ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


遊佐長教


ヨミ: ユサナガノリ

遊佐長教(?~1551)とは、戦国時代に活躍した武将である。


概要


代々政長流畠山氏の河内守護代を務めた遊佐氏。戦国時代になると守護と守護代による重層的な支配が進むにつれて、権を伸長させ、畠山稙長亡き後に一躍キーパーソンとなった。

と思いきや、あっけなく暗殺され、木沢長政べるといまいち地味な扱いを受けがちな、16世紀前半の畿内政治史における重要人物である。


遊佐長教の登場


『相寺供養記』に遊佐長の遊佐河内が筆頭に合ったように、代々畠山氏の内衆トップにあった遊佐氏であったが、両畠山氏に分裂して以後も両営に分かれて引き続き畠山氏を支えていた。その転機となってしまったのが明応2年(1493年)の明応の政変の時で、正覚寺合戦において畠山政長らとともに、遊佐長直を筆頭にした畠山政長臣がことごとく討ち取られてしまったのである。

高野山加明院迎堂勧進帳』によると、畠山稙長の近臣トップには引き続き遊佐氏が存在したが、その下に丹下盛賢を筆頭にした奉行人層が食い込んだ格秩序に序列が変わってきており、足利義晴細川高国に与し、足利義維細川晴元方と戦っていく畠山稙長は、こうした新しい体制を築きつつあったのである。

ところが、享5年(1532年)に方側についていた畠山義堯三好元長一向一揆に殺される。こうして方体制が崩壊すると、足利義晴細川晴元と結びつき、畠山稙長と敵対する木沢長政足利義晴側についたのである。こうした流れで畠山稙長は本願寺と同盟して事態を打開しようとしたが、これに待ったをかけたのが守護代の遊佐長教であった。

遊佐長教の生年は全くの不明。前代の守護代・遊佐順盛との関係も微妙によくわかっていない。史料としては文2年にようやく登場する存在であるため、格は高いがまだよくわかっていないことだらけの存在ではあるのだ。

なお、安見宗房の敵討ちを描く『良尊一筆書写大般若書集』の298巻にて登場する以下の文と『観寺文書』の16号でともに登場していることから、天野忠幸は坊明算を実は遊佐長教のではないかと推測している(あくまでも推測)。

遊佐ハ前ノ遊佐コロ坊也

ーー『良尊一筆書写大般若書集』298

寺、寺御末寺由、遊佐長教・(根来寺坊)明算被仰分、以其筋被渡申、然上者如前々一円可有寺納事肝要、恐々謹言、

文九十月九日     (徳蔵軒)正宣

観寺
  者御中

ーー『観寺文書』16号
補足は『新編 八尾史』収録時のもの

かくして文3年(1534年)に遊佐長教によって畠山稙長が更迭され、近臣とともに紀伊に押し込められた。政長流の督は畠山長経が後を継いだが、すぐに畠山熈が惣領名代として高屋に入る。細川晴元はこうした畠山氏のいざこざに対して、細川典厩血縁者でもある畠山満を文7年(1538年)に送り込み、これを巻き返そうとした畠山稙長が軍事行動すら起こしかけていたのであった。

一方、このころ木沢長政畠山在氏を擁立し、南北分割では決してなかったものの、畠山在氏木沢長政畠山満・遊佐長教の河内国体制が確立される。両畠山氏の抗争が、一向一揆への危機感等でいったん棚上げとなったのだ。

ところが、文10年(1541年)に木沢長政が反乱を起こす。畠山満はこれに与同してしまったがために没落し、なんやかんやの末に畠山稙長の復権につながってしまったのであった。


畠山稙長の死と遊佐長教の権力伸長


文11年(1542年)3月大平寺の戦いで木沢長政が敗死し、畠山稙長が河内を奪回。河内国体制が解消されたのである。しかし、畠山稙長は河内復帰後も細川氏綱に与同し、細川晴元にとってはの上の瘤となりつつあった。ところが、文14年(1545年)にこの畠山稙長が、同時期に丹下盛賢が死んだのである。畠山稙長は能登から後継者を迎える予定だったが、畠山義総の死でうやむやになった矢先であった。

ここで督問題が盛大に起こる。細川晴元はもともと畠山俊を後継者に据えていたが、おそらくこれに反対したことで畠山稙長は細川氏綱と反乱を企てていたところを死んでしまった結果、そのまま彼が送り込まれてきた。ところが、遊佐長教が反対して畠山稙長の畠山を擁立したのである。畠山はついに督を継承できないまま惣領名代の座にあり続けたが、結局畠山とそれを支える遊佐長教が畠山氏領の支配を行ったのであった。

紀州の人々が引き続き畠山氏の惣領に仕えていたとはいえ、遊佐長教は吉益弼、走井盛秀、田川純忠、萱振賢継といった人々を直臣化していき、この流れで頼や安見宗房といった人々も遊佐長教の下に集まりつつあったかもしれない。遊佐長教の単独支配では決してなかったものの、河内紀伊はほぼ彼の差配になりつつあった。

このタイミングで第二次細川氏綱の乱が起きる。遊佐長教は畠山とともに細川氏綱側につき、義就流畠山氏の畠山在氏細川晴元に帰参し、勢が確定する。かくして起きたのが、文18年(1549年)のの戦いでの畠山在氏の没落、続いて江口の戦いでの細川晴元の敗走である。三好長慶とその岳である遊佐長教が勝利したのである。

さらに連鎖反応的に遊佐長教と三好長慶足利義輝と対立。足利義輝近江に逃亡する事態となる。こうした想定以上の事態の推移に畠山紀伊に隠遁してしまい、おそらくここで畠山氏の当を擁立しない、遊佐長教の単独支配が達成された。河内は少なくとも事実上遊佐長教の領となったのである。


あっけない暗殺


かくして権の絶頂にあるさなか、文20年(1551年)遊佐長教はあっけなく暗殺された。犯人京都六条場の時宗僧だったが、萱振氏が背後にいたとのとこで安見宗房らに粛清されていき、畠山氏の領は新たな時代に移っていく。息子遊佐信教は最終的に畠山秋高を暗殺するも、織豊時代の混乱で、遊佐氏は歴史の表舞台から姿を消していった。


補足


信長の野望」(PCシリーズにおける遊佐長教の力一覧。

時折登場する存在だったが最近定着した。案の定生年のソースで、おそらくWikipediaもこれに引きずられている。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 57 戦闘 47 智謀 60 政治 59 野望 76
天翔記 戦才 104 智才 130 政才 128 57 野望 75
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 56 戦闘 51 智謀 62 政治 46
世記 采配 57 智謀 64 政治 47 野望 57
蒼天 統率 54 知略 62 政治 42
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 63 武勇 62 知略 70 政治 50

関連項目



最終更新日: 20/08/25 23:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ