ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


野村直矢


ヨミ: ノムラナオヤ

野村直矢とは、全日本プロレス所属のプロレスラーである。
1993年10月23日生まれ
身長185cm。体重105kg(2017年8月時の公式データ
2014年3月デビュー


概要


全日本プロレス社長秋山準いわく「トンパチなところがある」。
それゆえかトレーナーかつデビュー戦の相手である青木篤志からは、きついダメ出しをもらい続けていたが、2017.3川越大会、野村青柳vs青木佐藤光留の試合後には青木から「あいつら(野村青柳)も実ついてきた。負けてらんねぇ」との言葉を引き出すレベルには到達した。

ユニット活動面では、2015年末、諏訪魔がリーダーであるユニットEvolutionに加入。翌年7月ユニット脱退。Evo脱退時にはケジメとして諏訪魔とのシングルマッチが行われ、諏訪魔にボコボコにされながらも脱退の意思は曲げなかった。
脱退理由は「一からやり直したい」
Evoは戴冠経験者ばかりの実ユニットのため、当時実績のなかった野村背伸びが強いられたことが原因であろうか。
2016年宮原健斗からの誘いにより青柳優馬とともにNEXTREAM(ネクストリーム)に加入。なおEvo時代は色に染めていたが、Evo脱退と同時に、初心に帰るためか黒髪に戻した。

ながらく「受けっぷりはいいが攻めが弱い」の評価を受け続けていたが、北原催の地下室マッチにも2016年8月から5回連続参戦した成果もあってか、徐々に攻めに強さが加わっていった。
チャンピオンカーバルにも2016年から参戦(2016年は1勝)。2017年には戦績こそ2勝4敗だが、シリーズ終盤まで熱戦を展開できるタフさも明。
公式戦の相手、石川修司(同年のカーバル優勝者)には負けはしたものの「全日本の若手(野村)は凄いわ」と言わしめた。
そうした地な向上をつづけたことが自信になったのか、2017.6.22根室アジアタッグ王者青木留組との対戦後(パートナー青柳)、「何かつかみかけている」と発言。それを明するかのように同年7.17ジェイク・リーとのタッグゼウス&ボディガー組(ザ・ビッグガンズ)を倒し世界タッグを奪取。
試合では負傷欠場明けのジェイクが狙われる展開の中、ビッグガンズの猛攻に耐え試合を決めたのは野村。新技マキシマムを初披露しボディガーからフォール勝ちをおさめた。
さらに7.28名古屋リターンマッチでも野村マキシマムゼウスからフォール勝ちし防衛。パートナージェイクによる好フォローがあったとはいえ、ボディガーとゼウス両名からピンフォールを取ることにより、もうやられるだけの若手ではないとの印ファンに植え付けた。
なおキャリア3年4かでの世界タッグ戴冠は、時代が違うとはいえ秋山準の3年8かよりい戴冠であった。(秋山世界タッグの前にアジアタッグをキャリア2年4かでとっているが野村世界タッグが初の戴冠という差はある)

しかし8.1にジェイクの膝の手術による欠場が発表され、それにともない世界タッグ王座は返上。
本来なら8.27両ではジェイク&野村vs関本大介岡林裕二となる流れであったが、ジェイク欠場の結果、両での一戦は関本&vs野村と新パートナーによる王座決定戦となることがが発表された。野村パートナーには秋山大森KAI名乗りをあげ、8.3新木場での8人タッグ(秋山大森石川KAI vs 宮原野村青柳岩本)の対戦で通じるものがあったのか、試合後KAI世界タッグ共闘要野村は快諾。KAI野村組で両に挑むこととなった。
野村と同じユニットであるネクストリームに属する選手は、宮原健斗三冠戦、青柳優馬タイチ戦と、すでに両カードは決定していたため、同ユニットからのパートナー探しは不可能な状態だった。
KAIフリーの立場で2017年から秋山全日本に本格参戦、霜拳とのタッグで同年5月世界タッグ王座を奪取したが、リターンマッチにて霜のひざの状態の悪化もありタイトルを失った。その後霜はひざの手術のため長期欠場。つまり野村KAIともに、タッグで実績を示せたところでパートナーを負傷欠場で失っているもの同士だった。

8.27両での世界タッグ王者決定戦ではゴーレムスプラッシュ野村フォールを許し世界タッグ奪取はならなかったが、サムライTVで解説した小橋建太は「野村君のフィジカルの成長がすごかった」と評価。試合としてもニコプロ二次会ではメイン三冠戦を押さえベストバウトに選ばれる好勝負を見せた。

その後KAIとのタッグ世界タッグに照準を絞る流れかと思われたが、流失したアジアタッグの奪還を青柳に同調。9.30前橋にて青柳とのタッグアジアタッグ王者TAKAみちのく&ブラックタイガーに挑戦しベルト奪取。10.5新木場で征矢学&ブラックタイガー相手に防衛。さらに10.22横浜ではえるべき先輩タッグである青木篤志佐藤光留を挑戦者に迎え防衛に成功。
いずれの試合も決めたのは青柳であるが、野村も好フォローを見せて勝ちに貢献している。
ジェイクやKAIとのタッグではコントロールされる側だった野村だったが、アジアでは、パートナー後輩青柳であることもあってか勝つための流れを作ることに専念し、そして結果を出している。
世界タッグ戴冠を経験し「勝ち味」を覚えた直矢は、明らかに次のステージに入ったといえるだろう。


得意技



余話


大日本プロレス野村卓矢とは、生年日が同じ(※日だけでなく年も同じ)で、名前が一字違い。
血縁関係はないが上記の偶然から、全日・大日ファンから双子兄弟とイジられることもある。
この二人、全日の直矢はオーソドックスなプロレススタイルなのに対して大日の卓矢はU系の臭いも感じさせるスタイル、またさはないが地に向上してきた直矢と、デビュー直後から注を集めた卓矢と好対照。(年は同じだがプロレスデビュー全日の直矢が2年先輩)
2016年一で開催された全日・大日共催の若手業(AJ-PhoenixとD-RISE)の段階では大日の卓矢の方が注度・評価共に高かったが、2017年には直矢が世界タッグを奪取することで巻き返している。
2017年時点では二人のシングルの対戦成績は1勝1敗。
今後も団体は違えど良きライバルとしてお互い意識しあい高めあってほしいところである。

トンパチを感じさせるエピソードとしては、自動車運転免許を取る際、教習所の期限ぎりぎりまで取ることができず、一時は奥田リングアナから「仮免王子」とからかわれ、ファンからは「野村仮免落ちたってよ」とイジられたこともある。結果的に免許は取得したようだが、先輩である青木篤志には「アイツに運転させちゃダメじゃないのか」と不安がられた。

先輩に対して悪気くぶしつけな態度を取ってしまうようで、プライベートでは、先輩との食事の際も先輩のお勧めを視して自分の好みのものをオーダーして周りをひやひやさせたり、リング上でも、世界タッグ王者の時にジェイクからの名によって関本・が挑戦者に決まったにもかかわらず「挑戦してきた」と発言しを怒らせたりした。そうした個性ゆえかKAIには「どこか大物感を感じる」と情をもってイジられた。また青木篤志にはダメ出しを食らいながらもそれでむことなく着実に実を上げてきた彼は、一昔前の流行で言えば鈍感を持っているともいえる。SNSなどで他ないことから誹謗中傷が発生しかねない現在、彼の鈍感は大成するに必要な個性・・かもしれない。


関連動画


2016チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦 秋山準 vs 野村直矢[動]

2016チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦 野村直矢 vs スーパー・タイガー[動]

2016チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦 関本大介 vs 野村直矢[動]

2016チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦 宮原健斗 vs 野村直矢[動]

2016チャンピオン・カーニバルAブロック公式戦 野村直矢 vs 真霜拳號[動]

※上記の動画はいずれもニコニコプロレスチャンネルの会員無料動画


関連商品


野村直矢に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ



関連項目



最終更新日: 17/10/22 02:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ