。「赤チン」とは俗称である。他によく知られる消毒ヨードチンキ」が色いのに対して「マーキュロクロム液」は赤色をしていたことから、「いチンキ」略して赤チンと呼ばれるようになった。

有効成分の「マーキュロクロム」は「メルブロミン」や「2,7-ジブロモ-4-ヒドロキ水銀フルオレセインナトリウム」とも呼ばれる。そのため「マーキュロクロム液」にも「メルブロミン液」という別称がある。一般的な「マーキュロクロム液」製剤は、原メルブロミンを約2%に希釈したものである。

ヨードチンキとべて傷口に染みない」「一度塗布すると消毒効果がある程度持続する」等の利点から、過去には外傷などへの消毒剤として世界中で広く使用されていた。日本においても例外ではなく医療機関において、また各庭や事業所・学校などの救急などにも常備されており、最盛期である1960年代には100社以上が製造していたという。


日本での現状


だが、「染色性があるため、い色が皮膚に染み付き、また衣服などに付くと落ちにくい」という欠点があった。そのため、1971年に発売された「マキロン」に代表されるような透明消毒剤が普及してくると赤チンは人気を失っていった。

また上記の別名称「2,7-ジブロモ-4-ヒドロキ水銀フルオレセインナトリウム」からもわかるようにマーキュロクロムには水銀が含まれている。この水銀環境負荷への問題から、1973年には内での原料製造も終了してしまった。

その後も「中華人民共和国から輸入した原メルブロミンを内で希釈する」という手法で内製造は続けられたものの、製造業者は減少を続けた。2000年代には3社のみとなり、2015年には1社が倒産して2社に。そして2018年末にさらに1社が製造を終了し、最後に残った1社の「三栄製」も2020年末での製造終了を決定した。そのため、日本国内における赤チンの製造の歴史2020年で幕を閉じた。


関連商品


■azB00F4M3UTW
■azB013QGMOL2
■az4101021155


関連リンク



関連項目



最終更新日: 20/12/20 17:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ