ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


長塚智広


ヨミ: ナガツカトモヒロ

長塚智広とは茨城県出身の競輪選手である。または、「走る政治家」である。


世界に通用するダッシュの持ち主


1978年11月28日生まれ。
高校時代はインターハイで3位という実績を持ち、競輪という競技に興味を持ったことから井三佐雄に子入りし日本競輪学校入学。81期生として1998年デビューする。同期には加藤、合志正臣、飯則之などタイトルホルダーが名を連ねている。

デビュー後はおもに自転車競技の方面で活躍を見せる。公式記録会では世界3位(当時の日本新記録)のタイムを出し、ナショナルチームメンバーに選ばれる。2000年に行なわれたシドニーオリンピックではスプリントとチームプリント(当時はオリンピックプリントという名)に出場。チームプリントでは第1走者を任され、神山雄一郎・稲村成浩とともに5位入賞を果たす。以来、ニッポン不動の第1走者としてチームを引っっていくようになる。

そして迎えた2004年アテネオリンピック。長塚は伏見俊昭井上己とともにチームプリントに出場。第1走者の長塚は予選・1回戦・決勝と世界の第1走者の中ではナンバー1のタイムをたたき出し、チームプリンメダルに大きく貢献した。

長塚のアテネ・チームスプリントのタイム(第1走者)

                     タイム参照 KEIRIN.JP「アテネオリンピック チームスプリント リザルト」[外部]

 上記の通り、すべてにおいて長塚のタイム世界を上回っている。伏見井上がやや伸びを欠いた分、長塚のスタートダッシュタイムを稼いだといっても過言ではない。

その後、充電期間を経て2008年北京オリンピックにもチームプリントに出場。予選で体故障が発生するアクシデントもあり、その後の再発走でも思った以上のタイムが出せなかったが、渡邉一成・永井清史がこれをカバーし結果的には6位入賞を果たす。2012年ロンドンオリンピックについては定強化選手から離れ、自転車競技については一段落が付いた模様である。


競輪選手として


アテネオリンピックでの々しい活躍が印強い長塚だが、本職の競輪ではメダルを取ったことによる周囲のプレッシャー標の喪失感が絡み結果が残せず、長期間レースから離れるようになってしまう。しかし2007年ふるさとダービー阪(GⅡ)で2着に入ると、以降は先行・捲くり・追い込みと何でもこなす自在として結果を残すようになる。

2010年参院選後にレースに復帰すると、競輪界でブームになっている大ギアを使用しパワーアップを図ると2010年終盤からFⅠ戦を中心に驚異的なで勝ちを積み重ねていった。
そして迎えた2011年3月日本選手権では予選から3連勝で勝ち上がり決勝進出を果たすが、決勝で田佳寿浩を押し上げ落させたとして失格に終わる。7月のサマーナイトフェスティバルGⅡ)では変幻自在な競争で好位置をキープし、神山雄一郎の6年ぶりビッグレース優勝に大きく貢献する(自身は3着)。9月オールスター競輪(GⅠ)でも決勝優出を果たすも、またしても落の原因を取られ失格に終わってしまう。

そして、12月に行なわれた競輪祭(GⅠ)で2011年3度のGⅠの決勝に進出。武田豊樹の番手からレースを進めると、捲くった武田の後ろから最後は追い込んで悲願のGⅠ初優勝を果たす。その年の年末に行なわれたKEIRINグランプリ2011に出場するも、最終周回4コーナー付近で自身の不注意により落。過失走行を取られ失格という結果に終わる

2012年は1年を通じて安定した結果を残し寛仁親王牌競輪祭で決勝2着に入り、賞ランキングで2年連続のグランプリ出場を決め、引き続き2年連続でS級S班の座に就く。2013年4月共同通信社杯(GⅡ)では決勝で中、村上義弘の番手を。一の隙を突いて捌き番手を奪うと、そのまま村上義弘の先行に乗って追い込んでGⅡとしての初優勝を決めた。


競争スタイル


アテネでも見せたダッシュが武器ではあったが、持久不足からか最後までスピードが持たず途中で失速してしまう典的なスプリンタイプであった。スランプに陥っていた頃は追い込みに転向したが、こちらでも結果が残せず自在に戻っている。

しかし、2010年頃からおもに4倍台の大ギアを使用し始めると本来持っているスピードが持続するようになり、強な捲くりが出せるようになっただけでなく先行もできるようになる。さらに、この大ギアでいわゆるヨコの動きをこなし、さらには隙あらば積極的に別ラインに切り込むなど、これまでとは違う異色の自在として一気に頭を現した。競輪祭を優勝した際も4.25の大ギアで挑んでいた。


もう一つの顔と政界への挑戦


趣味の一つに取引が挙げられており、その知識を生かして経済に関する番組にもコメンテーターとして出演することもある。さらには、現役の競輪選手でありながら「長塚智広の筋トレ」なるものを扶桑社から出版している。2009年競輪ブランドCMでは、「1番トレーラー」の役で出演している。

また、2009年には現役競輪選手としては異例の茨城県知事選挙所属で出をする。結果は落選となったが、それでも高い知名度を生かして26万もの票を獲得し、出6人中3位の成績を残す。
翌年2010年参院選には茨城県選挙区から民認として出民主認でありながら民色を薄くし個人色を強めた選挙戦を繰り広げた。結果は惜しくも落選となったが、それでも組織・団体の支援を受けず民主の中で層から約20万票を集め、前年の県知事選に続く知名度の高さと層からの圧倒的な支持を集めた。


SS11騒動→自粛→引退


2013年KEIRINグランプリを控えた12月19日スポーツトップクラス選手を中心とした18人が日本競輪選手会を脱会し一般財団法人SS11」による新選手会を発足、との報道がされた。
同日午後、長塚をはじめ、武田豊樹村上義弘平原康多、新田祐大の5人のトップレーサー記者会見を行った。
選手会に脱会届を提出した選手は、山崎芳仁や伏見俊昭村上博幸など計23人にのぼった。

選手会側と何やら話し合いが行われた結果、翌年1月20日に全選手が謝罪し撤回した。

綱紀審議委員会の結果、除名処分は回避されたものの、5月1日からの自粛休場勧告が下され、期間は武田・長塚・村上義が1年、平原新田が8カ、他18人が6カとなった。

しかし、トップレーサー休場の影か売上減少、内外から疑問や批判が出た結果、ほとんどの選手が自粛期間が緩和されて3カに短縮された。
だが長塚を含む5人は軽減対から除外され、長塚は1年間の処分が確定する。

2015年、選手登録更新のための手続きと競走参加に注されたが、1月27日引退表、28日に引退会見。
自転車競技者として体的にもこれ以上、上をせない」との理由を述べた。
2月10日に選手登録削除


関連動画


 
■sm12901471[ニコ動]

■sm9417822[ニコ動]

 ■sm5890849[ニコ動]
■sm9769870[ニコ動]


関連商品


■az4594050751


競輪関連チャンネル


■ch2002


関連項目



最終更新日: 16/10/11 07:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ