ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


連合艦隊


ヨミ: レンゴウカンタイ
掲示板をミル!
16カキコ!


■sm9012846[ニコ動]

 連合艦隊(旧字体:聯合艦隊)とは、日本明治時代から太平洋戦争大東亜戦争)の期間まで存在していた、大日本帝国海軍の艦隊およびその揮下にあった航空部隊その他の戦闘部隊の総称である。
 特に連合軍と関係

 連合艦隊概史


初編成と日清戦争


 連合艦隊の本来の意味は、大日本帝国海軍の保有する艦隊のうち「二個以上の艦隊をもって編成された合同艦隊」のことである。

 明治27年(1894年)の日清戦争の時点、軍は一線級艦船による「常備艦隊」と、二線級・老朽艦船による「警備艦隊」の二艦隊を保有していた。日清開戦が近づくにつれ、警備艦隊を常備艦隊に編入するか検討されたが、最終的に警備艦隊を「西海艦隊」に名し、常備艦隊と西海艦隊の上級部として「連合艦隊」を組織することになり、開戦直前の明治27年7月19日、常備艦隊長官・伊東中将を連合艦隊長官に親補(常備艦隊長官兼任)して、初めて連合艦隊が編成された。
 日清戦争戦や威戦を戦ったのはこの艦隊であり、もちろんは一線級の「常備艦隊」の艦船だったが、「西海艦隊」からも参戦艦があり、戦で蛮勇突撃を繰り広げた樺山資紀・軍部長の乗船『西丸』を守った砲艦赤城』がそれである(余談だが、西海艦隊の艦船名には『大和』『武蔵』『金剛』『高雄』などが並んでおり、名前だけだとこちらが艦隊にも見える?)

 終戦後の明治2811月15日西海艦隊は解隊。翌16日に連合艦隊も解隊された。


日露戦争


 日本ロシア戦争が押し迫った明治36年(1903年)12月28日、連合艦隊は八年ぶりに編成された。

 既に西海艦隊はくなっていたが、ここでは常備艦隊を解隊して「第一艦隊」と「第二艦隊」に分割編成し、この二艦隊をもって「連合艦隊」が組織された(同日、日清戦争時にだった三艦(『厳島』『松島』『立』)や清国からの鹵獲艦『鎮遠』などの二線級・老朽艦による「第三艦隊」も編成されたが、この時点では「連合艦隊」の揮下艦隊ではなかった。日本海戦直前の明治374月に連合艦隊揮下となり、同戦へ参戦する)
 最後の常備艦隊長官・東郷平八郎中将が、そのまま連合艦隊長官に親補(第一艦隊長官兼任)。開戦劈頭の順港奇襲・仁戦を皮切りに、戦(第一艦隊)・蔚山沖戦(第二艦隊)・日本海戦を戦う。

 終戦後は日清戦争の時と同様、戦時艦隊である連合艦隊は解散された。「勝って兜の緒を締めよ」の一節で有名な『聯合艦隊解散之辞』が読まれたのは、この時の解散式においてである。


大正期


 明治から大正における「連合艦隊」はあくまで臨時の艦隊であり、常設の艦隊は第一艦隊と第二艦隊だった。

 大正3年(1914年)8月日本第一次世界大戦に連合側で参戦したが、この戦いで日本には「連合艦隊」によって戦わねばならないような規模の敵艦隊がおらず、ドイツ植民地を攻撃したの戦いや南洋諸島攻略英国めによる地中海通商護衛への艦隊派遣は、第一艦隊や第二艦隊、特別編成の「特務艦隊」として行われた。

 この間、連合艦隊は何度か編成されたが、これは演習によるもので、特に連合艦隊として何かを成した訳ではなかった。


常設艦隊へ


 第一次世界大戦終戦後も、毎年演習時の編成のみ(この間の大正10年(1921年)には軍縮の影もあって、第二艦隊が一時解隊)を続けていた連合艦隊だったが、大正12年(1923年)からはついに常設の艦隊となった。
 常設化時の隷下艦隊は第一艦隊と第二艦隊で、前例どおりに第一艦隊長官が連合艦隊長官を兼任する形である(「第一艦隊長官 兼 連合艦隊長官」。昭和8年(1933年)より「連合艦隊長官 兼 第一艦隊長官」)

 この頃になると、日清日露戦争武勇伝や、東郷平八郎格化の影で「連合艦隊長官」のネームバリューが大衆や軍人の間で大きなものとなっており、軍人なら就任したいものが戦艦の艦長か連合艦隊長官と言われる程だった。
 昭和11年12月長官となった政は、そのわずか三ヶ後に十郎内閣軍大臣へ転出することになったが、明治以来、軍大臣のほうが連合艦隊長官より宮中席次で上位(大臣:5位 艦隊長官:15位)に扱われているにもかかわらず「大臣なんて俗吏だよ」と不満をこぼしていたという。


大東亜戦争


 支那事変が泥沼化し、ヨーロッパでは第二次世界大戦が開戦して、日本アメリカの間でも戦争危機が迫る中の昭和14年1939年8月末、山本五十六中将が連合艦隊長官に就任する。

 軍のは相変わらず戦艦と見られてきたが、航空母艦潜水艦等も性が急速に進化し、連合艦隊の揮下に置かれる艦隊・艦種は綺羅の如くの様相を呈してきたが、その為に連合艦隊部(=第一艦隊部)の扱う事雪だるま式に膨れ上がっていった。
 これに対しては、どう見ても事務所ではない上にコロコロ居場所が変わってしまう軍艦ではなく、陸上施設に部を設置するのが望ましかった(アメリカ海軍では既にそうしていた)のだが、日本海戦のイメージで“指揮官頭”の固定観念を抜け出せず、昭和16年8月に第一艦隊から第一戦隊戦艦長門戦艦陸奥』)を独立させて連合艦隊部直率とし、連合艦隊長官と第一艦隊長官の兼職を解除・分離するに留まった。

 昭和16年12月8日大東亜戦争が開戦すると、真珠湾攻撃マレー戦の大勝によって戦場はあっという間に空母機動部隊と航空機に取って代わられる。
 戦艦(『長門』→『大和』→『武蔵』)に旗艦を置く連合艦隊部は、指揮官頭どころか、内地や最前線とは言えない域を行ったり来たりするばかりで、それでいて最新鋭艦で設備の充実している戦艦へ「大和ホテル」「武蔵館」の影口をかれる有様だった。前線将兵からの、の座らない連合艦隊部に対する不不満は、戦争敗北の要因の一つとなった。


壊滅・敗戦


 山本長官が戦死し、ガダルカナルを巡る戦いにも敗れて後退を続ける軍は、昭和19年1944年2月編成で、既に配置換え等で所属艦をほとんどくしていた第一艦隊を解隊。戦艦空母機動部隊(戦艦巡洋艦による「第二艦隊」+空母の「第三艦隊」)の中へ投入し、連合艦隊旗艦には本来潜水艦部隊旗艦として作られていた軽巡洋艦大淀』を充てて内地に置き、6月マリア戦を揮したがあえなく敗北する。
 9月にはついに陸上慶応義塾大学日吉キャンパス内地下壕)へ部を移して10月レイテ沖海戦を迎え、物資の欠乏に苦しむ中ほぼ全の艦艇を投入するも、戦艦武蔵』・空母瑞鶴』など艦艇を失い、水上は壊滅する。

 昭和20年1945年)に入ると軍の戦術は航空機や潜航艇による特攻ばかりとなり、4月戦艦大和』の水上特攻をもって水上艦隊としての「連合艦隊」は事実上消滅。5月、軍部の揮下にあった支那方面艦隊や上護衛総部なども統合した「軍総隊」が新設され、連合艦隊長官が総隊長官を兼任し、軍のほぼ全ての部隊・艦艇・航空機・基地が連合艦隊の揮下に入る形となったが、かつての栄からはぶべくもない有様であった。

 昭和20年10月10日、軍部(10月15日)・12月1日)の止に先立って、連合艦隊は解隊された。

 歴代連合艦隊司令長官

日清戦争日露戦争・常設化以後の長官


次へ»
最終更新日: 14/11/15 20:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ