ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


金本知憲


ヨミ: カネモトトモアキ
掲示板をミル!
733カキコ!

金本知憲(かねもと ともあき、1968年4月3日-)は、広島県出身の元プロ野球選手外野手)である。2016年から2018年まで阪神タイガースの一軍監督を務める。

連続試合フルイニング出場数のギネス世界記録、通算安打数歴代7位、通算本塁打数歴代10位、通算打点数歴代8位の記録保持者。


概要


OB
金本知憲
基本情報
日本
出身地 広島県広島市南区
生年 1968年4月3日
身長
体重
180cm
85kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 外野手
プロ入り 1991年ドラフト4位
引退 2012年
殿堂入り 2018年
経歴
選手歴 監督
プロ野球選手テンプレート

野球の名門広陵高校卒業後、中央大学野球部セレクションを受けるも不合格。一浪し東北福祉大学入学する。チームメイト矢野輝弘佐々木主浩浜名千広らがいた。

1991年ハズレ4位で広島東洋カープに入団。入団当初は現在のようなムキムキの体とは正反対の細身であり、当時の監督であった山本浩二によれば「打撃ダメ・守備ダメ・足はそこそこ・ハートは強い」という評価だった。

広島時代

1994年後半からレギュラーに定着。しかし定着当初はバットコントロール前田智徳に、パワーでは江藤智に、走では野村謙二郎に劣ると見られていたためそれほど立った存在ではなかった。


1995年ではベストナインに選ばれ、チームに欠かせない存在となった。


1996年1997年は1番野村から緒方前田江藤本・ロペスと強ヘル打線徴する一人として活躍。


1998年に一度不振に陥るが、1999年に初の全試合出場を決める。


2000年では江藤巨人FA移籍したことを受けて、スタメン4番として打率3割・30本塁打30盗塁という"トリプルスリー"を達成。


2001年には1002打席連続併殺打日本記録を立。球界を代表する選手にまで上り詰めた。
余談であるがこの併殺記録は本本人が他のあらゆる記録をおいて最も誇りにするところであり、シーズン併殺打は最も多い年でも10と、左打者とはいえきわめて優秀な数値を残している。このため後任の阪神四番・新井貴浩併殺が「ツラゲ」と揶揄される原因にもなっている。


2002年オフ阪神タイガースFA移籍。阪神より好条件のチームはたくさんあったが、本人く、わしに脅されてきたらしい。

阪神時代

2003年本塁打は19本に落ち込むも、2番の赤星憲広を活かすためのつなぎの3番として活躍し、リーグ優勝に貢献した。 


2004年左手首に死球を受け折するも、次の試合に出場し、片手一本でヒットを打つという人間離れしたパワーを見せる。この年打率本塁打打点で自己最高成績を残し打撃3冠で初となる打点王を獲得。また、この年三宅秀史が保持していた700試合連続フルイニング出場を更新


2005年は全12球団から本塁打を放つ偉業を達成(ただし近鉄は除く)し、左打者が不利といわれる甲子園が本拠地であるものの、自己最高の40本塁打を放つ。この年セ・リーグMVPを受賞。


2006年4月8日、連続試合フルイニング出場世界記録の903試合に並び、翌9日に更新8月15日1000試合連続フルイニング出場を達成。


2007年、左ひざの半月損傷という大けがをシーズン中にするが、強行出場を続けフルイニング出場記録を1186に伸ばす。


2008年4月6日2000本安打達成。また後述の喫煙ネタにされた。なお、この年に本を慕う新井貴浩FA広島からやってきている。


2009年は手術のため出遅れ、開幕(とフルイニング)出場が危ぶまれた。強引に何とか開幕に間に合わせると、4月は大暴れ。打率.379・本塁打8・打点304月三冠王MVPを獲得。ところが理が祟ったのか後半で壮絶な失速。この年大不振だった新井貴浩(.260)と大差のない打率.261を残し、すぼみな成績で終わった。


2010年、やはり開幕には間に合わせるも、4月2日には右肩腱の部分断裂という重傷を負っていた事が判明。どれくらい酷いかというと、ランナー二塁で前進守備なのにレフト正面の打球でランナーの生還を許すくらいである。ショートレフトの位置まで守っていることもあり(→ショフト)、症状がひどいときは右肩を上げることが困難な状態であった。まともにプレーできない状態であるにもかかわらず、フルイニング出場の記録のためにスタメン起用されることでチームの足を引っっているという非難も多くあり、メディアも含めた大論争となった。4月18日フルイニング出場を断念するも(通算1492試合連続出場であった)、代打の出場でレギュラーシーズンの連続試合出場は最終戦まで継続4月6日長嶋茂雄に並ぶ通算444号達成。


2011年4月15日中日戦の八回二死で代打として出場するも、一塁ランナー俊介盗塁死、その後の守備に付かなかったため、連続試合出場記録が歴代2位1766試合でストップした。


2012年9月12日引退を発表。引退試合では清原和博から束を受け取った。


引退後


引退後は解説者を務めていたが、2015年10月17日阪神タイガースからの監督就任要請を受諾。

2016年チームは4位だったが、変革というスローガンの元で若手を積極的に起用した。

2018年1月15日殿堂入りを果たした。17年ぶりの最下位に低迷し、この年を以て監督を退任した。


人物


有名ではあるが、彼は帰化した在日朝鮮人朝鮮日本人)であり、帰化前の本名は(キム・ジホン)である。なお、彼は大学入学以前にも名をしており、その時の名前博成(キム・バクソン)であった。この件に関しては本人も言しており阪神では新井貴浩や良太も同様の例である。ちなみに本人もこの出自をネタにしているところがあり、自らをかつての北朝鮮独裁者・「金正日」になぞらえて自らの親しい友人関本健太郎林威助といった阪神後輩らに「将軍様」と呼ばせていたことが確認されている。

頭部死球を受けた翌日にスタメン出場を果たすなど歪みいタフネスな体で、歴代2位となる連続試合出場の記録を達成した全レベルの知名度を誇る人気選手。野球への妥協なき取り組みそしてそのプロ意識がそれまで低迷していた阪神を変え、2003年阪神優勝に導いた。また2005年優勝にも4番打者として貢献している。ちなみにここで2005年日本シリーズを…ん?誰か来たようだ

しかし現役晩年時代は前述の2010年に負った肩の負傷や加齢による守備の劣化が問題視され、そのような中で前述のように連続試合出場を続けていたことや連続試合出場終了後も首に重用され続けたことでスタメンを争ってひしめき合ってる若手の外野手が活躍できるチャンスを潰しているとして、阪神ファンのみならずや野球ファンマスコミからの批判も少なくなかった。本人も引退会見や引退後のインタビューの中でこの時期のことを「あの時期はケガなどで満足いくプレーができず、色々なバッシングもあって辛かった。」と述べている。

また、かなりの「痩せ体質」と自ら認めており、現役時代はかなり必死に食事をとって体を維持していたという。松井秀喜との対談で明かしたところによれば、たとえアメリカに行っても長距離の移動や少ない食事量からすぐに痩せてしまいついていけなくなるだろう、とわかっていたために、メジャー挑戦は全く考えていなかった。同じ対談で、現役を引退してよかったことに「もう理して食べなくてもいい」ことを一番に挙げている。

イタズラ好きな性格としても知られ、広島時代では黒田博樹森笠繁ときメモ事件参照)、新井貴浩にその被害を受けていた。特に新井阪神移籍後もそのターゲットとされることが多く、新井三冠王(笑)Tシャツなどたびたびネタにされることがあった。なお自らもイタズラ好きで知られる清原和博オリックス移籍後、清原にマンションの隣の部屋に引っ越されるなど様々な被害を受けていた模様。

試合中に喫煙する姿がテレビに映ってしまったことがある。この時の写真2ちゃんねるプロ野球板され、以降同では「ヤニキ」と呼ばれている(ちなみに、そのスレ現在ネタスレとなっている)。このほか守備が最も悪かった時代には大量の本を蔑称がつけられており、日本球界で最も多蔑称をつけられた選手と言える。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
広島 応援歌のピコカキコ一覧#559 10185
阪神 応援歌のピコカキコ一覧#1003 12013

成績



通算打撃成績


通算:21 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 2578 10431 8915 1430 2539 440 37 476 1521 167 4 72 1368 72 1703 96 .285 .382

通算守備成績


機構 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
NPB 外野手 2510 3503 114 68 17 .982

年度別監督成績


年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 備考
2016年 阪神 4位 143 64 76 3 .457
2017年 2位 143 78 61 4 .561 クライマックスシリーズ1stステージ敗退
2018年 6位 143 62 79 2 .440
NPB:3年 429 204 216 9 .486 Aクラス:1回、Bクラス:2回

タイトル・表彰・その他



次へ»
最終更新日: 20/11/05 19:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ