ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


野々村竜太郎


ヨミ: ノノムラアアッハッハアアアアアァッッリュウタロウッ
掲示板をミル!
1912カキコ!
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

野々村竜太郎(ののむら りゅうたろう、1966年7月29日 - )とは、日本政治家である。元兵庫県会議員(西宮市選挙区、当選1回)。

政治団体最後の希望」(旧名:西宮希望女神、旧々名:西宮維新の会)所属。


概要ゥオゥウア゛アアアアアアアアアアアアアーーーゥアン!


1966年7月29日大阪府大阪市に生まれる。名門進学校として知られる大阪府北野高校入学(1年次に留年)。卒業後は関西大学法学部を経て川西役所に15年近く勤めたのち、2007年11月をもって退職。翌年1月北野高校後輩(3学年下)にあたる橋下徹大阪府知事選挙当選を飾ったことに触発され、次々と地方選挙に出するも4連敗を喫する。

預貯を取り崩しながらの生活でいよいよ後がなかったが、2011年兵庫県議選西宮市選挙区で最下位ながら当選ラインに滑り込み、悲願の初当選を果たし晴れっ当な議員となった。補者調整や票割りに失敗して自民党補2人が当選圏外に転落していったこと、そしてこの統一地方選でフィーバーを起こしていた「大阪維新の会」に似た名前の「西宮維新の会」を名乗ったことが功を奏した結果となった。

なお、「維新の会」の名称を使用しているが、後述の発言集にある通り、野々村と大阪維新の会には何ら繋がりはない(地域政党の場合、政治規正法では類似名称に対する規制い為、「○○維新の会」と称する団体を勝手に設立して「○○維新の会認」を名乗る補者が後を絶たなかった。ちなみに都道府県レベル選挙でこの類似名称を使って当選したのは、地味に野々村のみである)。

後に西宮維新の会は2013年4月に「西宮希望女神」に、2014年3月に「最後の希望」に順次名している。

選挙種別 得票数 得票率 順位/ 結果
08/07/27 太子町長選挙 所属 485票 3.5% 3/3 落選 供託50万円没収
08/11/16 西宮市選挙 所属 6,184 5.2% 6/6 落選 供託100万円没収
09/07/05 兵庫県議補選(西宮市選挙区) 所属 33,359 29.3% 3/3 落選 供託回収
10/05/16 西宮市選挙 所属 25,924票 21.4% 3/3 落選 供託回収
11/04/10 兵庫県議選(西宮市選挙区) 西宮維新の会 11,291 8.1% 7/10 当選

県議会ではいずれの会にも属さず、所属議員として活動していた。なかなかの独自路線ぶりで知られ、議長選挙や副議長選挙では自分に票を投じる場面も見られた。他方で所属ゆえの扱いの軽さに悩んでおり、西宮市選出の他の6議員が自分だけ視して陳情に行ったことへの不満を本会議で吐露したこともあった。また委員会のポストを巡って争った議員に「この恨みは一生忘れない」というメールを送ったこともあるという。

選挙種別 1位 2位 3位
12/06/13 副議長選挙 野間洋志(自) 62 須美枝(民) 26票 野々村竜太郎 1票
13/06/12 議長選挙 石堂則本(自) 80 宮田静則(共) 4票 野々村竜太郎ほか2名 1票
副議長選挙 加田裕之(自) 61 藤井訓博(民) 26票 野々村竜太郎 1票
14/02/21 広域連合議会議選挙 合田博一(公) 79 宮田静則(共) 5票 野々村竜太郎 1票

後述する政務活動費問題で注された2014年6月30日時点で47歳、独身Twitterでたびたび結婚子供を持つことへの意欲を示しているほか、県議会本会議の質問中にも何度か婚活中であることをアピールしていた。兵庫県の委託事業である「ひょうご出会いサポートセンター[外部]」を利用し、見合いを重ねているようだ。

政務活動費問題を受け、同年7月11日付で議員を辞職し、同日、県議会は野々村を刑事告発した。議員時代に受け取った政務活動費1834万円はその後全額返還されている。
告発を受けた兵庫県警は、同18日に野々村の自宅への宅捜索に入った。同年9月18日に、野々村が警察の取調べに対し「ほとんどの出張はカラ出張だった」と認めたと報じられた。2015年8月18日神戸地検は政務活動費と称して9132050円を騙し取ったとして、野々村を詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪で在宅起訴した。同年11月24日に初判が開かれる予定だったが、野々村は的に不安定として欠席、この日の裁判は行われないまま閉廷となっている。

なお、翌年2016年1月26日に延期された初判に際して再び出廷拒否を行う恐れがあった事から、初判前日の1月25日神戸地裁より勾引状(在宅起訴等で、拘束されていない刑事被告人が裁判への出廷を拒否した場合に、裁判所が「強制的に勾留させる」命書。勾引状の項を参照の事)が発行され、野々村の身柄を勾引した上で神戸拘置所へ収監されるという、極めて異例の措置が取られた。

そして、翌26日に初判を迎えた際には、あの会見の時の面影はく、ふっくらとしたツラにスキンヘッドメガネ姿で現れ、起訴事実を全面的に否認した・・・と言うよりは、簡単な質問にも「覚えておりません」「記憶にい」的なセリフを約90回連呼して裁判長から注意される事態に。偽造されたと思わしきレシートについても「押収された以上、偽造されているかもしれない。警察官がやったと思っています」としている。なお、野々村自体は「記憶障と診断された」としていたのであるが、弁護側から診断日を問われた際、「平成27年12月9日です!」と即答している。

同年7月6日に下された判決は「懲役3年・執行猶予4年」。詐取全額返納と失職等の社会的制裁が考慮された上での決定である。検察側・弁護側ともに控訴を行わず、2週後に同判決が確定した。さて、後述する会見での発言にある、落選を繰り返しながらも心折れずに県議を志した理由が単なる言い訳でなかったかどうかは、務めを果たし再び社会に出てきた時にこそ明らかになる。そういう意味で復帰後にこそ彼のの償いがあるとえるだろう。


政務活動費問題についてェー!


2014年6月30日阪神武庫川団地前駅を起点として兵庫県内のJR城崎温泉駅106回、同じく県内のJR佐用駅62回、福岡市JR博多駅へ16回、東京都内へ11回、年間で計195出張で訪れた(約二日に一回のペース)として、政務活動費よりおよそ300万円を支出していたことが兵庫県議会の開した2013年度の収支報告書で判明した。県議会では調研究に充てる費用として議員1人に50万円、年600万円の政務活動費を交付していた。

同報告書には領収書はおろか当該地での活動内容に関する記述も一切記載されていなかった。同年4月に11日連続で福岡東京を、6月から7月にかけては12日間連続で豊と佐用を交互に訪れるなどしていたことも判明したが、それらの日付は本会議などの議会登庁日とは重ならなかった。

なお2013年9月2日にも阪神武庫川団地前駅JR城崎温泉駅間を日帰りで往復したとあるが、この日は阪神圏が記録的に見舞われ、神戸大阪方面からの特急のほとんどが夕方まで運休していたことが分かった。収支報告書には特急にあたる額を記載していたが、特急での日帰りは極めて困難であった。同様に城崎温泉出張したとしている8月29日大阪市内と神戸市内で合わせて約6万円分の切手を購入していたことも判明した。

更に2011年度・2012年度にも同様の支出をしていたことが分かり、野々村議員に関する政務活動費不自然な支出は3年間で345回、額は約800万円に上った。特に2012年5月28日には正午に県庁から郵便物を出し、夕方に県議会控室に居たにもかかわらず、東京に日帰り出張に行ったことになっていた。

これらの報告書においても領収書は提出されておらず、活動内容も「県の事務および地方行財政に関する調研究」などの簡潔な記載にとどまっていた。


記者会見ンドゥッハッハッハッハッハアアアアァァ↑


上記の疑惑に関しての記者会見朝日放送ニュース番組「キャスト」内で放映されるやいなや、その異常な内容にお茶の間もネットも騒然とした。

そこには机をいて泣きわめきながら意味不明な発言を繰り返し取り乱す中年男性の姿があった。以下がその発言である。

(前略) アノー大人社会人として、ご摘を摯に受け止めて、エー、私としては、アノー、実績に基づいて、適正…エー、ショダクゼ基づいて報告しておりますけれども、議員という大きな立場からみれンン見れば、ご摘をやはり摯に受け止めて、どこかで折り合いをつけなければ、アノー大人じゃないと思うんですよ。ですから、アノー、私はソノ、議員という、本当にモー…アノはアノー、小さな子供が大好きで、本当に子供が大好きなんで。ですから、モーそういう子供たちにホントに、申し訳なくて、

…こんなアノ大人で、県民の皆さま、私もホントにモー死ぬ思いで、モー死ぬ思いでモー、アレですわ。アノ一生懸命、ラク落選に落選を重ねて、見知らん西宮市に移り住んで、やっと県民の皆様に認められて選出された代表者たる議員であるからこそ、ホントにこうやって報道機関の皆さまにご摘を受けるのが、モ本当にツラくてウフ、情くなくってモー子ドモホォたちにホントに申し訳ないんですわ。

ですからぁ、エッハンッ、皆さんのホ、ご摘を摯に受け止めて、議員という大ホきヒなハ、クッカテゴリーべたらぁ、ズズッ、政務調費セフッムフゥカハツドホフィの、報告のホホ、ネェ、折り合いをつけるっていうハァハァことで、もう一生懸命ホントにハァハァ…少子化問題・高齢ヘヘヘハハハハアアアア!!↑↑ 高齢者問題はぁ…グズッ…が県のニートゥッハッハッハッハッハアアアアァァ↑、が県のみンゥッハー↑ グズッが県のみな らずぅう!!ニシンニミヤ…日本人の問題やないですか!! …そういう問題ホォホッホー!  解決シタイガ為ニィ! ハネェ! ウハハハハァァァ! がネェ! 「ダデニ投票デモオンナジヤオンナジヤ」オモテェー! ンァッ↑ハッハッハッハーwwwwwwア゛ン!! ズゥーット投ヒョーシテ来タンですわ! せやけど変ワレヘンカラァ、ソレヤッタラァ私ガァッ! …ハァハァ…ハァッ、立補してぇ、文字通りぃ! ゥンハハァン!!↑↑ 命がけでッヘッヘエエェエェエエイ↑↑↑↑ア゛ァアン!!!

……(読売テレビの)サトウ記者ァ、アダダニハワカランデショウネエ! …々としたぁ、川西役所)を退職してぇ、本当に、「投票しても一緒や。が、投票しても」じゃあ、がぁ! 立補してぇ! 「この世の中をォンフンフンッハ、コノ、コノヨァアアアアアアアアア↑↑↑アァン!!!!!! アゥッアゥオゥウア゛アアアアアアアアアアアアアーーーゥアン! コノニホォァゥァゥ……ア゛ー! コノヨノナカヲ… ウッ…ガエダイ!」コノ一心デェ …ハァハァ…一生懸命訴えてぇ、ニシノミヨミ…縁もゆかりい西ノミヤハァ市民の皆様に選出されて、やっと!議員に!!なったんですぅ!!!(バンバンバン←机をく音)

…ですから皆様のぉ、ご摘ヲォ、県民の皆様の、ご摘トォ、受け止めてヘハッハァハアアアッアハァアアアア…アハァア゙ア゙ア゙ア゙アアァアァアァ…、ごテギドォ受け止めデェ、ズズッ…アアアアハハアアハアアご摘と、受け止めてぇ、 …「一人の大人として、社会人として、折り合いを付けましょう」と、そういう意味合いで、自分としては、「なんで、実績に基づいて、キッチリ報告してんのに、なんで自分を曲げニャイとぉいかんのや」(←振り上げた右手の手)と思いながらもぉ、もっと大きな、標! すなわち本当に、「少子高齢化を自分ので、ウッ…議員ひとりの僅かなではありますけれども、解決したい」とゆうに思っているからコソォッ!↑↑

摘の通り、「平成26年度には、195回(出張に)行きました! 301万円支出さして頂きました! 日帰りでございました!」そのご摘を摯に真剣に受け止めようとするから、一人の大人としてぇ、なんとか折り合いをつけるところで折り合いをつけさして頂いて、もっと大きな標! 議員として、少子高齢化を少しでも解決すべく、議員として活動さして頂きたいからこそ、こらえに!こらえて!!(バンバン←机をく音) 何とか! 折り合いがつくように! …訂正・返納という形を事務局と相談させて頂いて (後略)

要は「少子高齢化日本全体に係わる大問題であり、投票しても同じだと思っているような方々には理解できないだろうが、私は命がけでこの問題に取り組んでいるのだ。政務調費の件はこれらにべれば実に瑣末な問題でしかなく、しかも大人社会人として既に返納する事で事務方とも話がついていて解決済みなのだから、少子高齢化対策の進展の為にもこれ以上の私への追及は悪である」とでも言いたかったのだろう。

が、叫びや慟が多すぎてもはや何が言いたいのかに伝わらなかったであろうことは明であるし、そもそも県民の血税の掛かった事件が返のみで丸く収まるのなら警察は要らないのである。いずれにせよ、本当に自分のやってたことが間違いではなかったと思っているのならば、もっと落ち着いて記者会見に臨むべきであっただろう。大人社会人として

なお記者会見は3時間に及んだが、「数回に及ぶ出張は何のためのものなのか」「なぜ領収書を取らなかったのか」といった記者たちからの質問に対しては「記憶にない」「相手との約束で内容は話せない」「現地には行ったが経路は忘れた」「領収書を券売機で発行できるとは知らなかった」と言った釈明に終始し、具体的な活動内容の説明はなかった。

その上で「精的な活動が常識とかけ離れているとの摘ならば、大人として折り合いを付けざるを得ない」と、あくまで正当な政務調活動であったとの前提で、報告書の訂正や返納を検討する意向を示した。しかし既に述べた通り、後にこれら以外にも不正な出張等が見つかり、つまりこの時点で言っていた分の返納ではまだまだ不十分だったのだ。

ちなみに、野々村自身は「不正経理に関して底的に追及せよ」とブログしていた。まったくである。


ンァッ↑ハッハッハッ反響



次へ»
最終更新日: 18/06/15 23:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ