ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


酒井忠次


ヨミ: サカイタダツグ
掲示板をミル!
26カキコ!

「酒井忠次」(さかい・ただつぐ 1527~1596)とは、戦国時代の武将である。小平次、小五郎、左衛門尉。
徳川家康に仕えて軍事・外交で活躍し、家康の事業を支えた。その功績を後世の人々に讃えられて徳川四天王、徳十六将の筆頭格に選ばれた。


概要


正室は碓井徳川家康叔母院)。
松平広忠徳川家康に仕えた。
家康戦国時代に経験した要な合戦のほぼ全てに参加し、優れた部隊揮で勝利を重ねた。
諸勢との交渉も担当し、徳の勢拡大と維持に努めた。行政でも功績を挙げた。
その働きぶりは織田信長豊臣秀吉からも賞賛された。
後に秀吉の要望で京都に留まって生活し、現地で亡くなった。墓は京都の知恩院にある。
晩年も子宝に恵まれて、子孫は徳譜代の名門として繁栄した。


エピソード(の一部)


酒井忠次は徳臣団の重鎮でしかも活動期間が長く、子孫は江戸時代全期を通じて繁栄したため、多くの史料が酒井忠次に関する記述を残した。
信憑性が疑わしい話もあるが、酒井忠次の人物像は概ね以下のようなものである。

・『海老すくい』の踊りが得意で、軍議や外交の席でも披露して出席者の緊を和らげた。
 最高位の重臣でありながら気さくに振る舞う人物だったとされる。

下人になった信長秀吉でも、酒井忠次と会う時は気を遣った。
 逆に酒井忠次は彼らの前でも然としていた。

・武勇に優れ、というを振るって活躍した。
 酒井忠次が着用したと伝わるは現存しており、どれも手な意である。

・酒井忠次が遠江の攻略した時の話。
 小原鎮実はから逃げる際、酒井忠次を殺しようと倉庫に爆薬を仕掛けていた。
 は作動したが火の量が足りなかったので、爆音に酒井忠次たちは驚いたが傷で済んだ。
 
三方ヶ原の戦いで徳軍が武田軍に大敗した時の話。
 に戻った酒井忠次は太鼓を打ち鳴らして兵を鼓舞し、家康を出迎えて励ました。
 さらに門を開け放ち、火を焚くよう兵に示した。
 接近した武田軍は、浜松防備な様子を見て不気味に思い、戦わずに引き上げた。

長篠の傍を流れる豊は三河を潤す重要な河川だが、当時は洪水が頻発していた。
 1570年、酒井忠次は豊用水路を作る工事を行った。
 長篠の戦いでは、酒井勢は豊を渡り奇襲を成功させた。

長篠の戦いの後の話。
 功労者の酒井忠次を信長は絶賛し、「まるで背中がついているようだ」と言った。

虎の話。三河の有人衆の牧野康成は、虎をに貰いたいと酒井忠次に申し入れた。
 酒井忠次はすぐに断った。不思議に思った家康が理由を尋ねた。
 忠次「牧野は勇猛で優れた武将です。いずれ謀反して三河を奪いかねません」
 家康「それほどの人物なら、忠次の与にして活躍させよう」
 酒井忠次の婿になった牧野康成は長篠の戦いなどで活躍したので、牧野は繁栄した。

・遠江の諏訪を攻めた時の話。
 を見下ろす火山に砦を築いた酒井忠次は狼煙を使うことで、に篭る武田軍を混乱させた。

・徳甲斐を制圧した時の話。
 家康は「武田に仕えた者たちを、忠次の寄騎にしよう」と考え、酒井忠次に相談した。
 酒井忠次は断り、家康が期待を寄せる若手の井伊直政の寄騎にすることを勧めた。
 この話を聞いた榊原康政が、半数は自分の寄騎にして欲しいと訴えた。
 忠次「寄騎の件はに付けるという話で、そのが井殿推薦したのだから、口を挟むな」
 酒井忠次に諭されて、榊原康政は諦めた。

・徳秀吉の命関東に転封されると、酒井は3万7千石の大名になった。
 本多忠勝榊原康政井伊直政は10万石以上の大名になった。
 酒井忠次はすでに隠居していたが、家康酒井の石高を増やすよう訴えた。
 この時、家康は「おまえもが子は可愛いか」と皮を言った。
 かつて家康息子信康が織田信長に疑われて切腹させられた際、織田信長に会いに行った酒井忠次は、徳川信康を助けようとしなかった。
 酒井忠次は自分の過ちを恥じて、引き下がった。
 


酒井忠次と松平家の関係


来>

酒井伝に拠れば、酒井は同じ先祖を持つ親戚とされる。
酒井忠次は幼い頃、松平広忠徳川家康)に仕えて小姓を務めた。
松平広忠が親族に圧迫されて伊勢三重県)へ亡命した時は、酒井忠次もお供した。
その後に三河へ帰還した松平広忠今川支援を受けるために幼い息子竹千代家康)を今川の本拠地・駿へ人質に送ると、酒井忠次は竹千代に同行した。


酒井と同格>

ところが酒井忠次が松平広忠に仕えたとされる1530年代~40年代のは、分裂して一門同士で抗争を繰り返していた。
そして酒井自体はと並ぶ有人衆でもあった。
ただし酒井の勢は三河中西部に限定されており、あくまでこの地域の有者だった。
また竹千代のお供衆の中に酒井忠次の名前はく、名前があるのは酒井雅楽の人物だった。
(酒井忠次が属する左衛門尉とは近しい親戚だが、別系統)
雅楽下で活動した一方で、左衛門尉の酒井忠次は下記のように自立した人として行動した。

1540年代に尾織田信秀が三河へ侵攻すると、酒井忠次は織田に味方して松平広忠今川を支持)と敵対。
1549年上野合戦で酒井忠次は上野織田方)の支である上野に籠し、今川軍と戦った。
この合戦は今川軍の勝利で終わり、酒井忠次は今川替えした。
同年に松平広忠が死去すると、跡継の竹千代がまだ幼かったため、今川義元は代官を派遣して領を統治させた。
この代官たちの中に酒井忠次もいて、1552年には岡崎奉行の一人として活動していた。
遡って1549年には三河の人がある案件で今川義元から「酒井忠次に相談せよ」と示を受けた。
酒井忠次は駿河へ行かず三河に留まり続けたのかもしれない。


家康の親族>

1560年、桶狭間の戦い今川義元が敗死。
この合戦で家康(当時は松平元康)の叔母である碓井の夫も戦死した。
未亡人となった碓井は酒井忠次にいだ。
この婚姻によって酒井忠次は家康の親族になった。

徳川家康一門を含む多数の三河人衆を酒井忠次の与(部下や下位の協者)にした。
さらに後述の北条氏康関東の有大名)からの書状の内容と併せて考えると、酒井忠次は家康の強な後ろだった可性が考えられる。
桶狭間の戦い後、家康岡崎へ帰還して今川の代官たちからを受け取り、しばらくの間は今川に味方して活動した。
家康の後見人として、有人で岡崎の代官も務めた酒井忠次は適任だったのかもしれない。


<三河衆の寄親>

1565年、酒井忠次は今川の東三河の最重要拠点だった吉田攻略。周辺の砦も攻略し、家康から所領の加増を約束され、この地域の統括を任された。
今川に従っていた牧野(現地の有人)などが酒井忠次の与(下位の協者)となった。

1570年、徳川家康は本拠地を三河の岡崎から遠江(静岡県西部)の浜松へ移し、岡崎は幼い息子徳川信康に預けた。
家康が遠江へ移った結果、岡崎周辺の一門を含む三河東部以外の地域の人たちも、酒井忠次を通じて家康から軍事示を受けるようになった。
それまでも酒井忠次が彼らを率いて戦うことがあったので、自然な人事だった。

近くはない浜松から大雑把を投げられるだけでは三河衆が困るので、三河に留まった酒井忠次が酒井臣や与人衆の元へ派遣して彼らに詳細な説明をさせたのだろう。
日記』にはそのような役割をした人物がいたことが記されている。

人たちが仕えた相手は家康で、酒井忠次は三河における家康の代理人だった。
ただし地の中には酒井と行動を共にする内に酒井臣になるを選ぶ者もいた。

三河衆―酒井忠次ー家康、という情報伝達系統が構築されたが、いつもこの経路で示や報告が送られるわけではなかった。
浜松から三河衆へ直接示を飛ばすこともあれば(後述する信康事件の時など)、酒井忠次が遠江に出中で三河に不在の時は石川数正岡崎にいた徳川信康の重臣)から三河衆へ示を伝えることもあった。

臨機応変、柔軟に対応したわけだが、それを可にしたのが日頃からの人付き合いと参した相手への気配りだった。戦国時代コミュが高くないと生きていけない過酷な時代だった。
日記』には三河武士たちのそのような活動も記されている。
の時も徳軍を支えた酒井忠次と三河衆の底は、そうして培われたのかもしれない。

三河人衆の協を受けて活動した酒井忠次は、三河衆が報われるようにする義務があった。
四天王の他の三人――本多忠勝榊原康政井伊直政は徳の旗本軍団を率いて家康の本拠地浜松で勤めたが、酒井忠次は彼らとは全く異なる立場と経歴の人物だった。


<閑話>
酒井忠次が他の三人と特にトラブルを起こした話はない。例外は上記の井伊直政の与に関する人事である。
この逸話自体が徳や井に多数仕えた武田旧臣の子孫による先祖顕創作話のようだが、酒井忠次や井伊直政の当時の立場やその後を考える上で参考になる。

徳川家康は旗本先手役(直属軍団)の武将たちを、勢拡大の度に地方に赴任させた。上記逸話の時期は駿河(静岡県東部)、信濃長野県)、甲斐山梨県)を獲得し、武将たちを現地へどんどん送り出した。
井伊直政甲斐に赴任した。逸話の経緯がくても、武田の旧臣たちが井臣や部下になるのは自然なことだった。
そして家康の本拠地である浜松に残った先手役の要武将は、本多忠勝榊原康政だけとなった。家康が最も信頼した側近二人ということになる。

こうした事情を踏まえると、先の逸話で酒井忠次が武田旧臣を与にすることを断ったのは、単に住み慣れた三河(故郷)を離れて甲斐へ転勤するのを嫌がったからではないか、とも考えられる。
そして身代わりに井伊直政推薦
後輩(井)を心配した榊原康政が、「与の半数は某に(=甲斐に行って仕事する)」と家康に談判
榊原まで転勤すると浜松軍団のまとめ役が本多忠勝だけになってしまい、本多の負担が倍増
酒井榊原を説得

という三河の田舎名将たちが甲斐をド田舎扱いという武田も支配に苦労した土地の人事を巡って熾な駆け引きを行う一幕があったかもしれない。
ちなみに酒井忠次は晩年、京都で暮らして京都で亡くなった。


福谷城の戦い


今川織田の勢圏のにあった。
酒井忠次は竹千代徳川家康)のお供の役を終えて三河へ戻り、しばらくして福将を務めた。

1556年、尾から織田柴田勝家が率いる織田軍が福に襲来。酒井忠次は籠してを守り抜き、に従う(実際は今川に従う)三河の人衆が救援に駆けつけて織田軍を撃退した。
の戦いでは、当時は織田信勝信長)の家老だった柴田勝家だけでなく、織田信長臣も参戦した。

この戦いに関する記録は後年に徳側が残していて、「敵もよく戦った。だが三河衆は死を尽くして強敵を撃退し、大きな戦果を挙げた」という内容になっている。

同じ年、尾では織田信長、信勝兄弟が稲生の戦いで突した。
稲生の戦いの背景としては信長の後ろだった美濃斎藤道三が同年戦死したことが挙げられるが、福の敗戦が影を与えた可性も考えられる。

「福の敗戦を機に、織田兄弟は対立を始めた。織田だけでは今川に対抗できないと判断した織田信勝斎藤義龍を後ろにしようと考えた。そこで斎藤義龍と争う信長を排除しようとした」
というものである。

の戦いについては戦果が誇された疑いもあるが、いずれにしても当時の酒井忠次は今川義元から最前線のを任されるほど期待され、そして織田軍に勝利した武将だった。
(ただし当時最前線のの守将は複数の武将が務める場合が多かった)


長篠の戦い



次へ»
最終更新日: 18/06/28 22:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ