ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


長野電鉄長野線


ヨミ: ナガノデンテツナガノセン

長野電鉄長野線とは、長野電鉄が運行する、全長33.2kmの路線である。

かつては、長野-須坂間は長野線、須坂-信州中野間は河東線、信州中野-湯田中間は山の内線と呼称されていたが、2002年木島線廃線後、同年に実際の運転系統に合わせて現在の路線名・路線区間に称された。

概要

詳しい歴史コチラを参照。(ニコニコ大百科 - 長野電鉄)

長野電鉄本線にあたる路線。長野県の県都長野駅と、志賀高原の玄関口湯田中駅を結んでいる。
須坂-信州中野間は、1923年に河東鉄によって、権堂-須坂間は1926年に長野電気鉄道によって開通している。

その後河東鉄長野電気鉄道を合併し現在長野電鉄となった後、1927年に信州中野-湯田中間が、続いて1928年には長野-権堂間が開通し現在の区間が全通した。
お湯田中から先、渋安代まで向かう予定であったが、用地買収が難航し、免許が失効したため、未成線となった。

1981年3月1日より、長野-善光寺下間が立体交差化事業により地下化され、地方都市としては一途中に地下が存在し、過去電車内に掲示されていた路線図には「地下鉄区間」と表記されていた。(実際に地元住民が「地下鉄」と呼んでいるかは怪しいが)
長野駅朝陽は複線で、それ以外は単線となっている。

特急列車はツーマン運転、普通列車ワンマン運転で運行している。

特急列車「ゆけむり」「スノーモンキー」

この路線はしく有料特急が運行されていることが知られている。特急はわずか100円(小児半額)。
A特急日中に運行される特急列車で、観光輸送に用いられる。
B特急はラッシュ時間帯に運行され、通勤通学客が利用することが多い。

現在はAB特急共に、1000系で運行されるゆけむりと、2100系で運行される「スノーモンキーの2種類が存在し、ゆけむりには全自由席前面展望があり通常の特急券のみで、「スノーモンキー」には個室「Spa~ん」が1室だけあり、通常の特急+1,000円で利用できる。ゆけむりという素晴らしいネーミングセンスとは裏の、ノーモンキーやSpa~んなどのネーミングセンス疑惑には突っ込んではいけない。

1000系・2100系どちらも元々は首都圏で活躍していた車両であり、地方私鉄としてはとてもクオリティが高い。

基本的に特急用の車両が使用されるが、まれに車両等で普通用の車両が使用される場合があり、その場合は特急は不要となる。

ちなみに、1000ゆけむりでは自動放送設備が設置されていない代わりに、A特急では到着時にさんから以下の様なな到着案内が聞けることがある。(間違っていたらごめんなさいm(_ _)m)

坂駅:「蔵の 須坂」
布施駅:「と北斎と布施
信州中野駅:「土人形の 信州中野」 

使用車両

使用車両コチラを参照。(同じくニコニコ大百科 - 長野電鉄)


駅一覧

:停 |:通過 ◆:臨時停 

善光寺下は善光寺御開帳時に、中野松川は「信州なかのバラまつり」開催時にそれぞれ特急が臨時停を行う。

駅番号 特急 営業キロ 接続路線 所在
A B
N1 長野駅 0.0 JR東日本:北陸新幹線長野新幹線)
信越本線飯山線しなの鉄道
長野市
N2 市役所前駅 0.4
N3 権堂 1.0
N4 善光寺 1.6
N5 本郷駅 2.7
N6 3.6
N7 信濃吉田駅 4.3 JR東日本:信越本線(北長野駅
N8 朝陽 6.3
N9 附属中学 7.0
N10 柳原 8.0
N11 村山駅 10.0 須坂市
N12 日野駅 11.0
N13 坂駅 12.5 長野電鉄:屋代線(2012年止:Y13)
N14 北須坂駅 15.0
N15 布施駅 17.5 高井布施
N16 都住 18.6
N17 桜沢駅 21.3 中野市
N18 延徳 23.3
N19 信州中野駅 25.6 長野電鉄:河東線木島線(2002年止)
N20 中野松川 27.0
N21 信濃竹原駅 29.3
N22 間瀬 30.4 高井山ノ内町
N23 上条駅 31.8
N24 湯田中駅 33.2

沿線風景


長野駅→須坂駅


長野線1981年に地下化された長野駅を起点とする。地下化前まで走っていた地上は長野大通りという片側2-3線の環状道路に転用され長野市内でもなかなかの交通量を誇る。

長野駅を出発すると、役所前、長野の中心権堂、文字通り善光寺から徒歩10分ほどの坂の下にある善光寺下を通って右にカーブをしながら地上に出る。権堂では、地下構内にイトーヨーカドー長野店が隣接しており、同店での買い物額によって長電線が利用できるお帰りきっぷが配布されている。

その後、人口密度の高い本郷・原、再開発ビルと舎が直結している信濃吉田を過ぎると上に北陸新幹線、下に信越本線を同時にくぐる三重交差区間がある。また、その横には浅川というが流れており、それも含めればなんと四重交差という全で恐らくここだけであろう不思議な風景が見られる。その後、朝陽に入り単線区間に入る。朝陽折り返し運転が可であり大時による村山区間運休時などに活躍する。2009年11月7-8日には村山架け替え工事により2日間終日折り返し運転を行ったこともあった。

朝陽を過ぎると今まで住宅街だった沿線風景はいきなり田んぼが広がる色に変わる。この朝陽を出た後のカーブ長電の有名撮影地となっている。朝陽から徒歩5分程度と利便性が高いことからイベント列車運行時などには多くの鉄道ファンカメラを持ってこの地に訪れる。そして、そのカーブを過ぎると附属中学に到着する。このは、名にもなっている信州大学教育学部附属長野中学校名前が長いによる請願1985年に開業した長電で最も新しい新設開業である。中学校の他にも、同附属小・特別支援学校も隣接しているため、通学定期利用が中心となっており乗降客数では隣のB特急となっている朝陽を上回っているが通学時間帯以外の日中や土日は閑散としている。

ちなみに、この附属中学鉄道雑誌や鉄道ホームページにこの区間のカーブ写真が掲載される際、よく漢字付属と間違われて掲載されるが正しくは附属である。難読駅名ならぬ、難書名(誤字的な意味で)というのは全で恐らくここだけではないのだろうか。附属の部分以外にも時たま、附属中学前とも誤字される。毎回名前を間違えられる可哀想なである。

その後、柳原を過ぎると国道18号をくぐった後、防に上がる築を上り、国道406号と併用の村山日本一の長さを誇る千曲川(信濃川)を渡る。このは、全でもしい鉄道道路が同じを利用している共用となっている。これは鉄道を建設する際、高額の建設費が問題となり県側に道路併用を打診して工費の6割を県側に出してもらったためである(詳しくは長野電鉄ページ歴史欄を参照)。2009年に掛け替えが行われ、現在となった。

かつては、下流側(北側)に道路が片側1線に長電が乗った緑色の旧村山長野と須坂の渡しを行っていたが、道路が二都市間を結ぶ需要に対して片側1線のため慢性的な渋滞を引き起こしていたことや架から80年あまりが経ち老朽化が進んでいることから上流側の新に架け替えられた。

この長野市から須坂市へと入り、村山駅を通り上信越自動車道をくぐって日野駅へと通る。日野駅戦前にあったが戦時中に営業休止になった後、1987年に復活したである。営業再開は先ほどの附属中学前よりも遅く、こちらが長電で一番新しいとも言える。営業再開の際、須坂寄りに少々移転しており旧ホームの遺構が村山駅側の踏切近くに残っている。その後S字カーブを描いて坂を登ると大きく左に曲がり、須坂駅に到着する。須坂駅は、河東鉄としてこの路線で一番最初に開業したであり現在でもこのまでの区間列車が多く運行されていたり、車両工場が隣接しているなど長電の重要となっている。 また、須坂市の中心となっており当路線では長野駅についで二番の乗降客数を誇る。さらに、近くのイオン須坂店では権堂イトーヨーカドーのお帰りきっぷとおなじ趣旨の楽楽きっぷを配布している。 かつては、ここから屋代線が分岐していたが2012年止され、現在は広い構内だけが路線が2つあったことを示している。


須坂駅→信州中野駅


坂駅を出ると、進行方向は今までの東方向から北方向へ変わる。普通列車は須坂駅止まりの列車が多くこの区間まで乗り入れるのは約半分ほどとなる。須坂駅からは今までのカーブが多かった区間とは異なり直線的な線形となり列車速度も一気に上がる。しばらく走行して北須坂駅を通過する。このは、長野オリンピック時に輸送増強として交換化された。ホームがやけに細いが利用客も少なく(人化されてしまうほどなので)多分大丈夫なんだろう。


次へ»
最終更新日: 15/01/04 22:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ