ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


道化


ヨミ: ドウケ
掲示板をミル!
18カキコ!

道化(どうけ)とは、わざとおかしな言動・行為をすることによって周囲の人々を楽しませるものの事である。道化師とも。

転じて、愚かな行動をして周囲の人間から苦笑されるような人をす。


曖昧さ回避


踊り手の道化については道化(踊り手)を参照。


概要


歴史をたどると、その起古代エジプトにまで遡るという。

かつてローマ帝国では、小人や奇形、知恵遅れといった障者を奴隷として玩、ペットのように「所有」する習慣があった。この習慣は16世紀末まで続き、中世ヨーロッパでは領国王といった特権階級の人物が、道化を雇う事は普通だった。

彼らは宮廷道化師(ジェスターと呼ばれ、不具の身や滑稽な振る舞い、奇抜な衣装や言動を笑われる事で周囲の者を楽しませる役を負うと同時に、人や君に対する礼な発言を許されていた。君の機嫌取りには欠かせない存在であり、君への取次・仲介、中立の立場から君評を演技で表現して意見できる、「愚者にして賢者」という稀有な位置にあった。
トランプジョーカーに伝統的に描かれているのは、この宮廷道化師である。

著名な所では、ポーランドの宮廷道化師・スタンチクが挙げられる。
15世紀末から16世紀にかけ三代の王に仕えた彼は優れた知性と見識を持ち、の現況と未来についての考察は当代の学者さえも唸らせたという。軽妙な風刺を用いた時事問題を王に逐一伝え、時に警告、時に批判を堂々と行った。その言行は同時代の歴史・著述らによって記録されており、当時の政治情勢を知る重な手がかりの一つとなっている。

一方、大衆文化の中でも道化師の存在は大きかった。15世紀頃には場や売宿にも道化が雇われ、お祭り騒ぎを盛り上げる役を務めたという。

サーカスにおいておどけ役を演じ、曲芸と会を兼ねて場を盛り上げる道化はクラウンClown)と呼ばれる。18世紀のイギリスの曲ショーにおいておどけ役を演じていた役者が名乗ったのがその起とされ、転じて「馬鹿」「おどけ者」「愚か者」の代名詞ともなった。
臨機応変に場を盛り上げる技量、身振りと曲芸だけで場を繋ぐ実などがめられ、ベテランでなければクラウンは演じられないという。事実伝統的なサーカスにおいて、クラウンオーディションは熾を極めるとされる。
また「モンテカルロサーカスフェスティバル」は1974年以来続くサーカスの祭典で、年に一度、世界中のサーカスからパフォーマーが招聘されて演技を行う。クラウン部門も存在し、ここで賞を獲得する事は最高の栄誉とされている。

他方、道化の中には単なる見世物として笑われるだけの者も少なくなかった。たとえば15世紀のイタリアでは、カーバルの余として道化師を檻の中に閉じ込め、外から野菜くずゴミ、ひどい時には汚物を投げつけて笑うという見世物があったという。一般大衆のガス抜きとしての扱いは、当時決してしいものではなかった。
その歴史を反映したか否かは不明だが、道化の中には伝統的にの下に涙マークを描くパターンがある。馬鹿にされながら笑われる悲しみを表現しているとされるが、巷説であり具体的な一次資料は不明。

日本では(ほうかん)がこれに該当する。「太鼓持ち」とも言い、宴席でや客のご機嫌取りをし、芸者衆を助けて場を盛り上げる職業芸人だった。現在ではお座敷芸の衰退と共に数を減じ、全でも師匠に学んだ間は僅かに数人と言われている。
ちなみに師匠に学ばず人のご機嫌取りをする輩は「野だいこ」と呼ばれ、夏目漱石の「坊つちやん」でシャツ(教頭)の腰巾着のあだ名に使われている。

また歌舞伎の役どころに「道化方(外方)」があり、芝居の息抜きがてら笑いを誘う役どころとして演じられる。出演する役者名を記した看の三枚に名前が上がった事から、「三枚」と呼ばれて同義で日常的に用いられる。


もしかして?



関連動画



■sm2057168[ニコ動]


関連商品


■azB000KHXFX2
■az4334739199
■azB00005HVM2


関連項目



最終更新日: 19/06/02 10:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ