ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


金子達仁


ヨミ: カネコタツヒト
掲示板をミル!
48カキコ!

金子達仁とは、日本スポーツライターノンフィクションライターである。


概要


大学卒業後『サッカーダイジェスト』の編集者などを経て1995年フリーになる。サッカーについてのノンフィクション作品などを手掛ける。

サッカー中継の解説者やコメンテーターとしても有名。

サッカー日本代表に対しては日本がどんなに活躍しようと一貫して批判的な立場である。
2006年ドイツワールドカップ大会後に行われた座談会においては、「クラブチームと違って時間のい代表チームにはいいサッカーを期待してはいけない。大事なのは勝つ事」(←ここ重要)という持論を述べている。

2010年南アフリカ大会前には「今大会旋を起こすのはアフリカ勢」ダークホース北朝鮮などと予想した。実際にはアフリカ勢は不調、北朝鮮は当然のように3敗だった。
日本代表に関しては岡田監督チームマネージメント批判したうえで、「負けろ、日本未来のために」と締めくくっている。あれ?2006年と言ってること矛盾してね?勝つのが何よりも大事じゃなかったの?
カメルーン戦後には「こんなに悲しい勝利はない」「日本代表サッカーアンチフットボールである」と守備的な戦術に対して批判した。だから矛盾してね?
オランダ戦の敗北後には、「日本W杯史上、最も感動的な敗北だった」と、内容が良かったことを褒めている。だから矛(ry
日本が決勝トーナメント進出を決めたデンマーク戦後には、スポーツコラムにおいて、本田圭佑が試合後に述べた「嬉しいけど思ったよりまだ喜べない」という発言を引用し「会心の結果だが内容的に勝っていたわけではない、だから喜べない」とまとめている(ただし本田の発言は「まだ上に標があるため喜ぶことは出来ない」という意味であり、内容が良くなかったとは一言も言っていない。明らかなねつ造・曲である)。
ラグアイ戦の敗北後には「サッカーには、2種類の勝者がある。 強いから勝った者と、ついていたから勝った者、である。」と述べ、日本後者であるとした。その上で「ウルグアイを苦しめた韓国に、日本は明確な差をつけられた。」と結論付けている。ベッケンバウアーの言葉をの前で聞かせてやりたくなる論理だ・・・


世界の反応


【※2010年南アフリカW杯日本代表の快進撃について世界中からコメントが届いています】

 

 

 

・・・ちなみに、金子と同じスポーツライター宇都宮氏は、yahooのW杯特集サイトに掲載されたコラム[外部]で「およそ理解に苦しむ理由を並べ立てて「日本は敗れるべきだ」などという論調は、この際、まともに取り合う必要などない」と述べている。
またパラグアイ戦後後藤健生氏はJ SPORTSのコラム[外部]において南アフリカ大会での日本代表の戦い方を総括大人の戦い方が出来るようになった」と評価し、「「日本代表サッカーはつまらない」などという人は、サッカー本質を履き違えているとしか思えない」と述べている。


人物



関連動画



■sm4897441[ニコ動]


関連商品


■az4121503481
■az4167634015


関連コミュニティ


■co2820


関連項目



最終更新日: 11/02/09 16:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ