ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


通字


ヨミ: トオリジ
掲示板をミル!
7カキコ!

通字(とおりじ)とは、日本特定系において、代々にわたって名前に用いられる字のことである。系字(けいじ)ともい、また中国語では行系字(hángxìzì, ハンシーツー)とう。


概要


戦国物のゲーム大河ドラマなどで、「なんか一族で似た名前の人が多いなー」と思ったことはないだろうか。
たいていの場合、それは「通字」のせいである。

例えば、伊達氏の系図を見てみよう。

伊達氏宗―持宗―成宗―尚宗―稙宗―宗―宗―政宗―忠宗…

このように、代々の当に「宗」の字が含まれている。この「宗」が伊達氏の通字であると言える。
そこ、ゲシュタルト崩壊とか言わない。 

通字が一つでないこともよくあることであり、嫡男のみに通字をつけるもあれば、たいていの男子に通字をつけるもある。 


通字の成り立ち


日本で本名(諱)が漢字文字訓読み一般化したのは平安時代の初めごろからであり、この名は文化先進国である中国の影を強く受けた習である(ちなみにそれらに先駆ける奈良時代に、制下の名が一漢字文字訓読みめられている)。中国で二字の諱が一般化したのは南北朝時代(420~589年)以後で、中国での通字(輩字、輩次、輩数、字輩、行輩、班次、班行、班排、班、班輩、班位、名、行、名次、系列字、輩行字、など様々な呼び方がある)は同世代の兄弟間で諱に同じ文字を共有することであった。

例えば、毛沢東は「毛沢民」「毛沢覃」といい、兄弟間で「沢」の字を共有していることがわかる。また、「軾」「轍」の兄弟のように一字名であれば同じ部首を用いて名付けられることもあった。

中国儒教の影を受けており、違う世代で名前の文字を共有すること(祧字(tiāozì, ティアオツー))は長幼の序を乱すタブーとされ、ほとんど行われなかったかなりしい例外として、王羲之の子供たち(玄之(長男)、凝之(次男)、渙之(三男)、粛之(四男)、徽之(五男)、操之(六男)、献之(七男))が挙げられる。彼らは父親の王羲之から「之」の字を受け継いでおり、更に兄弟間で共有している。これは之の字が道教の一である五斗米道(正式には正一盟威)に由来し、創始者の陵一族を師と崇める。後世の正一)の信徒であることを示す、など諸説あるが定説はい。

日本でも当初は兄弟間で漢字を共有することがよく行われた。例えば、藤原嗣の子供たちの名前を見てみよう。

長良、良房、良方、良、良相、良門、良仁、良世

※左から長男、次男、三男…

と、全員に「良」の字がついている。

次に藤原長良子供たちの名前を見てみると、

経、遠経、基経、高経、経、清経

と、今度は全員に「経」の字がついている。

更に藤原良房の養子となった藤原基経の子供たちの名前を見てみると、

、仲、兼、忠、良

と、「」の字がついている。同世代間では文字を共有しているが、異世代間では共有していないことがわかる(異世代間で同じ文字を使っているものもあるが、それほど重要ではないように思われる)。

この通り、当初は中国と同じように兄弟間で文字を共有していたが、日本では異なる世代(例えば親子)で同じものを共有するということはあまりタブー視されなかったため、「先祖にあやかる」「血筋を明らかにする」「相続上の問題」などで異世代間での文字の共有も盛んに行われるようになった。


例 


これだけでなく、他にもいろいろあります。


関連項目



最終更新日: 15/10/06 07:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ