ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


超人機メタルダー


ヨミ: チョウジンキメタルダー
掲示板をミル!
337カキコ!
人機
メタルダー

とは、1987年3月16日から1988年1月17日にかけて放送された東映製作メタルヒーローシリーズ第6作であり、新たなヒーロー像を模索する過程で誕生したシリーズ初のロボット主人公にした特撮ヒーロー番組名及びその主人公。そしてメタルヒーローシリーズ一の打ち切り作品(全39話)であり、20年以上前に放送された「すぎた名作」である。 

ニコニコでは、東映特撮ニコニコおふぃしゃるにおいて2017年10月11日より配信開始。
毎週水曜午前8時に最新話配信、無料期間は72時間(※土曜午前8時まで)となる。

また2015年にはニコニコ生放送での上映会も実施されている。

[画像を見る] よ、よ、太陽よ!
心あらば教えてくれ。
なぜ、この世に生まれてきたのだ
[画像を見る]

 

メタルヒーローシリーズ
第1作 宇宙刑事ギャバン
第2作 宇宙刑事シャリバン
第3作 宇宙刑事シャイダー
第4作 巨獣特捜ジャスピオン
第5作 時空戦士スピルバン
第6作 超人機メタルダー
第7作 世界忍者戦ジライヤ
第8作 機動刑事ジバン
第9作   特警ウインスペクター
第10作 特救指令ソルブレイン
第11作 特捜エクシードラフト
第12作 特捜ロボジャンパーソン
第13作 ブルースワット
第14作 重甲ビーファイター
第15作 ビーファイターカブト
第16作 ビーロボカブタック
17 テツワン探偵ロボタック

概要


「超人機メタルダー」とは、 1982年の「宇宙刑事ギャバン」から続く東映オリジナル特撮ヒーローメタルヒーローシリーズの6作にあたる作品である。

大人気を博して三作まで続いた宇宙刑事シリーズを引き継ぎ、ジャスピオンスピルバンと新たなメタルヒーローの模索が続いた中で現れた異端児とも言える。主人公メタルダーの外観がツートンカラーな点やコンセプトの類似から「人造人間キカイダー」のオマージュ的な面も考えられ、単なるかっこいいヒーローに留まらない「人間性あふれるロボットヒーローを産み出そうとしたと言える作品である。

「超人機メタルダー」は、それまでのメタルヒーローシリーズと異なり、

といったリアル嗜好を追及しようとしたと思われる点が多く見られる。主人公メタルダーは、戦う的どころか戦うという事そのものの意味すら理解していない状態で、初陣で敵に敗れるという快挙まで達成させてしまっている。

11話にいたっては変身前の流星の状態のメタルダーが登場しない。しかも本編中の視点は敵であるネロ帝国に所属するビッグウェインとゴチャックで、それらによる仮面劇の果てにこの回だけは役を譲った本来の役が悪役っぽさも感じる内容となっていたりする。

初陣で敗れてに向かって叫び、ロボットだけど苦悩しながら一歩ずつ着実に成長し、悲劇的な、でも本人は納得の最後を迎えるくメタルダーや、敵組織のロボットなんだけどものすごく尊敬できて女性ロボットを育んだがいたり、モンスターだけどさんと子供がいて、二人の為に組織内では虐げられているけどがんばったのに組織の者はも認めてくれず、一認めたのは敵であるメタルダーだった。といった独特の「重さ」を直接視聴者子供にぶつけてみる等、新しいものを生み出そうとする精にあふれた内容に当時のメイン視聴層が大人になった現在メタルヒーローの中でもギャバン級の人気を誇っている。

しかし、本作においてその新たなヒーローを生み出そうとした事は成功したとは言いづらく、ドラマを重視しつつも、戦闘シーンの表現等はそれまでのお約束的な範疇だった為にドラマ部分と特撮部分が乖離している感が否めず、メタルダーに手な低年齢層向けギミックく、特に主人公である流星がそれまでのヒーロー物の主人公からは少し逸脱した緊感がおっとりしたキャラであった為か視聴率は苦戦し、途中で放送の時間帯から休日に変更になっても上昇しなかった事等もあってか、メタルヒーローシリーズ初の打ち切りの憂きにあっている。

なお流星については、しゃべり方や見た等に「かっこよさ」を見出しづらい点があるのは事実なのだが、これは、メタルダーが「生まれたての赤ん坊」から始まり、変身(=転)は「怒る!(いかる)」と、正義の怒りが爆発する条件がつけられていて、ストーリー的にも最初から敵を倒す事に突き進んだわけでもない。そのような何も解っていないところと、怒りが爆発した後での苛さの差別化を表現しようとしたものではないかと思われる。

まさにすぎた逸品な「超人機メタルダー」だが、そういったマイナスな結果も含めて、当時子供だった多くの大きなお友達の心に残っているヒーローである。事実、20年を経過した現在では80年代特撮ヒーロー傑作と呼ばれるが多く、DVD-BOXでは特典のついた限定版として発売される等、かみ締めるほど味の出る作品であったと言える。

その他「超人機メタルダー」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照の事[外部]


あらすじ


世界大企業隠れ蓑に暗躍する帝王ゴッドネロス率いる悪の組織ネロ帝国」。

ロボット工学の権威「古賀竜一郎」博士は、帝王ゴッドネロスに対抗する為に、自らが第二次世界大戦時に開発して富士山麓の秘密基地に眠らせていた人造人間人機」を復活させようとしていた。その外観は博士の戦死した息子にそっくりだった・・・

は、誰だ?」
君の名は流星

自分の存在意義・的をも把握する暇もく、 敵の牙にかかり倒れた古賀博士を確認した流星は叫ぶ!

「怒る!」
(いかる)

正義の怒りを爆発させて超人機メタルダーへと転した流星は、戦う意義も見出せぬまま凱クールギンに敗れ、自らの存在意義を、に、に、太陽に問う。

ネロ帝国との壮絶な戦い。好敵手であり友「トップガンダー」との出会いと別れ。

仰木舞や自称ネロハンター北八荒らの協によりゴッドネロスを追い詰めるメタルダー。

そして最後、彼がする者達の為に悲しい決断を自らに下すのだった…。


瞬転!超人機メタルダー


流星つるぎりゅうせい)の正義の怒りが爆発し、「怒る(いかる)」と叫んで転した姿がメタルダーである。

元々は第二次世界大戦中に古賀博士によってつくられ人造人間人機」であり、人の姿は古賀博士息子夫がモデルになっている。夫が音楽好きだったことからサックスを吹くことができる。

良心回路自省回路と呼ばれる特殊な装置が取り付けられており、本来兵器を前提として開発されたものでありながら博にあふれている。転も、本当に怒りが爆発ブチ切れる)様な状態でないと出来ない(という設定)。

また、当初は人間を殺すことが出来なかったが、ヒドーマンのおかげで殺していい人間とダメな人間の区別がつくようになったり、自分の戦う的を4話かけて見出す等、ロボットながら精的に成長していったヒーローだったと言える。

キカイダーへのオマージュともとれるの2色のイメージカラーを半身ごとに分けているのは、戦闘回路と自省回路のバランスをとろうとすると、イメージカラーが半々な状態なのがベストで、且つこの状態でお互いの回路に刺をあたえるような経験をつむことでパワーアップをはかるという設計になっている為である。

当時の日本徴するかのように手持ちの武器ももっていない。まさに、

「争いを好まぬ武器い」

状態である。そりゃトップガンダーもあきれるね。

故に戦闘スタイルおよび必殺技は基本的に肉弾戦且つ接近戦である。

切れるとボッコボコにする典的な武闘といったところか。

スペック
身長:190cm 100mを1.5 パンチ:厚さ100mmの鉄板をぶち抜く
体重:250kg ジャンプ150m キック:厚さ200mmの柱をへし折る
必殺技
レーザーアーム 高速で振動させた手で敵を両断するメタルダーの代名詞な必殺技
メカニック
シルバーカークス 旧日本軍大本営跡に隠されたメタルダーの地下基地。
サイドファントム 飛行を持つサイドカーサイドカー部分は分離可
メタルチャージャー マツダ・ファミリアから飛行形態に変形する、第二次大戦前に製作された特殊車両

登場人物



次へ»
最終更新日: 18/08/13 18:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ