ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


重力


ヨミ: ジュウリョク
掲示板をミル!
23カキコ!

重力とは、りんごが木から落ちる原因である。


物理的なこと


物体が物体を引き付けるのこと。万有引力ともいう。万有の名の通り、あらゆるものは引き付け合う。君と気になるあの子も引き合っている。

々が地面に立てるのはコレのおかげ。地球太陽の周りを回るのもコレがあるから。ついでにが裏の顔を見せないのもコレの

 宇宙にある四つのの一つ。ほか三つは、電磁気、強い、弱い。ちなみに々が物を持ったりを押したりするときのは電磁気である。重力はその中でも非常に小さなであり、それこそ体規模にならないと感知できない。実験サイズの物体どうしの相互作用はとても小さいが、1798年にキャベンディッシュによって初めて測定された。 

 ニュートン力学

万有引力はニュートンが提唱した。りんごが落ちるのをみて発見したというエピソードが有名だが、偽は不明。 

F = GMm/r2 

重力の大きさは、互いの質量に例し、距離の二乗に反例する。これによりケプラー法則など惑星の運行は説明がつく。

Gは万有引力定数で、G = 6.67×10−11 m3 kg−1 s−2

地表での重力加速度は、g = GM/R2 ≒9.8[m/s2] 。

ちなみにニュートンが提唱したのは重力法則がこの世のすべての物体に適用できるという統一論的な考え方である。ものが地面に向かって落下することはそれこそが見てもわかることで、そこに法則性があるという見方自体は(正確性を別にすれば)アリストテレスだってっている。

しかし体は地面に向かって落ちてきたりしないため、長らく地上の法則体の法則は異なるものと考えられ、落体の性質と体運行を結びつけるものはいなかった。これに対して、もしが慣性の法則に従うなら本来直進するはずが、実際には地球の周りを回っているという事実に対して、地球の重力に引っられていると仮定して計算すると観測通りの軌を描くと示したのがニュートンだった。

これによってりんごも同じ理屈で説明できる古典的な万物の理論として万有引力が誕生したわけである。

 一般相対性理論

アインシュタインが提唱した一般相対論によると、質量によって時間が曲げられた結果として重力があらわれる。これによって、ニュートン力学では説明しきれなかった惑星の小さなズレや、質量のないが曲がる現も説明がつく。


 その他


 


関連動画



■sm16570798[ニコ動]

■sm15978489[ニコ動]


関連商品


■az4621083279
■az4797370238
■az4344982614
■az4022599057


関連項目



最終更新日: 20/03/04 16:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ