ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


金田正一


ヨミ: カネダマサイチ
掲示板をミル!
59カキコ!
プロ野球選手一覧 > 金田正一

金田正一1933年8月1日~)とは、日本プロ野球において、通算最多勝利記録、通算最多奪三振記録、最多投球回記録、連続失点記録等を保持し、その実績を挙げればキリがないまさにレジェンドである。通称は「カネやん」「球界の天皇」。

現役時代は国鉄巨人に所属し、弱小球団だった国鉄を長年支え、巨人に移籍してからは巨人V1からV5に貢献、監督としては74年にロッテオリオンズ日本一に導いた。
なお現役時代に複数の球団に所属しているが、その背番号34巨人永久欠番となっている。
 
また名球会の創設者であり、2009年まで理事長を務めていた。(現在名球会からも退会)


概要


OB
金田正一
基本情報
日本
出身地 愛知県
生年 1933年8月1日
身長
体重
184 cm
73 kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 1950年
引退 1969年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

幼少期は戦後もなかったことから非常に貧しく、この貧窮により兄弟姉妹3人を亡くしている。
野球を始めたきっかけは14歳の時、近所の喧自慢の少年しい喧を繰り広げ、文字通り降って地固まったのか、友情が芽生え、その少年野球をしないか?と誘われた金田野球を始めることになる。
高校では芝茂夫監督によって投手に抜され、コントロールが悪かったことから底的に走りこむように示を受け、金田はそれを忠実に実行、この経験がプロでも生きることになる。
そしてその剛速球と縦に割れカーブを付けた国鉄から高校2年生時スカウトを受ける。
当初は甲子園していた金田だが、予選敗退が決まると高校中退して家族を楽させるために50年の8月10日シーズン途中ながら国鉄に入団、8月23日プロ登板を果たすがサヨナラ負けを喫した。

プロ1年シーズン途中に入団しながら164と2/3回を投げ、8勝12敗、143奪三振という成績を残すが、同時に127四球というコントロールの悪さも露呈している。
ちなみにこの年の10月6日の試合ではプロ入り初ホームランを記録、17歳2ヵでの初ホームランは今も最年少記録である。

2年51年はくもエース級の活躍を見せ、記念すべき第一回オールスターゲームにも選出され1戦と2戦登板、また9月5日阪神戦ではノーヒットノーランを達成している。
この年は350回を投げ2221敗、233奪三振18歳とは思えぬ投げっぷりを見せているが、四球も190を数えており、コントロールはなかなか善されなかった。
そんなコントロールの悪さが災いしたのか金田53年、8月9日巨人戦にてスコア4-4、ランナー1・3塁で迎えた13回の裏の巨人の攻撃、代打藤本英雄に対しベンチからは敬遠の示、しかし自信で一本気な性分の金田はその示を不に思い、自慢の剛速球で敬遠をした結果、捕手があらぬ方向に飛んで行ったその球を取れなかったため暴投となってしまい、敬遠サヨナラ暴投という記録を作ってしまった。(のちに小林繁も記録する)

かしこの制球の悪さも、真似できない程の走り込みを続けた結果徐々に善されていき、578月21日中日戦にてそれは示される。この日金田中日エースであり、2年前に0-1でノーヒットノーラン負けを喫した杉下茂と凄まじい投手戦を繰り広げていた。
金田は緩いカーブカウントを取り、トドメに自慢の剛速球を投げ込むという極端な緩急術により中日打線を翻弄し、一人のランナーも許さない。
下もランナーこそ出していたが要所はきっちり抑え、お互いスコアボードに「0」を並べていた。
そして9回表の国鉄の攻撃、ワンアウトから連打で1・2塁とチャンスを作ると、6番の飼勝美が下からセンター前に落ちるタイムリーヒットを放ち、1-0とする、そして9回裏、ここまで一人のランナーも許していない金田は先頭打者の酒井敏明を空振三振に打ち取るが、この時のハーフスイングの判定を巡って中日知俊一監督45分に渡る抗議を展開、金田は「自分に対する嫌がらせなのか!」とカッカしてはいたが、その怒りを良い方向に持っていくのが金田という投手でもあり、試合が再開されると「残り6球で終わらせる」チームメイトに宣言、実際は7球を要したが、牧野茂と太田文高を三振に打ち取り、見事に完全試合を達成捕手によれば最後の球が一番速かったとのこと。

57年は353回を投げ28勝16敗、防御率1.63306奪三振で初の最多勝、最優秀防御率を獲得し沢村賞にもいたほか、四球93コントロールも大幅に良化している。

58年、金田4月5日巨人戦にて現在もがしっているスーパースターと対決する。
この日はこの年日本中から注を浴びていたのちの「ミスター」こと長嶋茂雄デビュー戦であり、金田先発として登板日本中のだれもが注した対決の結果は1回、4回、7回、9回のすべてで金田長嶋三振に打ち取るという結果に終わったが、金田長嶋に投じた19球の内12球がカーブであり、金田長嶋の鋭いスイングに並々ならぬものを感じ取ったためか、終始「打たせない」投球にしており、それを裏付けるかのように長嶋も試合後「カーブが凄い」ということはあっても「ストレートが凄い」とは言わなかった。ちなみに金田はこの年こそ打率.179、被安打5、被本塁打1と長嶋を抑え込んだが、以後は巨人に移籍するまで長嶋カモになっている。

この年金田は6月5日阪神戦にて史上8人となる200勝を達成、ちなみにこの時まだ24歳である。
また6月12日巨人戦では「開幕から51試合20勝を達成」というスピード記録を作り、この間に64と1/3回連続失点記録立、そして19日の大洋戦にて年間10完封勝利の記録を成し遂げ、これを11まで伸ばした。(のちに小山正明更新
この年は自己最高成績となる31勝、防御率1.30を記録し、2年連続で最多勝、最優秀防御率沢村賞いた。

その後も順調に勝ちを積み重ね、61年には20勝を挙げ、この年一となる国鉄のAクラス入りに貢献、62年には9月2日巨人戦にて9回8奪三振で当時の世界記録であったウォルタージョンソン3508奪三振に並び、その3日後の9月5日の同じく巨人戦、2回2アウトで6番の坂崎一から空振三振を奪い3509奪三振世界記録を、試合も3-2で勝利を飾った。(現在ノーラン・ライアンらが更新

63年は先から好調で、4月27日から5月26日の間に全試合投(内完封4つ)で8連勝を記録、6月22日にはリリーフ勝利を挙げ、それまでの最多勝利記録であった別所毅310勝に並ぶ。
そして6月30日広島戦、5回裏代打で登場した金田は打席では退するが、マウンドでは1点も許さずに9回まで投げ切り、ついに日本記録となる311勝を達成した。

64年の暮れ、金田B級10年選手の権利(今で言うFA権だと思ってください)を行使して巨人に移籍、念のため言っておくがくらんだわけではなく、62年から国鉄の経営に関与していた産経フジが気に入らず、結果的に国鉄スワローズを手放してしまったため、国鉄が好きだった金田スワローズを出ていくことを決意したのだ。

巨人では国鉄時代同様に、よりも多くの練習量をこなして長嶋茂雄王貞治を驚かせ(監督川上哲治金田練習姿勢を高く評価していた)、65年は開幕投手に選ばれると見事勝利を挙げるが、これまで故障に縁だった金田の肘が痛み出し5月末には戦線を離脱、復帰後は3試合連続完封勝利を挙げるなど貫録を見せ巨人の優勝に貢献、日本シリーズでは第1戦、第3戦の勝利投手となり初の日本一を経験したが、この年は11勝6敗、防御率1.84という成績に終わり、最優秀防御率こそ獲得したものの15年連続20勝及び300イニングは果たせなかった。
 
その後も巨人の躍進に貢献し続け、69年10月10日中日戦にて金田通算400勝を達成、この年限りで引退した。


監督時代


引退後は73年からロッテオリオンズ監督を務めるが、就任当初は周囲から「あんな自分勝手な男が監督なんてできるのか?」というも上がっていたが、金田は前年5位となったチーム投手を走り込み重視のトレーニングで鍛え上げ、見事Aクラスとなる3位に浮上、またこの年のロッテパ・リーグ最少失点を記録し、防御率トップ10には3人の選手(成田文男・八木沢壮六・木正明)がランクイン、特に成田21勝で最多勝にもいている。

74年、前年から施行された前後期制の元、前期は当初首位を走っていたが、5月末に阪急に逆転されそのまま前期は阪急が優勝する。しかし後期はスタート直後に阪急が失速し、金田の実である金田留広の9連勝の活躍などもあり終始首位をキープし見事優勝、プレーオフでも阪急に三連勝を決め、この年巨人V10阻止した中日日本シリーズで対決する。
第一戦は1点リードの9回に村田兆治高木守道サヨナラ二塁打を許し4-5で敗北、第二戦は5回までで0-5という苦しい展開だったが、山崎裕之有藤通世ホームランなどで逆転し、6人の投手中日の反撃を許さず8-5で勝利、第三戦はまたもや5回までに5点を取られ、打線も8回に1点差まで詰め寄ったものの、結局4-5で敗北、第四戦は3点先制後の6回に中日に追いつかれるが、その裏にさらに3点を追加して勝ち越し、そのまま逃げ切って6-3で勝利、第五戦は木正明が見事な投球で中日打線完封し2-0で勝利、第六戦も村田兆治が10回3失点で投し3-2で勝利し、ロッテは見事に日本一を達成した。

75年は日本一になって前年と違って開幕からピリッとせず、4月21日には金田自身が心臓発作を起こし休養、その後復帰するが前期は最下位となり、後期も山口高志が加入した阪急に追いつけず2位(総合で4位)に終わった。

76年は村田兆治が最優秀防御率を獲得する活躍を見せるもチームは前後期ともに3位、77年は有藤通世首位打者を、新たに獲得した外国人レオン・リー本塁打打点王を獲得する大活躍で後期優勝を決めるが、プレーオフでは阪急に敗退したため日本シリーズには出場できなかった。

そして78年、金田チームベテラン投手である八木沢壮六に「お前はもう限界」と強制的に引退させようとしたことで選手の反発を買ってしまい、それが影したのかロッテは前期の終盤に15連敗を記録し5位に転落、後期もなかなか勝ち上がれず8月には「金田更迭」の見出しが躍りで、ついに9月30日金田は辞表を出しロッテ監督を退任した。

その後は解説者・タレント名球会などで活動していたが、90年に再びロッテ監督に就任。
しかし6月23日西武戦では格の投手園川一美ボーク判定を巡って球審にしく抗議し、退場を宣告されると頭に血が上ったのか球審を蹴っ飛ばしてしまい、この行動がきっかけで一かの出場停止と100万円の罰が科せられ、チームもこの年5位に終わった。
91年も6月から最下位に停滞、また近鉄戦ではまたしても格のの内攻めに高したジム・トレーバーキックかます事件を起こしている。(愛甲猛によればこのときトレーバーロッテの宿舎に殴り込みを考えたらしい)
結局この年は平井親の首位打者以外明るい話題もなく最下位に終わり、この年で監督を退任した。


プレースタイル



次へ»
最終更新日: 19/04/07 11:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ