ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


釣り野伏せ


ヨミ: ツリノブセ
掲示板をミル!
105カキコ!

九州戦国大名島津義久により考案、島津義弘久が実践されたと言われている戦法の一つ。釣り野伏せり釣り野伏と呼ばれることもある。


概要


釣り野伏せとは、簡単に言うと大規模の敵を相手にする場合の戦術の一つで部隊を複数に割き、囮部隊である「釣り」と伏兵である「野伏せ」に分け、敗走を装った「釣り」を追撃してきた敵部隊を「野伏せ」で包囲殲滅する作戦である。

こう説明するとただの伏兵戦法のようであるが、実際に行うには釣り部隊が敵を本気にさせるほど奮戦し』更に全に負けたと思わせる敗走』をし、更に『追撃させるほど相手の判断を落とす』という非常に高度な戦術であり、実行するには指揮官の高い統率・采配と実行部隊の高い錬度がめられる。

なお、上記2名のうち、島津フィッシャーマンこと島津家久は、この戦法で大名級の首を3つ龍造寺隆信長宗我部信親十河存保の3名)挙げており、起死回生とも言える大勝利をもたらした。

また、島津義弘の場合は更に凄まじく、1572年の伊東との合戦では200vs3000の約15倍の戦をひっくり返し、朝鮮征伐時のの戦いでは、7000vs200000という史上最大規模の釣り野伏せ勝利をもぎ取った。その時のあまりの強さに、敵(明・朝鮮連合軍)から石曼子(おにしまづ)と呼ばれ恐れられた。


関連動画



■sm195727[ニコ動]

■sm2616705[ニコ動]
■sm3249430[ニコ動]
■sm422863[ニコ動]


関連商品


釣り野伏せに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連項目



最終更新日: 16/10/20 18:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ