ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


遊☆戯☆王GX


ヨミ: ユウギオウジーエックス
掲示板をミル!
53カキコ!

遊☆戯☆王GXとは、Vジャンプに連載されていた漫画作品である。

アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」をさして言われることもよくあり、ニコニコ動画タグでもデュエルモンスターズの部分が略されることがよくあるが、アニメ版の正式名称は「デュエルモンスターズ」が入る。
アニメ版については「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」を参照。


漫画以外の意味でここに来た方へ


ニコニコ動画では「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ)GX」関連の動画において、手描き女性向けなどのいわゆる「検索避け」を行っている動画には「遊☆戯☆王GX」のタグが用いられている。そのため、動画でこの記事名のタグが用いられている動画の多くは検索避けを行っている動画だと思われる(ただし、正式名称はあくまで付きであり、シリーズ公式配信などでも基本付き表記が用いられていることには注意)。

検索避けを行っていない動画にはのない「遊戯王GX」が用いられることが多い。アニメ漫画の区別くこちらが定着しているようだ。


概要


原案・監修 高橋和希漫画 影山なおゆき、協 ブレインナビ。

Vジャンプ2006年2月号から2011年5月号まで連載されていた。全64話。コミックスは全9巻。
さらに、Vジャンプ2014年8月号に読み切りが掲載された(単行本未収録)。

アニメGXのメディアミックスとして製作された。キャラクター舞台などの基本設定は共通だが、性格や使用するカードなどに違いがあるほかオリジナルキャラクターや設定なども多く、ストーリーも異なるため実質オリジナルともいえる。


主な登場人物



デュエルアカデミア生徒


遊城十代
本作の主人公。「オシリスレッド」に所属。デュエルキングして日々決闘を繰り広げる。精霊が見えるを持っており、「ハネクリボー」は自らの相棒アニメ版とは違い、精霊を実体化させて攻撃するなどのは持ち合わせていない。
幼い頃、プロデュエリスト紅葉とであったことがきっかけでデュエルを始める。現在はその紅葉から譲り受けたE・HEROとしたデッキを用いる。作品中盤から自分で組み上げたM・HEROを使いだすようになった。
アニメ版で十代の決め台詞であった「ガッチャ」はこちらでは「よっしゃー!」になっている。

丸藤翔
十代と同じく「オシリスレッド」に所属する。気弱で心優しい性格で、相手のことを考えるあまり自ら勝利を捨ててしまうこともある。アニメ版同様十代を「アニキ」と呼んで慕っている。実のである丸藤亮は「お兄さん」と呼んでいる。
アニメと同じ「ロイド」のカテゴリデッキを使用するが、その内容はオリジナルのものとなっている。

三沢大地
ラーイエロー」に所属。学年トップの成績を誇る秀才デュエリスト天上院明日香に好意を抱いている。デッキ漫画オリジナルの「妖怪族」(OCGアンデット族に相当)を使用する。
アニメで見られた空気ネタは存在せず、冷静さと熱い心を持ち合わせた決闘者の立ち位置にある。

万丈目準
本来、中等部成績優秀者しか入れない「オベリスクブルー」に高校入学で所属するエリート決闘者アニメ版よりクールな性格が強調され、コミカルな場面はほぼ見られない。数々のジュニア大会に出場し、優勝するほどの腕をもつ決闘者だが、そのことから周囲にねたまれていた。十代同様、精霊を見るを持ち、精霊を宿す「光と闇の竜」のカードを持つ。
デッキドラゴン族を中心としたもの。「おジャマ」などのアニメ版で使用されたカードは使用していない。

天上院明日香
オベリスクブルー」所属。冷静沈着な性格で、デュエルでは氷をイメージしたデッキを多く使用する。学内での人気も高く、「ミスデュエルアカデミア」では、2年連続優勝を誇る小日向と肩を並べるほどの票を獲得した。もっとも、本人はデュエル以外のことにあまり興味がないようではあるが。

丸藤亮
オベリスクブルー」所属。アニメ版同様「カイザー」の異名を持つ。丸藤翔物語開始時は海外留学中だったがその後帰。その際に彼への挑戦権を賭けたデュエル大会がアカミア全体で開催される辺り、彼の地位は特別なものであるようだ。アニメ版ではひたすらに勝利リスペクトする「ヘルカイザー」となったが、こちらではそのようなことはく、にとっての標であり尊敬するであり続けている。
アニメ版でも使用した「サイバー・ドラゴン」のほか、漫画オリジナルの「サイバー」を用いている。

天上院吹雪
オベリスクブルー」所属。明日香ので「キング吹雪」の異名を持つ。アメリカでは「フブキング」と呼ばれていた。同様、海外留学をしていたが、後に帰。女好きなのはアニメ版もこちらも変わらないようで、マックとお近づきになるため留学を延ばしたと思ったらマック日本へ行ったために追いかけたりしている。シスコンでもある。
スフィア」の名を持つデッキを使用する。


アメリカからの留学生


デイビット・ラブ
アメリカからの留学生一人称は「Me」、二人称は「You」。マックとおそろいのピアスをつけており、みどりに言わせれば「マセガキ」。精霊の宿るカードを探している。
機械デッキを使用し、切り札は「The big SATURN」。明日香を1ターンキルする辺り、実は確かなようだ。

レジー・マッケンジー
デイビットと共に留学してきたアメリカアカミアの生徒。称は「マック」。デイビットとともに精霊の宿るカードを探している。
デッキ天使族を使用しており、「The splendid VENUS」が切り札。自分モンスターの強化、相手モンスターの弱体化を利用して戦闘を有利に進める。

エド・フェニックス
デュエルアカデミア生徒でありながらプロデュエリストでもある。マックとは幼馴染プロだけあって観客を盛り上げるデュエルを心がける。デュエルアカデミアに来た際は、普通ヘリでやってきたため「イヤッッホォォォオオォオウ!」は披露してくれなかった。
デッキは「V・HEROデッキを使用。

ヨハン・アンデルセン
が好きで、アカミアに来たときでも昆虫を探していた。十代のように楽しいデュエルを好んでいる。アニメとは方向の違う電波アニメではユベルに乗っ取られていたが、こちらではマッケンジー洗脳されている。
デッキは大方の予想通り昆虫族。「聖なるバリア-ミラーフォース-」もしっかり入っている。

オースチン・オブライエン
過去父親が闇の決闘に破れ、意識不明となっており、同じく意識不明となっているデイビットと直前に決闘した万丈から相を聞きだそうとした。
エレクトロ」の名を持つ機械族を軸としたデッキを使用。

アモン・ガラム
プロしており、エドに敵対心を持つ。性格は自信過剰で負けず嫌い、タッグを組んだヨハンのことを見下している様子。プロになるのには病弱の手術代を稼ぐためという的がある。
「封印の言」と「封印」と名の付くモンスターを中心としたデッキを用いる。

ジェームスクロコダイルクック
マッケンジーの駒として動くほぼ全な敵役。留学吹雪デュエルを挑み敗北交流戦でも敗北と負け続き。右レジーやデイビットのピアスと同じ素材でできている。ワニカレン)はつれていない。
アニメ版ではジム・クロコダイル・クックという名前だった。
アリゲーターと名の付いた爬虫類族を中心としたデッキを使用。


アカデミア関係者


クロノス・デ・メディチ
実技担当最高責任者。アニメ版と大きな変化はいが、少々初期のいやみな部分が強いか。
入学試験で十代に負けたという設定はアニメ版同様だが、漫画作中で彼のデュエルが描かれることは一度もなかった。

みどり
オシリスレッド1年生の担任。デュエルの腕前は相当のもので、プロデュエリスト紅葉ですら1度も敵わないほど。カード精霊を見ることができる。
堕天使モンスターデッキを使用し、切り札は「堕天使ディザイア」。魔法の発動や攻撃の時にを鳴らすのが特徴的。

マッケンジー
アメリカアカミア校長であり、マック父親トラゴエディアに体を乗っ取られてしまい、それ以降トラゴエディアマッケンジーとして活動している。そのため、読者視点では純な本人の人格はわからない。


その他


紅葉
E・HEROを使用する世界チャンピオン精霊を見るがある。過去に闇のデュエル敗北したことで、カードをドローするたびに命が削られる呪いをかけられる。そのことによって限界を感じた紅葉引退を決意、最後のデュエル相手として十代を選ぶ。そのデュエル終了直後に意識不明となり、現在も入院を続けている。

トラゴエディア
盗賊王の故郷でもあるクル・エルナ村に住むある男の心から生まれた邪悪な魔物カー)。官によって封印されていたが、遺跡を発掘されたことによってる。千年アイテムが失われたこの世界全に復活することを論み、マッケンジーの体を乗っ取り、手駒を集め活動を続ける。
物語内で全容が明かされるより先になぜかOCGカードとして登場し制限カードにまで上り詰め(後に準制限→制限化)、さらにアニメ5D'sの詰めデュエルにも登場するというの活躍もしている。漫画GX本編中にカードとして登場することはかった。


主なカード



HERO


作中に登場したのはE・HEROM・HEROV・HEROの三種(さらに、読み切りでC・HEROが登場した)。アニメではD-HEROE-HEROが登場したが、こちらには登場していない。

英語版遊戯王TCG遊戯王OCG)では「HERO」と名の付いたモンスターのことを「"Elemental Hero","Destiny Hero"or"Evil Hero"」と一つずつ並べて定していたため、M・HEROV・HEROの登場はOCGスタッフ泣かせとなっている。
E-HERO」(Evil Hero)の登場時は後ろに「or"Evil Hero"」と付け足すことで対処していたのだが、さすがにこれ以上付け足すのは理があるということか、既存のHERO英語版名称を「Elemental HERO」といった具合に大文字に変更し、「HERO」のカテゴリとして一つにくくることで対処した。

E・HERO

プロデュエリスト紅葉が使用していたカード群。後にこのデッキは十代に託され、使用することとなる。低レベルモンスターフィールド魔法や装備魔法で強化しつつ、融合で強モンスターを呼び出して決めるのが基本戦術。

アニメでも十代はE・HEROを使用しているが、そちらとは違うものを使用している。ただ、幼少期の十代が紅葉デュエルした際は、アニメ由来のE・HEROを使用していた。また、第1話冒頭で「E・HERO バブルマン」を使用していることから、現在アニメ由来のものをまったく使用していないというわけではないようだ。

登場したE・HEROは全てOCG化され、特に融合モンスター素材縛りがゆるいため、「超融合」と併用してE・HEROの中心となっている。また、「E・HERO エアーマン」などもOCG環境に大きな影を与えた。

もともとはアニメ版と同じものを使用する予定であったが、アニメが「E・HERO ネオス」のコンタクト融合に変化していくこともあり、また、アニメと同じことをするならフィルムコミックでもいいという原作者(GXでは原案・監修)・高橋和希の考えから、オリジナルのものを用いるようになった。上記のバブルマンはその名残かもしれない。

作者影山なおゆきやその関係者は漫画E・HEROをエセメタルHEROと呼んでいる。

E・HERO」の記事も参照。

M・HERO


次へ»
最終更新日: 18/04/25 21:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ