ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


達川光男


ヨミ: タツカワミツオ
掲示板をミル!
38カキコ!
プロ野球選手一覧 > 中日ドラゴンズ > 達川光男

達川光男(たつかわ みつお)とは、広島県出身の元プロ野球選手捕手)である。現役時代は広島東洋カープに在籍。広島監督時代は達豊(読みは同じ)と登録していた。

現在中日ドラゴンズの一軍バッテリーコーチを務める。

選手時代

中日ドラゴンズ #90
一軍バッテリーコーチ
達川光男
基本情報
出身地 広島県広島市
生年 1955年7月13日
身長
体重
17cm
75 kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 捕手
プロ入り 1977年ドラフト4位
引退 1992年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

1977年ドラフト4位で広島東洋カープに入団。
なお、ドラフト会議は2巡までしか見ておらず、(2位までに自分の名前がかったので)「こりゃもういわ」と思い、後輩パチンコに行くからもしこの後に名されたら呼びに来てくれと言って出て行ったため名された時はパチンコで遊んでいた。 

後述のコンタクト紛失事件にある通り、達が悪くコンタクトを使用していたが、これはヤクルト古田が成功するまで「が悪い捕手は成功しない」「眼鏡をかけた捕手は成功しない」というプロ野球界にあった根拠のい因習があったためである。その為コンタクトを使用していることを大学チームメイトにも黙っていたのだが、ある日運悪くコンタクトを洗面台で流してしまい、その日の試合でパスボールを連発(当時のコンタクトは片で10万近くしており、予備なんてとても持てるような代物ではなかった)。不審に思ったスカウトがチームメイトに聞いたところ、コンタクトを使用している事を知っていた後輩スカウトにが悪いことを漏らしてしまいプロ入りが危うくくなりかけた事がある。

後述のささやき戦術などに代表されるトリックプレーで知られているが、打率.280以上、本塁打10本以上を達したシーズンが一度もい打撃成績ながら10年近くもレギュラーの座をキープし続けていることからも分かるように、捕手としての腕は確かであった。(ただし達が現役時代、本塁打10本以上はともかく打率が.280える捕手どおらず、打撃よりリードと守備、という潮であった。)

もっとも、入団当時は他の選手とべてもかなり技術は低かったらしく、人一倍努していたという。

非常に明るく陽気な性格をしており、捕手という立場上チームメイトからの信頼も厚いのだが現役時代を通じて一、高橋慶彦とは仲が悪く、ダイエーコーチ時代にはベンチで取っ組み合いの喧をしたこともある。現在はお互い丸くなり、OB戦などでは和やかに談笑している風景が見られる。

1992年に現役を引退した。

体にかすってもいないボールを「当たった!」と言いり何度も出塁したことから、「グラウンドの詐欺師」と呼ばれた。

サヨナラインフィールドフライ事件を起こし、翌年以降の野球ゲームインフィールドフライ実装されるきっかけとなった。

前述のデッドボールがらみの話や後述のささやき戦術などネタエピソードには事欠かず、プロ野球珍プレー番組では宇野勝とならび常連である。

病により志半ばで折した津田恒美を「自分が受けた中で最高の投手だった」とっており、解説や例え話をする際に「たとえばピッチャー津田だったとしますよね」という形で津田を例に取り上げる事が多い。

珍プレーキング

後述のささやき戦術もそうだが、インフィールドサヨナラコンタクト紛失など、その漫画のような事件は枚挙に暇がく、日本テレビ系列珍プレー番組『勇者のスタジアム』では、2試合に1プレーの割合で珍プレーを出すという集計結果まで出されてしまい、20世紀の珍プレーキング称号を得てしまった。

チームメイトの信頼を得るまで

入団当初、肩も弱く、打もない達は、後に『投手広島カープで正捕手を務める名捕手とはとても呼べないほどに、他選手との実差がしかった。
もちろん、彼が正捕手に登りつめたのは、その人並み外れた努と持ち前の明るさの賜物であるが、チームメイトの信頼を得たことに関して本人は別のことをっている。

によれば、6年キャンプ途中の休日、どこか別のチームキャンプを見に行こうと思って巨人キャンプを訪れていたところ、チームメイトだった山根和夫が『休日だというのに、達は熱心に別チームの偵察をしている』とピッチャーたちに言いふらしたという。これによって、ピッチャーたちは彼を信頼するようになったのだと達っていた。

しかし、達によると巨人キャンプを視察していた理由は、何とただ暇だったから

である一面を摘されることへの達なりの照れ隠しなのかもしれないが、後に彼が珍プレーキングの座を射止めたことには、多少なり影しているのかもしれない。

ささやき戦術

ささやき戦術は野村克也のそれとは違い、世間話をしたり、わざと配球を教えて混乱させることで打者の集中をかき乱す、いわゆる「三味線」と呼ばれるタイプささやき戦術であった。
また、喋ると頭の回転が速くなる人物でもあったため、大洋ホエールズ挨拶を始め達の言葉に一切反応しない「達作戦」を敢行したこともある。

また、後にる「ボールを呼ぶ」という発言からも見て取れるとおり、ささやき以外でも叫びまくっていた。
それを徴するエピソードとして、津田恒美が当時のヤクルトスワローズ軸打者であった大杉勝男と対戦した際、気の弱い津田コントロールが定まらなかった。そこで達

「こいつぁー石ころじゃけぇ、安心して投げてきんさい」

と叫んで津田を落ち着かせようとした。(ちなみにこの時大杉は石ころ=バットも振れないというに捉えたのだが、達としてはヒットを打たれても盗塁はない=石ころのように動かないという意味で津田を落ち着かせようとした)

なお、この直後津田は特大アーチを浴び、達は一周した大杉に「石ころだと?ふざけるな!」と一された上にゲンコツまで浴びた模様(ちなみに、達津田は当時名バッテリーと呼ばれるほど相性が良かった)。

デッドボール詐欺

詐欺師』達と言えばデッドボールである。
この技術により、彼は『騙しの達っちゃん』『グラウンドの詐欺師の異名をほしいままにした。

その名の通り、当たってもいないのにデッドボールアピールするという珍プレーである。

もともとは、ある試合でユニフォームにかすっただけの球を本気半分でアピールしたのが始まりなのだが、それがデッドボールとして認められてしまったことに味を占め、以降この詐欺プレイに磨きをかけていった。

技の熟練期には、もはやある意味職人芸とも呼べる、の技術を完成させていた。
大まかな流れはこんな感じである。

  1. のきわどい球が入る
  2. 然と一塁へ走り出す
  3. もちろん審判に止められる
  4. 態度を変させ、気迫る勢いでアピールする

ある程度彼の詐欺行為が定着しきった頃には、彼の詐欺行為を見て審判もうんざりしていたらしい。
しかし、いくら手が込んでいても同じ事を繰り返していれば通用しなくなるのは当たり前だったので、達は常に工夫を重ねていた。

例えば、投球が当たって怯む振りをして、かすった左腕を右手で引っかいてさも傷が出来たかのようにアピールしたり、ある時には大に地面に倒れこむと、体の下で思いっきり手の甲をつねって腫れ上がらせるなどしていた。ここまでくれば詐欺行為も晴れだが、もちろん達はずる賢かったため、『東の詐欺師市川和正のようにつねりすぎて本当に怪をするような失態は決してさないよう、抜群の加減で工作していたという。

ちなみに、日本シリーズでのデッドボール記録保持者。パ・リーグ審判は見慣れないからよく騙されたのだろうか。

デッドボールを連発していたことで、当時は同じく死球を喰らいまくっていた金森栄治と並んで称されていたが、詐欺行為を働いていた達と違って金森はまともに喰らっていたため、現在は笑い話になっている。

なお他人のデッドボール判定に関しては非常に厳しい。

コンタクト紛失

現役時代、2度ほど、試合中にコンタクトを落としてしまったことがある。ナゴヤ球場甲子園球場、どちらも土を使用した球場での出来事であった。

当時のコンタクトレンズは非常に高価であったため、なくしたからといってほいほい買い換えられるような代物ではなかった。まして試合中にコンタクトをなくしては一大事であった。
そのため、達は緊迫した試合の途中にいきなりタイムをかけ、一心不乱にグラウンドをまさぐった。

試合を止めたかと思うとひたすら土をまさぐる達の姿に球場混乱したが、アナウンス「達捕手コンタクト紛失のため……」と発言した間、球場内が爆笑の渦に包まれたという。

もっとも、当の本人にすれば笑い事ではなく、必死に探しても見つからなかったため、しまいには両軍入り乱れて選手達が本塁付近を探しまわるという事態にまで至ってしまった。
珍プレー番組では彼の引退後も頻繁に取り上げられ、日本を代表する珍プレーの一つとして名高い。

サヨナラインフィールドフライ事件

インフィールドフライの項も参照。

1991年6月5日に行われた横浜大洋ホエールズ戦、同点で迎えた9回裏一死満塁、一打出ればサヨナラ負けというピンチで起こった事。
このとき、おそらく達(と、球状にいたプロ選手の多くでさえ)は、インフィールドフライルールを正確には理解していなかった。

この場面で、大洋側のバッタ清水義之が、内野フライを打ち上げ、インフィールドフライ・イフ・フェア(=フェアならインフィールドフライ)が宣告された。
は、頭上に上がったこのフライを捕球せずに落とし、ワンバウンドさせた上で捕球して、本塁を踏み、一塁に送球した。
彼(と広島ナインベンチのほぼ全員)の中では、本塁を踏むことで三塁走者=山崎賢一をフォーアウトにし、さらに一塁へ進む打者走者=清水アウトにして、見事スリーアウトとなり、試合が終了していた。

しかし実際には、インフィールドフライが球審から宣告された時点で打者走者はアウトになっており、ランナーに進塁義務はなく、フォープレイは成立していなかった。

このとき、三塁の山崎もこのルールを知らず、達の落球をエラーと判断して本塁に向かって走り出していた。達同様、彼が本塁を踏んだことでフォーアウトになったと誤解した彼は、走るのを止め、惰性でダラダラと本塁まで進んだ。
つまりホームインしていたのである(ちなみにこのとき、大洋ベンチは事態に気づいており、山崎に進塁のサインを送っていた。彼もホームイン直前ににそれに気づき、達が気づいていないのをいいことにもう一度本塁を踏み、球審にアピールしていた)。 

は、彼にタッチしていなかった。フォープレイではない以上、彼がタッチしないと、当然ランナーはアウトにはならない。

結果、アウトになったのは打者走者のみ、つまりツーアウトの状態に留まった。
そして山崎のダラダラ走塁がホームインと認められ、得点が追加。大洋が、前代未聞のインフィールドサヨナラ勝ちを治める結末となってしまった。

球場は大混乱になり、当時の山本浩二広島カープ監督が猛抗議をしたものの、結果は覆らなかった。それどころか、この事の中心となったのは、ひとえにキャッチャーの達プレイであったため、最終的に彼のエラーによるサヨナラと記録されてしまった。

引退試合

1992年巨人戦では、代打で起用されて涙をこらえながらボックスに立った。
引退発表がその試合の前後であり、このとき球場にいた観客には知る由もかったため、なぜ彼が涙をこらえているのかわからない人が多かったという。

引退試合をホームランで飾りたかった達は、「よく燥した木製バットは良く飛ぶ」という話を聞いて、自分のバットを十分に燥させて打席に臨んだ。


次へ»
最終更新日: 17/08/19 08:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ