ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


野球狂の詩


ヨミ: ヤキュウキョウノウタ

野球狂の詩とは、1972年1978年まで週刊少年マガジンで連載されていた水島新司野球漫画であり、それを原作として放送されたアニメドラマ(いずれもフジテレビ系列)、映画作品でもある。アニメ版は全25話。


概要


当初は、50歳をえてもなお現役投手として活躍する岩田五郎をはじめとする「東京メッツ」のナイン主人公とした一話完結の不定期連載漫画だったが、女性投手水原勇気が登場する「水原勇気編」の頃には連続性を持った漫画となり、不定期から定期連載へと変わっている。

1977年からは、フジテレビ系列ゴールデンアニメ作品としてはしい1時間番組として放送されている。
まずスペシャル番組として第1話が放送され、それから約5ヶ後に第2話以降が放送されているが、第6話と第7話には約2ヶの間隔があるほか、放送も第2~6話までは一放送、第7話以降は週一放送というこれまたしい放送形式となっている。
なお、第11話までは水原勇気編、第12話以降は勇気以外のキャラクター編と、原作とは逆の順番で放送されている。

同じ年には木之内みどり演の実写映画が、1979年には火浦健を主人公としたアニメ映画(第13~14話を再編集したもの)が開され、1985年にはフジテレビ系列の『月曜ドラマランド』にて斉藤由貴演でドラマ化されている。

1997年にはミスターマガジンにて続編となる『野球狂の詩・平成編』が連載されている(タイトルは『野球狂の詩2000』を経て『新・野球狂の詩』と変更され、『新』は廃刊になったミスターマガジンに代わって週刊モーニングで連載された)。

平成編』は20年後の東京メッツ舞台となった漫画で、かつての選手達は引退しており、メッツも身売り寸前という状態から始まっている。五郎、五利一勇気メッツ監督およびコーチとして復帰し、かつてのエースだった火浦健はライバルチーム大阪ガメッツ監督となっている。

作中におけるメッツの対戦相手は当時の作者の好みもあり、圧倒的に阪神が多い。当時のプロ野球漫画ではしく、巨人の選手の登場は極めて少ない。


東京メッツについて


セントラルリーグに所属するという設定のプロ野球球団。時期は不明だが、戦後プロ野球が再開頃までには存在していた模様。
当初の名前は「東京楽部」で、1950年の2リーグ分裂後に東京メッツ称(なお、MLBニューヨーク・メッツより10年以上く「メッツ」を名乗っている)。

親会社は食品会社の東京インスタント食品という会社で後にメッツ食品に称。その後1978年オフに大日本建設という建設会社に親会社が移った。
上記の通り、『野球狂の詩 平成編』第1話の時点ではかつての選手は五郎を含めて軒並み引退しており(五郎は任意引退状態)、あまりの弱さにチームも身売り寸前となっていたが(買い手も一つ、二つあったらしい)、一日だけ復帰した五郎勇気の奮闘を見たオーナー代行が身売りを撤回し、五郎監督、五利をヘッドコーチとした新体制で再出発している(この時点では勇気は選手としてもコーチとしても全復帰はしていない)。

なお、『新・野球狂の詩』では化粧品会社の「生堂」に身売り、本拠地も日本ハムに先駆けて札幌に移転し球団名も「札幌生堂メッツ」と称している。
本拠地は東京都国分寺市にあるという設定の国分寺球場札幌移転後は札幌ドームを本拠地としている。


主な登場人物



東京メッツ



他球団



テレビアニメ版主題歌


野球狂の詩
作曲編曲渡辺宙明 歌:堀江美都子コロムビア男声合唱
全編を通じてのオープニングテーマで、歌と言うよりもスキャット勇気が登場しない第12話以降でも、オープニングでは勇気トップで紹介されている。
勇気テーマ
作詞水島新司 作曲編曲渡辺宙明 歌:堀江美都子
第11話まで使用されたエンディングテーマ。冒頭には「この作品を 野球するすべての女性ファンげます。」というテロップが挿入される。
の彼方へ
作詞橋本 作曲編曲渡辺宙明 歌:水木一郎
第12話および第15話以降のエンディングテーマ
北の・南の虎
作詞橋本 作曲中村泰士 編曲:萩田雄 歌:水木一郎
第13~14話の主題歌
かあさんの
作詞橋本 作曲中村泰士 編曲:萩田雄 歌:水木一郎
第13~14話のエンディングテーマ

関連動画



次へ»
最終更新日: 14/06/23 22:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ