ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: ドウ
掲示板をミル!
11カキコ!

Copper)とは、最も古くから使われている金属である。


概要


「あかがね」とも読まれる金属で、現代ではあまり実感されないが、古くは金銀に次ぐ価値のある金属であった。昔から貨幣として銅銭が使われていたのはこのためである。

現代では一般的な金属として様々な用途に用いられている。特に銅には「熱伝導効率が高い」「電気伝導率が高い」という性質があり、電線や調理器具などとして使われている。日常的にはパッとでは見わからないものが、手近にある何らかのケーブルのビニールを剥けば、色の銅の光沢が見えることだろう。

銅は古くから合としても使われてきた。10円玉にも使われる銅(錫との合)や、色の光沢で錆びにくい鍮(亜鉛との合)、100円玉にも使われる銅(ニッケルとの合)などが日常的によくにする銅の合だろう。よく勘違いされるが、銅の本来の色は元の銅に近い色で、く見えるのは銅の錆び()である。

しばしば性があると思われがちである。確かに過剰摂取すれば中は引き起こす可性はあるが、かの足尾銅山事件のような大量垂れ流しでもなければ即座に体にが出るものではない。よく銅の錆()がだと言われているが、実際は大した性はないという。一方で銅の化合物には性があり、殺菌剤などとしても利用されている。

銅はヘモグロビンの合成に関与しているため、欠乏すると欠乏性貧血を起こす。また体内においてシトクロムオキシダーゼ、アスコルビン化酵素など種々の酵素の補因子となる。


その他の意味



漢字として


Unicode
U+91E3
JIS X 0213
1-36-64
部首
画数
11画
意味
金属の銅、銅製のもの、という意味がある。古くはといえば銅のことを差した。〔説文解字〕に「なり」とある。
字形
符は
音訓
読みはドウ、訓読みは、あかがね。
規格・区分
常用漢字であり、小学校5年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。
銅印・銅貨・銅器・銅・銅鼓・銅山・銅線・銅銭・銅像・銅鐸・銅鋳・銅版・銅盤・銅鑼・銅

異体字


関連動画



■sm2883327[ニコ動]

■sm5355839[ニコ動]


関連商品


■az4569702783
■az4062571927
■az4315517895
■az4798015911


関連項目



最終更新日: 18/03/13 21:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社