ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


金森長近


ヨミ: カナモリナガチカ
掲示板をミル!
5カキコ!

金森長近とは、戦国時代の武将でありに通じていた。

信長秀吉家康戦国の三英傑を渡り歩いた人物である。


概要


524年生まれ。出自は源氏美濃源氏土岐氏の支流)。

金森定近は土岐氏に仕えていたが失脚し美濃を離れ、18頃になるまで近江で過ごす。
その後に近江を離れて織田信秀に仕官。信秀死後は後を継いだ信長に仕える。
信長の部下として狭間、美濃攻め、比叡山、長篠、手取武田攻めと数多くの戦に出
功績により信長衣衆に名を連ね、越前大野を所領とした事から北陸方面軍の柴田勝家の軍団に属する。

戦国武将としては順満帆だったが、本能寺の変に際し織田信忠近侍となっていた嫡男の長則を失う。
この事で長屋重から可重を養子として引き取る。

本能寺の変後は勝に従うも賤ヶ岳の戦いにて前田利家、不破直治と共に戦線を離脱。
死後に頭を丸めて秀吉に降伏し、鮮やかに変節を成し遂げた。食えない男である。

小牧・長久手の戦い秀吉方として参加した後に、佐々成政征伐を発端とした飛騨攻めの任に就く。
長近は別働隊として姉小路氏の居である、高堂等を攻略姉小路頼綱を飛騨から追放。
その功績により秀吉から飛騨一を所領として授かる事となる。

以降は飛騨の人一定から小田原攻めと秀吉だった戦闘に参加。
・慶長の役にも参加する予定だったが島津の横から参加を見送っている。
既に小田原の時点で65を過ぎており、十分に老将と言える存在となっていた。

秀吉死後は織田時代からの付き合いである徳川家康に接近し、関ヶ原の戦いは東軍として参加する。
先述の賤ヶ岳の時と同様に変節があまりにも上手すぎる。時に76歳。本当に抜け爺さんである。
当然ながら所領は安堵され飛騨のお隣の上有知(こうずち)の分の約二万石の増加となり、25万石の大名となった。

そして戦国を生き抜いた歴戦の猛者は大阪の役を前にして、1608年にこの世を去る。享年83
所領は飛騨を養子の可重、上有知を年老いて得た次男の長が受け継ぐが長は7つにして折。
上有知は幕府に没収され領となってしまい、奇しくもこれが後の飛騨と上有知の明暗を分けてしまった。


茶人として


長近は千利休に師事しの才を伸ばした。
その事が縁となり千利休が切腹を命じられた際には利休の子の安をかくまったという話すらある。
養子の可重はその安からの師事を得ており、可重の息子で長近の孫にあたる金森重近は祖の流れを引き継ぎの宗和と号し、今もなおその技は茶道宗和流として現世に受け継がれている。


戦国大戦


女顔のイケメン兄貴なのだが、大きの兜と自身の長が相まって妙に暑苦しい格好をしている。

コスト1.5で武6の隊と使い勝手はいいが計略のがやや弱いかもしれない。

ちなみに隊である理由は可重の墓所である京都の大徳寺に保管されている用の火縄銃からと推測される。


関連動画


ニコニコ歴史戦略ゲー

■mylist/1682792


■sm11838409[ニコ動]

■mylist/20115878

何故か二つとも史実で自身が滅ぼした姉小路に仕えていたりする

戦国大戦

■sm13874143[ニコ動]
■mylist/24565368

その他、金森長近に縁があるもの

■sm10434139[ニコ動]


関連商品


■az4794703120


関連コミュニティ


金森長近に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 11/06/02 10:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ