ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


野球


ヨミ: ヤキュウ
掲示板をミル!
845カキコ!
«前へ

これまではフェアのケースであるが、フェアに対してファウルボールは、走塁の権利は一切与えられない。また、ファウルボールは守備側に捕球の権利があり、球が地面に落下する前に捕球した場合はファウルフライ(邪飛)となり、アウトが宣告される(但し、外野へのファウルフライなら後述のタッチアップは可)。ファウルボールとなる条件にも決まりがあり、外野のファウルゾーンで最初にバウンドした球、最終的に1塁ないし3塁の間のファウルゾーンで静止した球のほかに、1塁や3塁手前の内野で一旦バウンドしたが、1塁や3塁をえてそのまま外野のファウルゾーン上で一度でもバウンドした球、ファウルゾーン上に障物(人物含む)に一度でも触れた場合やバッターボックス内にいる打者に当たった場合(自打球)も適用される。一方、外野で一度でも通過してからファウルゾーンに逸れていった場合はフェアとなる。また、1塁3塁手前のファウルゾーンバウンドしてから、1塁3塁手前の内野フェアゾーンを通過した場合はそのまま外野に抜けてもフェアとなる。地面に落ちる前にベースに当たってから、そのままファウルゾーンに逸れた場合もフェアである。

また、打撃にもルールがあり、違反するとアウトになる。なものにバッターボックスをはみ出て打った、両打ちの選手が一度どちらかのバッターボックスに立ったあとに、投手サイン確認中あるいは投球モーションに入った際に別のバッターボックスに移ったりした、などがアウトの適用となる。

野手が悪送球や捕球の失敗などで相手の走塁や得点を許した場合は過失(エラー)と呼ばれる。とりわけ、打者をアウトにできるタイミングなのに、他の走者をアウトにしようとして別の塁に投げてセーフにしてしまうことをフィルダースチョイス野手選択、略して野選)という。

補足:打撃の用語

打撃(ヒッティング)には大きく分けて、打球の方向に従い、三つの表現がある。それが流す、引っる、返すである。

尚、ミートとは、打者がバット芯でボールを捉えることである。


走塁


野球で最も複雑なルールが走塁に関するものである。特にリタッチ、フォース、タッチフォーアウトタッチアウトの違いなどは初心者にとって最もハードルが高い部分である。

進塁した打者は打者走者(以下、走者と表記)として扱われ、それぞれ塁上に1人ずつ、最大3人まで占塁させることができる。走者は現在の打者が球を打った直後、また野手による飛球の捕球後に走塁の権利が与えられる。

フェアと判定され、球がフィールドに落ちた場合は打者が球を打った直後から打者には走塁の義務が発生し、塁上の走者には進塁の権利が与えられる。この打者の打撃でヒット以上を打ち、走者を本塁に帰した場合は適時打(タイムリー)といい、本塁に返した走者数によって最大3点が入る。ただし、フェアの球がゴロになったり、ライナーになったりすると二箇所の塁で走者がアウトとなることがあり、これを併殺打ダブルプレーまたはゲッツー)という。ごくまれに三重殺トリプルプレー)もある。なお、走者は前の走者を追い越してはいけない。また塁を踏み忘れてもいけない。これを違反した場合、その走者はアウトとなる(この2つのルールホームランにも適用され、ホームランの場合は踏んだ塁までの塁打《本塁ベースを踏んでいない場合は三塁打、一塁ベースを踏み忘れた場合はアウト》となる)。

ただし、打者が打った後、走塁による進塁が認められるのはフェアと判定された上で、かつ捕球されなかった場合である。そして、塁上の走者は、打者が打った後に、次の塁を踏んだとしても、打者が打った球が捕球された場合、走者は元いた塁に、順番に塁を踏んで帰らないといけない。これを帰塁義務(リタッチ)という。走者が元に戻るまでに、野手が塁を踏んだ場合はアウトとなる。なお、このリタッチによるアウトは補足にて後述するアピールアウトによって適用される。(また、一塁走者で二塁を踏んでから、打者の打球が捕球された場合は、二塁→一塁と逆順に塁を踏む必要がある。先の塁を踏み忘れて次の塁を踏んでしまった場合は、同じくアピールアウト適用対となる)。

飛球の捕球後は打者に走塁の権利は失われるものの、塁上の走者には走塁の権利は与えられる。これをタッチアップという。そのため、野手が飛球を捕球した後はすぐに塁上の野手に向けて球を返球して、走者にタッチしないといけない。なお、飛球が遠かった場合は返球まで時間が掛かるため、その間に進塁し、本塁に帰還しやすい。このように得点を狙って外野に飛球を打つことを犠飛犠牲フライ)という。犠飛は前述した犠打の一種である。

フォースプレイ・タッチ

ここからフォープレイタッチの説明に入る。その前におさらいしておくが、ルール上各塁には1人ずつしか占有することができない。そして前述した通り、走者は進塁の権利が与えられ、打者は必ず走塁が義務づけられている。これを踏まえておく必要がある。

もし、打者がフェアを打った後、一塁に走者がいる場合は、一塁走者は今いる塁の占有権(これを占塁権という)を失い、必ず二塁に走らなければいけない。この時に二塁にも走者がいたら、二塁走者は同様に必ず三塁に走らなければいけない。三塁にも走者がいる場合は、本塁に走らなければいけない。このような、打者の進塁によって必ずかが走塁しなければいけないところてん状態をフォーフォースとは強制の意)といい、これによって起こるプレイのことをフォープレイという。

だが、一塁と三塁に走者がおり、打者が飛球以外のフェアを打った場合、一塁走者は二塁に走らなければいけないが、三塁走者は二塁からの走者がいないので、今いる塁の占塁権を失わないため進塁の義務はない。また、二塁と三塁に走者がいる場合でも、打者の走塁義務によって二塁走者が押し出されないため、進塁の義務はない。特に走塁を試みても本塁でアウトになる可性が高い場合は、走らず塁上に待機させることが多い(これを俗に、塁を埋めるという)。また、このフォース状態では、野手は球を持った状態で、各走者の占塁先を踏むだけでアウトにできる(これを封殺《フォーアウト》という)。そしてフォープレイの状態で、打者が一塁到達までにアウトになることで3アウトとなった場合、打者の打撃によって得られた得点は全て取り消しとなる。ただし、後述するタッチアウト(厳密にはアピールアウトも)ではその限りではない。

更にフォース状態が解除される場合があり、これはフォープレイの時に直後の塁にいる走者がアウトになって走塁の権利を失った時である。具体的には1塁と2塁に走者がいて、打者が打ったことでフォープレイとなった際、先に1塁走者がアウトとなった場合が該当する。この時点で2塁走者は進塁の義務はなくなり、2塁の占塁権が復活することで、2塁に帰塁することもできれば次の塁に進むこともできる。また、野手はフォーアウトにすることができなくなるため、後述するタッチアウトが必要となる。

前述したように、占塁権を喪失しない状態で走った場合は、野手は必ずボールを持った状態で走者にタッチしないとアウトにならない(後述する盗塁もこれに含まれる)。これをフォーアウトに対し、タッチアウトタッグアウト、または触球)といって、ボールを持った手で走者に触る必要がある(ボールを持っていない手でタッチしても効)。そして、このタッチアウトによって3アウトになっても、先に本塁に生還していれば、打撃による得点は認められる。尚、タッチアウトの場合は二人の野手に挟まれることが多々ある。だが、走者はあっさり降参してタッチアウトになるのではなく、盛んに逃げ回るように牽制することが多い。その間に別の走者を進塁させるほかに、挟撃の野手のエラーを誘って自分自身も進塁を狙えるからである。

インフィールドフライというルールもある。これはノーアウト、または1アウトの時で打者が一、二塁か満塁(つまりフォース状態)の時に、打者が内野に向けてボールを大きく打ち上げた場合である。このインフィールドフライが宣告されると飛球の有を問わず、打者はアウトになる(そのままファウルになった場合は効で、捕球すればファウルフライ、捕球を怠ればただファウル判定となる)。ただ、捕球義務がないからと言って球を捕球せずに放置するのは得策ではない。なぜなら、捕球した場合に限り、塁を離れた走者に対し、リタッチの義務が発生するからである(ただし、フォース状態ではなく後述のアピールアウトであるために、フォーアウトは成立しない)。捕球できなかった場合は走塁義務は全くなく、打者がアウトになるだけである。だが、既に離塁している走者はタッチアウトされなければ、帰塁も走塁もできる。因みになぜこんなルールがあるのかというと、これをアウトにしないと、わざと落球して走者を走らせ、簡単に封殺できてしまうからである。

補足:アピールプレイ(初心者には、まあこんなルールがあるということで…)

尚、今までの説明は走者が一切の違反をしない場合におけるルールの適用である。フォースの如何にかかわらず、走者がルールを違反した場合(タッチアップタイミングかった、リタッチで塁を踏まなかったなど)は、野手が走者にタッチ、あるいは塁を踏み、審判アピールを行うことでアウトが成立する。これをアピールプレイといい、審判は違反行為を確認している場合でも、他の競技みたいにすぐに宣告せず、野手直々から不正があったとアピールを要されるまで待機している。そして、このアピールプレイの場合はフォース状態ではないために、アピールプレイによって3アウトになっても、それまでの得点は認められる(これによって第4アウトや第3アウトの置き換えなんてことも発生するが、説明がややこしいので割愛)。ただし、リタッチによるアピールアウト以外は、あくまでアピールすることが前提であり、アピールを行わないまま次のプレイが行われた、当該の野手全員ファウルラインより外に出た場合は失効となる。一方、リタッチによるアピールアウトは塁を踏むだけでアウトが適用され、慣例的にアピールは不要である。

盗塁

走者は投手が投球を行う前後に、次の塁に走者がいない場合、進塁を試みることができる。これを盗塁(スチール)という。捕手はこの盗塁を回避するために、捕球後すぐに進塁先の野手に返球を試みる。この捕手の返球によって盗塁を試みた走者をアウトにすることを刺殺という(フォース状態でないので、タッチアウトが条件)。また、前述したように盗塁を図ってリードを取っている間に牽制球を投げられ、野手にタッチされるとアウトになる。二塁から三塁を狙うことを三盗、また三塁から本塁を狙うことを本盗(ホームチール)という。また、二人の走者が同時に次の塁を狙うことを重盗(ダブルチール)といい、あまり見られない反面、決まればかなり注される。三重盗(トリプルスチール)もごくまれにある。


選手の交代


今までは選手が交代しないという前提で説明をしてきたが、実際は事前に登録した選手であれば、選手の交代が可である。ただし、一度交代を告げられた選手はその試合に対する出場権利を消失するので、選手交代は慎重に行われる。これらの交代する選手を総じて控え選手という。打者の控え選手を代打投手の控え選手を継投リリーフあるいは救援)という。野手や走者に対しても交代できる。そして、選手交代の権限を持つのは監督だけである。

現打者が打撃を終え、次の打者の打順となった時、監督が控えに代打を告げることで、代打が成立する(例外あり)。また、代打は現打者の打撃中であっても、カウントを引き継いだ状態で交代もできる。更に、代打として告げられた選手が一度も打席に立たなくても、相手投手の継投などが起こった場合、別の代打に交代することができる(これを俗に代打代打といい、昔はよくプロ野球でも見られた。当然代打代打を告げられた選手であっても、同様に出場機会を消失する)。また、ネクストバッタズサークル(次の打者が待機する場所)で代打選手に素振りだけさせておいて、代打を匂わせる(実際は代打を使わない)のは作戦として許されている(ネクストバッタズサークルはあくまで見せ場であり、打順開義務はないからである)。代打を告げられた後は、その交代選手が守っていた守備位置にその代打選手が就くことになるが、この場合は後述の守備位置入れ換えが多い。

打者が走者の状態で交代を告げることもでき、これを代走という。代走は事実代打亜種であり、走塁の権利を失った後は打者として打順に組み込まれる。よって、代走を告げられた場合も、交代した打者は試合の出場権利を消失する。

また、守備時でも選手交代は可であり、打者や投手と異なり、一度に複数の野手を交代させることも可。また、守備選手の交代は相手の攻撃が始まる前に行うこともできる。この場合、その守備位置を守っていた選手と交代することになり、打順もその交代選手のいた位置に配置される。

選手の守備位置入れ換えは打順内の選手なら何度でも自在にできるようになっている。代打を後で適正な守備に配置する場合などでよくにする機会である。高校野球などでは投手外野手を交代というケースも少なくない。但し、打順スターティングオーダー)は一つの試合が終わるまで一切入れ換えできない。間違った打席で打った場合は、アピールが行われた場合に限り、本来の打順の打者がアウトになる(ただし、打ち終えた後の場合で、打席中に摘すると、そのカウントを引き継いだ状態で、本来の打者が打席に立つことになる)。

対して、継投は告げられた後、必ず最低1人の打者を相手にして、ヒットアウト、四死球を問わず打者に対し、1塁までの走塁行為が行われないと、次の投手に継投することができないアクシデントなどで投げられなくなった場合は別)。また、次の2人以上の打者に対し、1球でも投げた場合はその打者の対戦を終わらせないと次の投手に継投することができないようになっている。


ポジション


守備側は9人の選手で守備を行い、それぞれ

________________
/                           \
  |     /                                  \      |
 |  /                中堅手                \ 
  |
/      左翼手                   右翼手      \|
 \                                        /
  \          ───────────          / 
  \    /    遊撃手 ◆  二塁手    \     / 
  \/                        \ /
  \ 三塁手    投手      一塁手
  \◆       ( ━ )      ◆/
  \               /
  \          /
  \      /
        口◆口     
  捕手

といった感じでポジショニングをとる。一塁手ファースト)、二塁手セカンド)、遊撃手ショート)、三塁手サード)を内野手といい、右翼手ライト)、中堅手センター)、左翼手レフト)を外野手という。
シフトによっては位置が変わる事もあるが、投手捕手に関してはポジション特性上大幅に変わる事はない。また、各ポジションによって要される知識、、技術が異なる。詳しくは関連項目にある各ポジションの記事を参照のこと。投手プロ野球の場合、さらに先発投手中継ぎ投手抑え投手と分かれる。
以上に加え、投手の代わりに打席に立つ、打撃専用の指名打者がある。


世界から見た野球


発祥のアメリカ合衆国の影を受けた環太平洋先進国に競技人口が多い。サッカー等とべて、普及していない地への導入には銭的ハードルが高いといわれている(用具・特殊な競技場の用意など)。

世界プロリーグがあるなど較的盛んなところは

アジア 中南 欧州 その他

次へ»
最終更新日: 19/04/16 17:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社